07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

あいつバトン

2006.08.30 (Wed)

モカさんからバトンが回ってまいりました。
3つのバトンが回ってきたのですが、今日はとりあえず1つだけで。
きわいどい質問のある残り2つのバトンに関しては、また後日答えてみようと思います。
それでは、いってみよー!


・あいつバトン
【はじめに】このバトンの中では、あなたにバトンを回してきた人の事を『あいつ』とします。あなたが思うあいつの印象etc…正直にお答えください。

0.あいつの名前を教えて下さい。
モカさんです。

1.ぶっちゃけあいつとどういう関係?
ネット上のお友達です!

2.あいつを色で例えると?
茶色。
私の中では、モカさんといえばWA、WAといえば茶色というイメージなので、モカさんのイメージも茶色なんですよ。
そうなると、茶色じゃなくてWA色と言ってもいいかもしれませんね(笑)
あと、名前の影響が少しと、コメント内容などからの落ち着いた雰囲気も影響してます。

3.あいつを四字熟語で例えると?
和顔愛語。

四字熟語には弱いので、四字熟語データバンクさんを参考にさせていただきました。

4.あいつの良い所、一つ教えて?
ノリが良い…ような気がします。
文面から面白い人オーラ(なんだそれ/汗)が出まくってます!

5.あいつの嫌いな所、一つ教えて?
特にありませんよー。

6.あいつに唄わせたい歌
BUMP OF CHICKENの「カルマ」で。
好きな曲なのでカラオケではよく歌うのですが、低い声が出ないので歌いにくい部分があるんですよ。
あとは、エウレカのOPなんかもいいですね~。

7.あいつと遊びに行くなら?
やっぱカラオケですかね!

8.あいつと一日入れ替われたら何をする?
工業高専の学校に通っておられるようなので、いろいろ満喫してみたいです。
校内とか授業とか…普通の高校とは異なる部分に興味があります。

9.この場を借りて、あいつに言ってやりたい事があれば。
これからもどうぞよろしくお願いします!

10.あなたについて答えさせたい次の解答者を最大5人。
点線さん
ねむこさん
若狭ひよりさん

他に回せる方がいないため、またもや若狭さんの名前を挙げてしまいました…(汗)
答えにくければスルーしていただいても構いませんので!

あと、回してくれた方に返すのもありなようなので、モカさんに返してもよろしいでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : バトン - ジャンル : ブログ

23:41  |  バトン  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

オシマイ。

2006.08.29 (Tue)

DVD第13巻、見終わりました。
第47話~第50話まで、本当に目が離せませんでした。
特に第48話「バレエ・メカニック」。やっぱりこの回は何度見ても泣けてきます。
アネモネのモノローグがいい具合に涙腺緩めてくれちゃうんですよ~。
私情の何がいけない!!」も良かったなあ。

第50話「星に願いを」は、第48話の後に見るとやっぱり微妙かな…と思ってしまいます。
ホランドとユルゲンスの会話とか、ドミニクとアネモネとか、レントンとエウレカとか、1年後のじっちゃんと孫たちとか、好きなシーンもいろいろあるのですが、全体的に説明不足な気がするんです。
なんだか、勢いで最後までいった気がしてならない…。
こういう最終話もありといえばありだと思いますけど、エウレカセブンが好きだからこそ、やっぱりもうちょっと何か欲しかったです。

あと、放送当時は気付いていなかった(というより話に入り込んでいてそれどころじゃなかった)ことを発見。
これまでの後半のタイトルは白いバックに黒文字だったのに、最終話は前半に戻って逆転してました。
これは、最終話が第1話と同じくレントンとエウレカの出会いに戻ったからなんですかね?
第1話ではエウレカがレントンのもとに行きましたが、最終回ではレントンがエウレカのもとへ行きましたし。

そして、これはDVDを見ていない人には分からないことなのですが、最終話のいろいろなところが放送されたものは異なっていました。
エウレカが入っていた核の色とか、でっかいコンパク・ドライヴからハートが出てきたりとか、他にもいろいろ違ってましたよ。
放送されたものを最後に見たのが何ヶ月も前なので、オーディオコメンタリーで言われて気付いたんですけどね…(汗)
まだDVDレコーダーに録画したものが残っているので、他の話も見比べてみるのも面白いかもしれないな~。

これまた放送当時にはなかったものですが、第49話に次回予告がありました!
放送されたときは、第49話と第50話を一気に放送したため次回予告はなかったのですが、DVDにはきちんと収録されていたんです。
その内容は、まさに最後の次回予告に相応しいものでした。
第1話からのタイトルを順に次々と見せていき、最後には最終回でのレントンとエウレカの姿、そしてその後に最後のタイトル「星に願いを」。
なんかもう…鳥肌ものでした。
さすがエウレカセブン、次回予告まで凝ってます。

