07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

王子に捧げる竜退治

2006.11.25 (Sat)

この頃、寝る前に本を読むのが習慣になりつつあります。
本を抱えたまま眠ってしまったり、続きが気になって結局一冊読み終えてしまったりしながら寝る前に読書を楽しんでおりますです。
で、昨日(というかもう今日?)ちょっとだけ読むつもりだったのに結局最後まで読み終えてしまった本が、これです。

王子に捧げる竜退治 王子に捧げる竜退治
野梨原 花南 (2006/11)
集英社

この商品の詳細を見る

コバルト文庫で野梨原花南さんの本で挿絵が宮城とおこさんということだったので、「ちょー」シリーズのコンビの復活か?とか思い、購入しました。
読んでみると、スマートと魔王がちらりと出ておりまして、一瞬続編か番外編かと思いましたよ。…いや、微妙に番外編っぽかったりするのかな?
でもまあ、上の彼らが出てくるといっても脇役程度の扱いで、メインのキャラたちは別にいたので、別の話といったほうがいいのかも。
何やら「ちょー」シリーズの世界とは別の世界のお話のようでしたし。
ただ、最後のほうに「ちょー」シリーズを読んでいたら楽しめる部分なんかもあったりして、久々に「ちょー」シリーズの話が読みたくなってきましたよ。
私は挿絵目当てで読んでいたようなものでしたけど、中身の方もそれなりに楽しんで読んでいたので、こうして別の話で懐かしいキャラに会えたことは普通に嬉しいです。

野梨原花南さんの本を読んだのは「ちょー」シリーズ以来なのですが、やっぱり今も文章は変わらないみたいですね。
キャラに関してもこの人らしさが出ていて、スマートと魔王に対する懐かしさと同じような懐かしさを感じましたよ。

話のほうは、まあまあ面白いかもしれないといったところでしょうか。
そこまで面白いわけではなかったんですけど、懐かしいキャラが出てきたことが嬉しくて楽くて、半分くらいはそれだけで満足しちゃった気がします。
まあ、これはあくまで私個人の感想なので、他の方がどのような感想を持つかは分かりませんが、「ちょー」シリーズが好きだった人ならそれなりに楽しめるのではないかと思いますよ。

時間があったら、「ちょー」のほうを初めから読んでみたいのですけど、今はそんなことをしている暇が全然ないな…(汗)
自分の取り掛かりが遅いせいで、今物凄く切羽詰ってます、卒論が。
ちょっと卒業できるのかどうか本気で心配になってきました。
やばいやばい…死ぬ気でやらなきゃ…。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

15:04  |  小説  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

彩雲国&少年陰陽師

2006.06.23 (Fri)

今日は「ザ・ビーンズVOL.7」の発売日。
早速買ってきましたー。いろんな情報がありましたー。


まず「彩雲国物語」から。

アニメの彩雲国の影月の声優さんは浪川大輔さんだそうです。
私はもうちょっと幼い声を想像していました。
女性の声優さんがやってもいいかもーと思ってたのですよ。
でも、浪川さんの影月も普通に楽しみ。
うちはBSは見れないので、友人がダビングしたDVDを貸してくれるのを気長に待ちま~す。

小説が、9月1日と10月1日の2ヶ月連続で刊行予定とのこと。
どちらも本編らしいので、第9巻と第10巻をあまり間をおかずに読めるというのはファンとしては嬉しい限り。
何やらお楽しみプレゼント企画もあるようですよ。

「ザ・ビーンズVOL.6」で募集していた、「第一回彩雲国物語人気投票」の結果と「ナイスコンビ賞」の結果発表がありました。
そーいえばこんな企画もありましたね。
人気投票の一位は、やはり主人公でした。さすが秀麗!
ナイスコンビ賞の方は絳攸&楸瑛が一位。
やっぱりというかなんというか。
でも、二位の清蘭&燕青と三位の紅黎深&黄奇人もさすがです。
一から三位のコンビはどれも好きですね~。
あ、あと管飛翔&欧陽玉のコンビも好きです。掛け合いが面白い。


お次は「少年陰陽師」。

アニメは2006年秋から放送予定だそうです。
作画が載っていたのですが、う~ん…微妙?
キレイなほうだとは思うのですが、ちょっとなんか微妙。
アニメで動いている絵だとまた違うかもしれませんが。

声優さんは、もっくんが野田順子さんに変わってました。
ザビで見て初めて知りましたよ。
番外編ドラマCD第一巻「うつつの夢に鎮めの歌を」は買ってないので。
これが発売された頃は、まだ大谷さんが復帰されていなかったからなのでしょう。
で、そのまま今後のもっくんの声も野田さんに決まったとか?
大谷さんでないのはやっぱり残念ですが、野田さんのもっくんも楽しみですね~。