ボーナスディスクのほうの映像特典は特番で放送されたやつでした。
「完結目前!エウレカセブン緊急ナビ」という番組です。
といっても、私は結局見れなかったやつなんですけど。
でもまあ、あれなら別に見れなくても支障はなかったですね。
声優さんのアフレコをちょろっと見れたこと以外は、特に面白いことはなかったですし。
なんか、とても不完全燃焼な番組だと思いましたよ。
…なんだこのモヤモヤ感は。

オーディオコメンタリーは出だしからカキ氷でした(笑)
しゃべりながらもずっとカキ氷の音がしてて、お代わりを頼むわカキ氷を作る音までするわ…とても最終話のオーディオコメンタリーとは思えなかったですよ。
いつもお菓子を食べながらやってらしたので、まあ別に違和感はないのですが、カキ氷ってシャクシャク音がするので笑っちゃいましたよ。
特にカキ氷を作るときの機械の音に笑いました。
しゃかしゃかしゃかしゃかと氷が削られていく音が…!
食べてばかりのオーディーコメンタリーと言ってましたが、確かにその通りですね(笑)

オーディオコメンタリーでの収穫は、実は「ドミニクが拾われた子だった」という設定を聴けたことですかね。
第4期のEDのイラストの話になったときに、監督がぽろっと言っちゃったんですよ。
おかげで他のお三方はびっくりされてました。もちろん私もびっくりです。
まあ、ストーリーには直接関係のある設定ではなかったから表に出てこなかっただけなのでしょうけど。
それにしても、こういう話を聞くと他のキャラにもいろ~んな設定があるような気がしてなりません。というか絶対あるよ!
…いつか公式ガイドブックみたいなの出ませんかね?
前半の内容についてやその他いろいろについてまとめられた公式ガイドブックが出たんですから、後半についてのも出して欲しいな…。
ある程度の謎は本編の方で解けたとは思うのですが、それでもまだ全てを回収しきれたわけではないですし。
まあ、自力で考察していくのもそれはそれで楽しいのだけれど。

そういえば、エウレカセブンの全体の感想とか考察みたいなこと書いてみたいと言ったことがありましたが、結局まだやってませんね(汗)
いくつかゲームをしたり、卒論の中間発表があったりで暇がなかったからかなー…。
今も、第1話からエウレカセブンを見る時間が取れそうにないです。
この先も卒論の提出やその他諸々のおかげでさらに忙しくなりそうですし…当分無理かな、こりゃ。
まとめみたいな記事を書いてみたい気持ちはあるんですけどね。
とりあえず、脳内のやりたいことリストには一応入れておきます。

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

20:25  |  交響詩篇エウレカセブン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

提供の絵があった!!

2006.08.28 (Mon)

先程、「交響詩篇エウレカセブン」のDVD第12巻を見ていました。
アマゾンで購入して発売日付近に届いたのですが、私には見る暇がなく、後からやってきたDVD第13巻とともに大事に積んでおいたのです。
ここのところもそんなに暇ではないのですが、2ヶ月も放置しているのでそろそろ見てしまおうと思い、DVDレコーダーにディスクを投入しました。

放送当時を思い出し、懐かしさが込み上げてきたり、結末が分かっているため別の見方をしてみたり、でもやっぱり同じシーンで感動してみたりと、十分に楽しみながらDVDを鑑賞しておりました。
スペシャルネクストプレビューは第48話「バレエ・メカニック」のアネモネのモノローグから始まるのでいきなり涙が出てくるし、第47話~第50話までのいろいろな絵を音楽に合わせて流されて鳥肌立つしで本編以外でも楽しませてもらいました。

今回はオーディオコメンタリーも良かったですよ。
こうやって時々面白くなるんですよね、エウレカセブンのオーディオコメンタリーは。
個人的におススメなのは、第7巻です。
ゲストとして来られていたのは、キャラクターデザイン・メインアニメーターの吉田健一さんと監督補佐の宮地昌幸さんでした。
その内容は、第26話「モーニング・グローリー」を見ながらいろいろ語っていくというものだったのですが、ひたすら雲について話していた記憶があります。
この回は七色雲海という色とりどりの雲が出てきたわけですが、ゲストのお二人がその雲について熱~く語られていたのですよ。
これまでのオーディオコメンタリーは正直あまり面白くなく、今回もいつもと同じような感じになるんだろうなあ…と思っていたら良い意味で予想を裏切ってくれたんです!
絵についての説明なので、こちらも自然と画面に見入っていましたね~。
いやあ、あれはほんと聴いてて楽しかったですよ。
いつもあんな感じでオーディオコメンタリーをやって欲しいと思ったくらい。

で、第12巻のゲストはというと、デューイ役の辻谷耕史さんでした。
第43話「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」を流しながらのオーディオコメンタリーだったのですが、これまた私の予想を裏切り、とても楽しめる内容だったのです。
初めはいつも通りスタートし、本編に触れたり触れなかったりの会話が繰り広げられていました。
ここまではほんとにいつも通りだったのですが、途中から「どのようにデューイを演じていたか」みたいな話になったのです。
そこからは、辻谷さんが今までどのようにしてデューイを演じてきたか、デューイについて思っていたことなどの話になり、思わず聴き入ってしまいましたよ。
第7巻には及ばないものの、十分に楽しめる内容でした。
これは最終巻のオーディオコメンタリーも期待できそう…かな?

このように、DVD第12巻を楽しんでいたわけですが、何を思ったか、私はちらりとDVDのケースに入っている「メニュー画面の利用方法」に目をやりました。
特に何かを見たかったわけではないんです。
そこに書かれている何かが気になったわけでもないんです。
が、たまたま目をやった場所に書かれていた文章を読んだ途端、私に衝撃が走りました。
その文章とは、「チャプターメニュー画面で該当話数のボタンを選択すると、提供バックが閲覧できます。」です。
提供バックとは、放送当時、編以外でも私たちを楽しませてくれた提供のバックにあった絵のことですよ!
マジで!?と思い、早速文章にあったとおり適当な話数を選択。
すると…確かにあった、ありました!
毎週毎週私たちを楽しませてくれたあの絵が!!
試しに他の巻も見てみたところ、第10巻から毎巻ありました。
第4巻~第6巻までは手元にないので確かめようがないのですが、提供の時の絵がDVDにも入ってたんですよ!!
も、もしかして…知らなかったのって私だけですかね…(汗)
いつもメインメニューの方で再生して見ていた上に、説明書みたいな薄っぺらい紙なんてじっくりと見たことがなかったので今まで気付かなかったのですけど…。
まあ、よいです。私だけでもいいです。
だって、これからはDVDでもあれらの絵を拝めるんだから…!!
エウレカサンタ、サクヤと若ノルブ、エウレカビフォーアフター、レントンとエウレカ、ドミニクとアネモネ、最終話の後に見て感動した家族6人の絵、などなど素敵な絵ばかり!
あの文章に気付いた自分に感謝ですよ~。

DVDで提供の絵を見つけたから記事を書こうと思ったのに、気付けばそれ以外のことについても書いてしまい、予想していた文章量を遥かに超えてしまいました(笑)
エウレカセブンの記事は、いつもそんな感じで長くなってしまうみたいです。
コンプリートベストの記事も、DVD第13巻の記事も、ガリバーのぬいぐるみの記事もどれも初めはもう少し短めの記事になる予定だったんですけどねえ。
まあ、それだけエウレカセブンが好きだということですよ!

今回、第12巻に収録されている第43話~第46話までを、自分が放送当時に書いた感想記事を読みながら見ていました。
結末を知っている今の自分と、どのように終わるのか検討もつかなかったあのときの自分では、同じ話を見ても感じることって違いますよね。
その違いを楽しむために、感想記事とともにエウレカセブンを見ていたわけですが…もうちょっと頑張れるだろうと言いたくなるような文章に少なからずダメージを受けました(汗)
昔描いた絵を見てダメージを受ける、とまではいきませんが、ちょっと文章を直したくなる衝動に駆られましたよ。
思っただけで実際にはそんなことはしませんけど。
あの文章たちは、そのときの私の気持ちがこもっているものですし。
でも、そうやって半年前の文章にダメージを受けるということは、今描いている文章もしばらく経ったときの私にダメージを与えるということで。
…ああ、なんか、これが成長するってことなんだとしみじみ思ってしまった。
ダメージを受けるということは、多少は成長しているということですからねー。
ではでは、続けてDVD第13巻を鑑賞してこようと思います。

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

06:41  |  交響詩篇エウレカセブン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ゼノサーガ エピソード3 プレイ日記14

2006.08.25 (Fri)

今回は、第6章のラビュリントス潜入から第6章の終わりまでです。

今週の初めに実家から戻ってきました。
帰りの特急に乗っているときは正直寂しくて仕方なかったのですが、今はもういろいろしなければならないので寂しさに浸っている暇もありません。
なので、プレイ日記というかブログ自体も約一週間ぶりの更新ですね。
前回述べたように、今後もしばらくはこんな調子になりそうです。

それより、冥王星が太陽系惑星から除外されてしまいました。
「水金地火木土天海冥」で覚えていただけに、冥王星が外されてしまうのはなんだかちょっと寂しい気もします。
…あーダメだ。太陽系惑星のことを考えてると自然とセーラームーンが浮かんでくる(汗)

ではでは、以下ネタバレを含みますので、未プレイの方はご注意を。
05:27  |  ゼノサーガ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ゼノサーガ エピソード3 プレイ日記13