昌浩、紅蓮、じい様、若晴明、彰子の声は同じなようです。
他のキャラがどうなるかはまだ分かりませんが、今のところはドラマCDと同じってことか。

あと、なにやらPS2のゲームが出るそうです。
タイトルは「少年陰陽師 翼よいま、天へ還れ」。
ゲームでも命令形なんですね(笑)
ジャンルは伝奇アドベンチャー。発売日は未定。
完全オリジナルストーリーだそうです。
ストーリー等は結城先生が考案し、小説ともきちんとリンクしているとか。
エンディングは複数あるみたいですよ。
私は買わないとは思いますが、どんな内容なのか興味はありますね。

少年陰陽師の方でも、人気投票&好きなシーンの結果発表がありました。
登場してから日も浅いというのに、太裳が七位であったことに驚きましたよ。
好きなシーンは昌浩ともっくん(紅蓮)に関するシーンばかりでちょっと残念。
私もあれらのシーンは好きですが、昌浩とじい様の感動のシーンも好きなんだ!

アニメに関する情報は、公式サイトでも見れます。
スペシャルのコンテンツが更新されており、アニメ化記念書き下ろし小説「車之輔の辛抱」が読めます。
さらに、孫ログなるものもスタートしたようで。
少年陰陽師もいろいろ展開中ですな。
小説を読み始めたばかりの頃は、この作品がここまで大きくなるとは思ってもみなかったですよ。


そーいえば、サモンナイト4の情報を見てくるの忘れてました。
ザビは忘れてなかったのに、Vジャンプのことはすっかり忘れてた…。
勢いでいつもは立ち読みで済ませるLaLaDXは買ったというのに。

テーマ : 彩雲国物語 - ジャンル : アニメ・コミック

00:39  |  小説  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

キャストとかラジオとか

2006.01.28 (Sat)

今更ですが、彩雲国物語のアニメのキャストが発表されましたね。
ザ・ビーンズvol.6にて特集が組まれてました。
アニメのイラストとともに紹介されているのは、秀麗と劉輝と清蘭の3人。
ドラマCDと同じ声優さんが演じられるようです。
あと、アニメのイラストはありませんでしたが、絳攸と楸瑛と邵可もドラマCDと同じ声優さんで決定とのこと。
この調子だと、他のキャラもドラマCDと同じ声優さんになるのでしょうか?
そのほうが、ファンには受け入れやすくていいかもしれませんね。

ところで、今回のザビでは、キャラの人気投票が開催とありました。
といっても彩雲国と少年陰陽師だけですが。
今号のザビの巻末に付いているハガキで投票でき、次号のザビで発表されるようです。
ザビでもこういうことをするんですね~。
ちなみに私は投票する予定はないです。
ハガキを送るの面倒臭いので。
ネット上でやるのなら参加したいところですが。
一体どんな結果になるのか、次号が楽しみであります!

そうそう、少年陰陽師のラジオ番組の放送日時などが決定されましたね。
少年陰陽師の公式サイトにて発表がありました。
ラジオ関西にて4月7日の25:30から放送開始で、パーソナリティは昌浩役の甲斐田ゆきさんと紅蓮役の小西克幸さんとのことです。
でもどうせうちにはラジオないので聞けません。
とか思ったら、ラジオ関西で放送されたものをWebラジオとして、アニメイトTVでの配信が決定されているようです。
うむ、私はこちらで聞くことにしよう。
ああでも、その内聞かなくなりそうになったりして…。
うちのパソコンだと、映像やら重い絵やら見れないからなあ。
途切れ途切れでも聞きたかったら聞こうっと。

テーマ : アニメ関連ニュース - ジャンル : アニメ・コミック

23:05  |  小説  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

少年陰陽師公式サイト

2006.01.05 (Thu)

昨年の12月後半に、少年陰陽師の公式サイトがプレオープンしていたのですね。
し、知りませんでしたっ…!(汗)
しかも、アニメ化企画進行中だったり、今年の4月からラジオ番組放送が決定されていたり、サントラや番外編ドラマCDや天弧編のドラマCDの発売日が公開されていたり。
うおおおおおお!と驚きましたよ。初め見た時は。

アニメ化、彩雲国に先を越されましたが少年陰陽師もやっぱりされるんですね。
声優さんはドラマCDと同じであってほしいです。
まあ、違う声優さんであっても、そのキャラに合いそうな人なら別にいいんですけど。
まだ企画進行中としか書かれていなかったので、放送されるのは当分先ですかね。
私が視聴できる地域でやってくれれば文句はないな、うん。
あと、絵がキレイであることを切に願う。これ大事ですって。

サントラ、やっと発売されるんですね。
結城先生のサイトの日記で、よく少年陰陽師のサントラを聴いているとあったので、商品として発売されたりはしないのかな?といつも思ってました。
しかも、そのサントラにはドラマCDが付き、2枚組みで発売とのこと。
ほうほう。お金に余裕があったら、考えてみようかな。