2006.08.19 (Sat)

今回は、第6章の初めからラビュリントス潜入前までです。

前回のプレイ日記から結構間が開いてしまいました(汗)
まだ実家にいるのですが、思ったよりもまったりできてないんですよ。
進路のことでいろいろ悩みがありましてねー…。
今はようやく落ち着いてきたような気がするので、なんとかプレイ日記を書くことができたというわけです。
落ち着いてきたような気はするのですが、完全に解決したわけではないので、これからしばらく、プレイ日記の更新がのろのろ~になりそうです。
いや、プレイ日記というよりブログの更新自体がのろのろになりそうな予感…。
プレイ日記以外のネタがあればさくっと更新できるとは思うのですが、ない場合は記事が書けないです。
あと、記事内の文章量にもよりますね。
プレイ日記並みの文章量だと、さくっと更新というわけにはいきませんからね。

それでは、以下ネタバレを含みますので、ご注意ですぞ。
03:38  |  ゼノサーガ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

車の運転、してみました。

2006.08.18 (Fri)

今日は、約一年ぶりに車の運転をしました。
一人暮らしの家には車がないので、実家に帰ったときくらいしか運転する機会がないんですよね。
免許を取ったのが去年の夏休み。取った直後は少し運転したものの、それ以来はさっぱりでして。
この前の冬休みも春休みも一週間程度は帰省したのですが、車の運転はしなかったので、今日は久々の運転でした。
…いや、一昨日も試しに運転したか。一年ぶりなのは国道を走ったことかな。

そんなわけで、一年近く運転してなかったわけでして、久々に運転席に座ったときは若干緊張しましたよ。
運転せずにいた時期に、アクセルとブレーキがどちらであるかが分からなくなって自動車学校の教本を引っ張り出してきて確認したことがあるのでね。
いやあ、あのときはほんとにどうしようかと思いました。
せっかく自動車学校に行って運転の仕方を教えてもらって免許を取得したのに、こんなことも覚えてなくてどうするよ!!ってな感じで。
一昨日の運転のときは、確認しただけあってちゃんと覚えてましたよ。
ただ、方向指示器の上と下、どちらが右でどちらが左であるのかはすっかり忘れてましたけどね(汗)
それでもまあ、なんとか無事に運転できたのでよかったです。
約一年運転してなくても、ちょこっと運転すれば身体が思い出したようで、思っていたよりも楽に車を走らせることができましたよ。
田舎の街中なので、気軽に運転できたというのもあるのかもしれませんけど。

そして、今日は国道を走ってきました。
といっても、田舎ですのでそんなに車はおらず、これまた思ったよりも楽に運転することができました。
が、しかーし、駐車はまったくダメでした…(汗)
自動車学校に通っていたときは、目印となるものがあったのでそう難しくはなかったのですが、普通の駐車場となると、何も目印はなく、あるのは白い線と駐車されている車のみ。
そんなとこでバックで駐車なんかしたら危ない危ない。
慣れればうまく出来るようにはなるとは思いますが、今の私は練習不足です。
なので、今日の駐車は全て前からするっと入れるもののみ。
途中で郵便局に立ち寄ったときは、バックで入れるしかない上に初心者には大変入れにくい場所であったので、隣に乗っていた母親に代わってもらいましたけどね。

久々の運転なのでどうなることかと初めは思いましたが、実際にやってみればどうということはなく、無事に終わったのでよかったです。
今度帰省するのは…冬、かなあ…。
実家に帰ると、一人暮らしの家に戻ることに寂しさを覚える今日この頃です…。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

00:16  |  雑記  |  Comment(0)

本名バトン

2006.08.15 (Tue)

2日続けてバトンの回答いっきまーす。
昨日と同じくモカさんから回ってきたバトンでございます。
いつもいつも回していただいてありがとうございます!


本名バトン

☆貴方の本名の名字、全国で一般的?珍しい?
一般的…な方なのではないかと。
珍しくもないけど回りにたくさんいる名字というわけでもないです。

☆本名の名前の方はどれくらい希少さだと思う?
こちらもそこまで珍しくはないと思いますよ。
本とかテレビとかで同じ名前見かけたこともありますし。
まあ、漢字まで同じとなると、そんなにいないとは思いますけど。

☆正直な話、本名は好き?嫌い?
いやまあ、普通ですかね。
自己紹介のときに名前が可愛いと言われるので好きなほうかも?

☆自分と漢字まで同性同名の人と直に会ったことある?
ないです。一度同姓同名の人はいないかと検索かけた事はありますけどね。
そしたら、何件かヒットしたので、同姓同名の方はいるようです。

☆結婚して名字が変わる時、これは嫌だとかある?できたら理由も
画数のよろしくない名字とか?
でもまあ、そこまでこだわってはいませんよ。

☆このバトンを投げる5人。本名は厳禁ですよ
じゃあ、昨日と同じ御三方で。
点線さん
ねむこさん
若狭ひよりさん

お暇でネタがないときにでもお答えくださいませ~。

テーマ : バトン - ジャンル : ブログ

23:51  |  バトン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

携帯変換バトン

2006.08.14 (Mon)

モカさんから回ってきました~。
実はバトンは2つ回ってきたのですが、今日は一つのバトンだけ回答したいと思います。
もう一つのバトンは後日答えさせていただきますね!


携帯変換バトン

お題【ほうきぼし】

∞あなたの【ほ】の変換候補上位5位は?
1.ほうは
2.ホスト
3.ほど
4.ほかに
5.ホットメール

ホストというのは「ホスト部」のことでーす。
実家にある漫画を全巻持って行くので、それ関連のメールかな…と。

∞あなたの【う】の変換候補上位5位は?
1.上
2.う
3.埋まっちゃってる
4.うちの
5.うん。

はてさて、何が「埋まっちゃってる」のだか(笑)

∞あなたの【き】の変換候補上位5位は?
1.今日は
2.昨日
3.金庫
4.気がする
5.きいてないんだけど

「気がする」というのはよく使うかもしれません。

∞あなたの【ぼ】の変換候補上位5位は?
1.ぼちぼち
2.ボランティア
3.
4.
5.

私の携帯、あまり「ぼ」の字は使わないみたいです。

∞あなたの【し】の変換候補上位5位は?
1.信用
2.質問に
3.しろってことか
4.してないな
5.小説

…特に何もコメントすることはないかな。

∞第1位から第5位までの候補のみで文を作ってください

【ぼちぼち 今日は うちの ほかに しろってことか】

う~ん…何が言いたいのかさっぱりな文ですね…(汗)

∞次の人に回す平仮名5文字をどうぞ

【てんじぶつ】

ちょうど博物館のレポートを書いているもので。
学芸員の資格を取るためには絶対書かねばならないレポートなのです(汗)

∞その回す5人をどうぞ
点線さん
ねむこさん
若狭ひよりさん

若狭さんにはこの前バトンを回していただいたので、そのお返しに。
気付いたときにお暇でしたら拾ってやってくださいな~。

テーマ : バトン - ジャンル : ブログ

17:52  |  バトン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏休みでございます。

2006.08.11 (Fri)

ただいま実家に帰省中です。
ここ数日ブログの更新ができなかったのは、その準備などで忙しかったからなんですよ。
なにしろ、急に帰省することにしたもので。
夏休みに実家に帰ることは考えてはいたのですが、それをいつにするかまでは決めておらず、のほほんと過ごしていたのです。
が、しかし、お盆はやはり帰るべきか?と思い、急いで準備を整えて、帰省する前にやるべきことをして、こうして今実家にいるわけです。
いつもは、夏休みが始まる前から帰省するための予定を頭の中で組むので、帰省前に忙しくなることはないのですが、今回は少し大変でしたね。
洗濯やら掃除やら荷物の準備やら実家から戻ってきてからの就職活動の準備やら。
帰省するまでに1週間以上あれば、このくらい余裕でこなせるわけですが、今回は帰省するまであと3日しかなかったのでちょいと疲れました。
特に帰省日を決めて予定を組んだ日が。…確か7日だったかな…?
身体的にというより、精神的に疲れた気がしますよ。
でもまあ、8日に友人とご飯を食べに行って語らってきたので、前日の疲れなんて吹き飛びましたけどね~。
やっぱり、楽しく語らうのは良いものです。

そんなわけで、現在実家にいるわけですが、一つ心配事があったりします。
10日に帰ることを決めたのは7日。それまでは普通に生活していたので、当然生きていくために必要な食材だって買い込んであります。
そう、その食材が…心配なんです
10日に帰る予定はしていなかったので、普通にいろいろ買ってきてしまったのですよ。
肉も納豆も冷凍したのでこれらは全然心配ないのですが、その他の食材たちが…私が帰ったときにも無事でいるのか、かなり心配。
1週間ちょっとで戻るので、なんとか生きてて欲しいです(汗)