番外編のドラマCDまで発売されるとは。
すごいですね、少年陰陽師。さすがだよ!
第1巻とあったので、これ以降も番外編ドラマCDが出るのかもしれません。
本編のドラマCDはなんだか久しぶりな感じです。
一応今までのは全部持っているのですが、最近聴いていません(汗)
なので、買うかどうかは未定。
楽しみっちゃあ、楽しみなんですけどねえ。
普通の音楽CDと違って、ドラマCDはそれなりの値段しますからね。
そう安易に買ったりできないんです、私。
これらもまた、金銭面に余裕がありそうだったら考えてみます。

そういえば、最新刊をまだ買っていません。
もう少しで名古屋に戻るので、その時にでも買うことにします。
他にも2冊ほど買おうと思っている小説があるので、まとめて購入です。
ああ、また小説が溜まるのね。
年末年始のお休みの間、小説を一文字も読まずにゲームしたりブログ書いたり(ていうかほとんどゲーム)してたしなあ。
…ゲームばっかしてて溜まっている小説が読めていないのに新しいのを新刊を買ってしまうことはよくあることです。
こういうときは、学校で授業中に読むのがいいのです。(よくねえ!
暇もつぶせて小説も消費できて一石二鳥です。
もうこれ、私の中では常識。(おい
さすがにプレステは授業中にできませんからねえ。はっはっは。
……。
…はい、すみません。
ちゃんと授業受けます、多分。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

20:55  |  小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

デルフィニア戦記

2005.11.19 (Sat)

友人に勧められてこれを持っているまた別の友人に借りたのですが、面白いんですよ!
勧めてくれた友人には、今現在「空ノ鐘の響く惑星で」を貸している最中です。
そんな友人がある日、「読んでみたら?」と言ってくれたのでした。
「空鐘」と話の感じが似ていたからなんでしょうね。
読んでみると、そう思えました。
簡単に言えば、戦争つながり?でしょうか。
全18巻のうち、まだ1巻しか読んでいませんが、結構面白いです。
文章が読みやすく、その上面白いので、あまり時間をかけずに読み終えた気がします。
ここが面白い!というより、全体的に面白いです。
続きを貸してもらうのが待ち遠しいですよー。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

23:40  |  小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

灼眼のシャナ

2005.11.15 (Tue)

読み終わりました。
が、期待していたほど面白さを感じませんでした。
アニメを先に見始めたからとか…いや、そんなことはないだろう。
なんというか、つまらないわけではないのですけど、「うわ、これ面白い!」とまではいきませんでした。
まあまあというか、普通というか。
なので、続きの刊を買おうかどうか少し迷ってます。

アニメの方も、毎回見ているのですが、小説の方とは話が違うのですね。
大体の流れは変わらないのですけど、小説ではまだ出てきていないキャラがすでに登場していたり、そのせいか小説にはなかった場面が多数あったりしました。
まあ、小説をそのままアニメにしても面白くないからそのように変更したりしたのでしょうが、いろいろ違いすぎなんじゃ…と思いました。
小説では未登場のキャラがすでに出てきたというのはかなり大きな違いなのではないかと思いますし。
それのおかげでアニメが面白くなったか…第6話(小説の1巻目の終わり)の前までは結構楽しんで見れました。
しかし、第6話が微妙でして…。
なんだか駆け足で話が進んでいったような気がしました。
「時間がないんだ。飛ばしていくぜー!」な感じ。(何それ
第5話まではいい感じに話が進んでいるなあと思ったのですけどねえ。

さて、小説の「シャナ」のほうに話を戻します。
1巻目でまあまあだったのなら、やはり続きを買って読んでみるべきなのでしょうか?
今では大好きな「空ノ鐘の響く惑星で」も、1巻目は「まあこんなもんか」という感想しか持ちませんでしたし。
それ以降の巻は、もう続きが気になって気になってしょうがないくらい楽しんで読みました。
「シャナ」にもそれを期待していいものかどうか…悩みどころですね。
もうしばらく検討してから、買うかどうかを決めようと思います。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

23:25  |  小説  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

ちょっと感想をば(ネタバレなし)

2005.10.21 (Fri)

最近読み終わった2冊のライトノベルの感想を、ちょこっとだけ語りたいと思います。
今回は簡単な感想ですので、ネタバレはなしで。
なんかもうそうなるとすぐに終わってしまいそうですが、それもまた良し。
たまには少しだけの日記というものもいいでしょう。
いつもいつもかなりの量を書いてますからね。感想でも普通の日記でも。