最後に、帰ってきて少し驚いたことについての話でもしましょうか。
私はいつも、特急に乗り、駅まで車で迎えに来てもらって(最寄の駅は特急が止まらないのです)帰っています。
今回も同様に、母が車で駅に迎えに来てくれていました。
重い荷物をよっこいせと車に乗せ、さて座席に座るかというときに目に入ってきたのは…チョッパーのぬいぐるみ。
「ONE PIECE」のチョッパーです。
そのぬいぐるみが、座席とその後ろにある予備の座席?との間に挟まっていました。
さらに、自分が腰掛けた座席には、チョッパーの顔のクッションのようなものが置かれていました。
これに驚いたわけじゃありませんよ。
以前から、母はチョッパーのぬいぐるみが欲しいと言っていたので、どうにかして手に入れたんだなーくらいしか思いませんでしたし。
で、気になったので入手方法を聞いてみたところ、オークションで、とのこと。
しかも、家にはもっとあるとか言われました…!
あと、チョッパーだけでなくトトロやネコバスやまっくろくろすけやらもあるとも。
今日家の中でたまたま見かけたのですが、確かにもっとありました。
私の目に入ったものだけでも3つ。車の中のも合わせると5つ。
とある部屋においてあったダンボールの中には、トトロたちが詰められていました。
安かったから買ったみたいなのですが、よくこんなにも買ったな~と思いますよ。

トトロたちが入っているダンボールの中に、黄色いもさもさしたものがあったので、何かと思って引っ張り出してみたところ、黄色いまっくろくろすけでした。
いや、黄色じゃまっくろくろすけではないですね…まっきろきろすけ
トトロにこんな生物出てきましたっけ?黒いのしか見た覚えないのですが。
…まっきろきろすけめ、君は何者だ。

ちなみに、いくつもあるチョッパーを車の中に並べていたことがあるそうです(笑)
弟に嫌だと言われた(友人を乗せるときがあったとき)ために、今は2つだけになっているみたいですけど。
チョッパーがいくつも並んでいる様を、ぜひともこの目で拝んでみたかったですね~。
といっても、わざわざ自分で並べるのは面倒なのでやりませんよ。

ではでは、今回はこの辺で終わっときますかね。
ここ数日ブログが更新できませんでしたが、しばらく実家でまったりする予定なので、ゼノサーガEP3のプレイ日記をできるだけ更新していきます。
ゲーム自体は持って帰らなかったので、クリアまでを語るのは無理なんですけどね。
できれば実家にいる間に第8章まで書き終えてしまいたいと思っているので、よろしければお付き合いくださいませ。
それでは、このまま行くと感想を再会しないままホスト部放送のほうが終わってしまいそうでどうしようと思っている由乃でしたー…(汗)

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

15:54  |  雑記  |  Comment(0)

アクセス解析(2006/7)

2006.08.06 (Sun)

先日、「ゲド戦記」を観に行ってきました。
観に行く前から評判の悪さは知っていたので、期待はせずに行ったのですが…確かに、あれなら評判が悪いのも頷けますね。
映画を観ていて途中で飽きてしまうなんてのは、思いもしなかったですよ。
音楽は結構良かったと思うんですけどね、肝心の話のほうがダメでして。
あれは、構成が下手っていえばいいのかな…。
一度原作の方を読んでみたいですね。映画はダメだったけど、原作なら納得がいかない部分もなく、ストーリーを楽しめるかもしれないですし。
ではでは、月初め恒例のアクセス解析、いってみよーかー!

1 ゼノサーガ エピソード3 ネタバレ
2 ゼノサーガ† プレイ日記
3 ゼノサーガ エピソード3 プレイ日記
4 ゼノサーガエピソード3
5 桜蘭高校ホスト部 アニメ
6 ゼノサーガ エピソード3 プレイ日記
7 ゼノサーガ エピソード3 感想
8 アクペリエンスとは
9 ゼノサーガ3 プレイ記
10 アビス レムの塔

1位はダントツでした。
さらに、10位中7つもゼノサーガEP3のワードが入っているのもすごい。
前回のアクセス解析では、サモンナイト4がそうだったんですよね。
これ以外にも、ゼノサーガEP3関連のワードはたくさんありました。
ほんと7月はゼノサーガEP3関連のワードが多かったです。
のろのろではありますが、プレイ日記を書いているからなのでしょうね。
来て下さった皆様、どうもありがとうございました!!
一応クリアまで書いていくつもりなので、お付き合いくださる方は気長お待ちくださいませ。

ホスト部は、7月は全く感想を書いていないんですよね…。
ゼノサーガのプレイ日記でいっぱいいっぱいなので、そちらにまで手を伸ばす余裕がないもので。
このままだと最終回まで感想を書かない…なんてことにもなりそうですが、できるだけ早くEP3のプレイ日記を完成させて、ホスト部の感想を再会させたいですね…。

では、以下は私の目に止まった少数派のワードたちです。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

19:36  |  アクセス解析  |  Comment(0)

ゼノサーガ エピソード3 プレイ日記12

2006.08.05 (Sat)

今回は、第5章の重篤神経症治療施設から第5章の終わりまでです。

今日の間違い。
スキンケアという単語を、スキエンティアと勘違いしました(汗)
最近頭の中がゼノサーガで一杯になっているからですかね…?
ええまさかこんなところにこの単語が!?と思って見直してみたらスキンケアで…うわあ、私の目大丈夫かなーと本気で思いましたよ。
聞き間違いは日常茶飯事でも、見間違いはあんまりなかったんだけどな…。

それでは、以下ネタバレを含みますのでご注意ください。
21:53  |  ゼノサーガ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

サモンナイト4 バトルパート等更新

2006.08.03 (Thu)

公式サイトが更新されてましたね。
最近ゼノサーガに掛かりっきりになっているので、情報が更新されても特に記事にはしていなかったのですが、ここらで少し整理しておきたいと思います。

11月発売予定 
予約特典:オフィシャルビジュアルブック

発売時期が…私にとってはあまりよろしくないかもしれません。
卒論の締め切りが12月上旬なので、SN4が発売する頃は、私はきっといっぱいいっぱいで、どうしようとか言いながらパソコンとか文献とかとにらめっこしてる気がしますよ…。
予約特典はいつも通りですね。
付いてこなくても残念ではないけれど、もらえるなら欲しいです。


キャラクターボイスや新たなキャラクターが公開されていたので、それについての感想を少しだけ述べてみようと思います。

リューム:田村ゆかり
もうちょい少年っぽい声を想像していたのでイメージとは違いましたね。
音声を聞くだけだとあまり合ってない気がするのですが…。
実際にゲームしてるときに聞けばそんなものなんでしょうかね?

ミルリーフ:野川さくら
思ったとおりの可愛い声で、私としては満足でした!

コーラル:岩男潤子
性別がどっちともとれる中性的な声でよかったですね。
あの声と、独特な話し方がとても気に入りました。
やっぱり1周目はこの子で決まりかな~。

リシェル:松岡由貴
想像していた通りの可愛くて元気な声でした。うんうん、満足だ!
性格も明るくて元気な感じだし、結構好きかもしれません。
ライでプレイするときはこの子を攻略対象にしてみようかな~。

ルシアン:小林沙苗
う~ん、なかなかしっくりとくる声ですなあ。
姉弟とも、声がとてもよく合ってると思います。

ポムニット:後藤邑子
メイドさんとのことですが、紫の髪とか赤目とか尖っている耳とかを見る限りでは、どうやら人間ではなさそうです。
声優さんは「涼宮ハルヒの憂鬱」のみくるちゃんの人ですね。
声の感じは…ちょっと落ち着きのあるみくるちゃんって感じでした。

ミント:高野直子
蒼の派閥の召喚師なんですね。蒼の派閥ってなんだか懐かしい…。
獣系の召喚師で怪我の治療もできるってことは、攻撃も回復もできる人だとか?
声優さんの名前は聞いたことが無いのですが、別に悪くはなかったです。
私が想像していた声は、もう少し大人の女性という感じの声だったんですけどね。

オヤカタ
ミントさんの護衛獣だとか。ああ、護衛獣という響きも懐かしいな…。
にしても、髭が…髭が気になるよ!

グラッド:高橋広樹
帝国軍人かあ…確かに3のアズリアが着てた服に形なんかは似てますね。
声のほうは結構合ってると思いましたよ。
高橋さんはWA4のアルノーのイメージが染み付いてしまっているので、そのときの声で想像すると雰囲気が違うせいか合わないのですが、公式サイトで聞いた感じの声なら全然問題なしですね!
というかむしろ気に入りました。
フェアでやるときはこの人を攻略対象にするのもいいかもしれないですねえ。

レンドラー:石塚運昇
敵対勢力?とか書いてあったんですけど、どうなんでしょうね?
バトルシステムのほうに敵として参戦している画像があったので、戦うことになるのは間違いなさそうですけど。


次にシステムについて。
まずはバトルパートが更新されていましたね。
戦闘中に会話が発生、バトル中に雲が流れて影ができる、戦闘中のイベントによって新たなマップが出現する、スロットでボーナスがゲットできる…などなど、見ているだけで面白そうなバトルじゃないですか!!
障害物も種類が増えたみたいですし、これは期待が膨らみますよ!
サポート能力という新システムも面白そうですね。
戦闘には直接参加しないけれど、偶発的に発動してサポートしてくれるというのは、戦闘において結構助けになりそうです。
まあ、敵も同様にサポート能力を使ってくるようなので、あまり楽はさせてもらえなさそうですけどね。

うはー!バトルシステムを見ているだけで発売が楽しみでしょうがなくなってきましたよ!
は、早く遊びたい…!
でも、発売は11月だからあまり早く発売日来いーみたいなことは言えないんですよね。
11月なんて、きっと卒論でいっぱいいっぱだろうしな…。
だからあんまり素直に喜べないというか…ああ、複雑だ…。

テーマ : サモンナイトシリーズ - ジャンル : ゲーム

06:12  |  サモンナイト  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

お題バトン

2006.08.02 (Wed)

mauve diaryの若狭さんから回ってきました。
テーマは『テイルズ』だそうです。はりきっていってみましょー!