今回の2冊は、どちらもビーンズ文庫です。10月の新刊のものですね。
まずは「少年陰陽師 其はなよ竹の姫ごとく」から。
短編集第二弾にして、結城先生曰く“にーちゃんずスペシャル”でした。
ほんとにその通りで、いつもの本編ではあまり表に出てこない安倍家の長男次男が出張ってました。表紙にもいましたしね。
全部で4話が収録されていたのですが、「ザ・ビーンズ」に掲載されていたものがその内の3話を占めていたので、初めて読んだものは一番最後にあった「其はなよ竹の姫ごとく」のみでした。
この話は、成親さんが主役の話だったと思います。昌浩やもっくんもいましたが、やっぱりメインは長男という感じで。

全て読み終えてみて感じたことは、「長男と次男かっこいいな~」でした。
本編でこそあまり出番のないお二人ですが、私は結構好きですね。
特に3兄弟が揃うところが一番好きです!
うおお~!って言いたくなる。(なんだそれ
雑誌で読んだときより、今回文庫で読んだ時のほうがより面白く感じました。
特に加筆されていたところはなかったと思うのですが、二回目だからですかね?
いや、というか読むのが久しぶりだったから、初めて読んだ時のように楽しめたのでしょう。
ええ、まったく、ほんとに面白かったですよ!
成親と昌親、かっこよかったですよー!
いいね、ここの兄弟。かなり好きだ。上の二人だけも良いけど、昌浩もいればもっと良い。
家族っていいですよね~。最近私の中で家族ものがきてます。
エウレカとかTOLとか、これから語る彩雲国物語とか。


はい、では2冊目は「彩雲国物語 心は藍よりも深く」です。
前巻から引き続き、影月の話がメインだったかと。
読み終えた後の感想は、「感動したー!!」です。
ちなみに、私が感動したということは、同時に泣いたことを意味します。
読んでる途中で何度も泣きそうになったり、ほんとに泣いてしまったりしてました。
中には授業中に読んでいた(おい)部分もあったのですが、目尻に涙が浮かんでました。
もう授業そっちのけで彩雲国の世界に入り込んでしまっていた自分がいましたね。
でもまさか、授業中に感動して涙を浮かべるなんて思いもしなかったです。
家に帰ってから続きを読んだのですが、今度は泣きましたね。
最後のほうの秀麗の言葉などで。

今まで彩雲国を読んでいて泣いたことなんて一度もなかったので、少し驚きました。
いつもは面白いしか思っていなかったのですが、今回は感動しましたよ~。
彩雲国で初泣き。あー、もう、ほんっと面白かったです!!
夢中で文字を追っている自分がいましたよ。あっという間に読めちゃいました。
今まで彩雲国で泣いたことのなかった私が泣いた…これは前に彩雲国で泣いたことのある友人がどうなるのか、今から楽しみでなりません。

あとがきによると、次の巻で影月編が完結するようなので、続きがとても楽しみです!
物凄く気になる部分が目白押しですよ、きっと。
あー、ほんと楽しみだー!!

語り終えてまあまあ満足しました、ふう。
でも、ほんと言うとネタバレ全開でぐわあー!!と語りたかったかも。
今回はなんとなくネタバレなしで行きたい気分だったのでそうしたんですけどね。
なので、ネタバレ全開で語るのは友人と、ということにしておきます。
特に彩雲国を語りたいです。あんなこととかこんなこととか。

今は、「空の鐘の響く惑星で⑧」を読んでいます。
なんだかいつもより分厚いのですが、おそらく一気に読めてしまうんでしょうね、今回も。

現在、「空鐘」と「GOSICK」を布教中です。ぜひとも読んでほしい作品なんです。
特におススメしたいのが「空ノ鐘の響く惑星で」です。あの面白さをぜひ他の人にも味わって欲しいと思い、オフラインで布教してます。
まずはファンタジーが苦手な友人に。(「空ノ鐘の響く惑星で」はファンタジーです)
面白かったと言わせれば私の勝ちです。(勝ちって何だ
感想を聞くのが今から楽しみでもあり、不安でもあります。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

01:36  |  小説  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

かぼちゃ頭

2005.08.15 (Mon)

最近、語ることがあまりないので、ここ数日に読んだライトノベルの感想でもちょろっと語りたいと思います。
GOSICKs -ゴシックエス・春来たる死神-』、『彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計』、『空ノ鐘の響く惑星で⑦』の3冊です。
どの作品も続き物です。
かなり面白いので、まだ読んだことのない人はぜひ読んでみてください。
まあ、人によって面白いかそうでないかは異なるので、読んだ人が皆面白いと思っているかは分かりませんが。
でも、『彩雲国物語』はどの人も楽しめるないようなのではないかと勝手に思ってます。
私の友人を6人ほどはめましたから。
そのうち1人は自分で買わせるにまで至り、満足な私であります(笑)
では、感想に行きましょうか。
ネタバレはしていないのでご安心ください。話の重要な部分はスルーしてますので。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

22:23  |  小説  |  Trackback(2)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。