「お題バトン」

◆『テイルズ』と聞いて思い出すのは?
オープニングアニメーション。
歌も良いし、映像もキレイだし。テイルズといえばこれでしょう!
GARNET CROWにハマるきっかけをくれたのもテイルズだったんですよ。
エターニアのOPは数え切れないくらい見ましたねえ~。

◆初めて『テイルズ』を知ったのは?
えーと、確か…5、6年くらい前だと思います。
CMか何かでエターニアを見かけた覚えがありますねえ。
それがきっかけでプレステを買ってもらい、テイルズにもハマっていったという感じです。
初めてプレイしたプレステのゲームがエターニアだったんですよね~。
そう考えると、もしかしたら私のゲーム好きはテイルズから始まったのかもしれません。

◆今でも『テイルズ』が好きですか?
ええ、好きですよ。
…最近の発売間隔の短さはどうかと思いますけどね。

◆『テイルズ』の好きなところは?
いくつかありますね。
まずは、バトルの面白さ。
一部例外もありますが、大抵のバトルはとても楽しませてもらいました。
術技の種類も豊富で、秘奥義も派手で面白いし。
ときどき無性に戦いたくなるんですよね。
中でも、エターニアとアビスのバトルが好きですかね。
エターニアは協力技が面白かったし、秘奥義が(リッドとファラのみだけど)いくつもあったし、大晶霊の召喚も好きだったし。
特に、術の裏インディグネイションが最高によかったですよ!
私はメルディのしか見てないのですが、かなりかっこよかったです!
アビスは、バトルフィールドを自由に動き回れることと、秘奥義の派手さ、術を任意の場所で発動できること、FOFなどが面白くて、とても満足のいくバトルシステムでした。

次に、BGMの良さ。
私は特に戦いのときのBGMが好きでしたね。
なんとも戦う意欲を掻き立てられる曲で、気持ちよく戦えましたよ。
レジェンディアに至っては、全ての音楽が最高でした。
思わずサントラにまで手を出してしまいましたからね!
中でも、「蛍火」と「シャーリィを追って」が好きです。
ゲーム中、艦橋でかかった「蛍火」には泣かされましたよ…。

そして、主人公の成長。
テーマは違えど、どのテイルズでも主人公の成長は見られると思います。
中にはどうしても好きになれない主人公なんかもいたりするのですが、
彼らが精神的に成長していく過程を見るのは、毎回テイルズをプレイしていく上での楽しみだったりします。

あとは、サブイベントの豊富さですかね。
本編とはまるで関係の無いイベントや、隠しダンジョンなどもテイルズの魅力の一つだと思います。


◆『テイルズ』の嫌いなところは?
テーマが、時空移動だとか2種族間の争いだとか2つの世界だとかばかりなこと。
P、D、Eまではそれぞれ異なるテーマできていたと思います。
けれど、D2からは今までのテーマと被っているものばかりでした。
発売順に並べると、こんな感じ。

P:時空移動
D:上記以外のテーマ
E:2つの世界&2種族間の争い
D2:時空移動
S:2つの世界&2種族間の争い
R:2種族間の争い
L:2種族間の争い
A:上記以外のテーマ

内容が面白ければ…まあ、いいっちゃあいいんですけど、もっと他のものも見てみたいというか、同じものばかりだといい加減飽きてくるぞというか。
アビスは今までにないテーマで新鮮でよかったと思いますけどね。

あと、これはアビスだけに言える事なのですが、ガイとナタリアだけ隠し秘奥義が無いのはショックでした。
敵にはあったのに、なんでパーティーメンバーである彼らには無いのか!!
アニスに至っては全部で3つもあるというのに…。


◆『テイルズ』に望むことは?
発売間隔をもっと長くしてください!!(切実)
そんなに間を空けずにいろいろ出されても金がなくて買えませんて!!
あと、発売からだいぶ経ち、攻略本も発売された後に、ゲーム雑誌などでキャラクターの設定について語るのはほんとに止めていただきたい。
そういうのは攻略本に全部詰めて置いてください。

◆『テイルズ』に一言どうぞ。
とりあえず、TODのリメイク期待してます。
TODは友人に借りてプレイしただけなので、手元に無いんですよね。
主題歌は、できれば「夢であるように」のままでお願いします。
この歌結構好きなんですよね。オープニングの映像とも合ってたし。

◆最後にバトンを回したい5人と『テーマ』
モカさん→『WILD ARMS』
点線さん→『巌窟王』
ねむこさん→『テニスの王子様』

お暇だったりネタに困ってたりしましたら、持ってってくださいな~。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

15:16  |  バトン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ゼノサーガ エピソード3 プレイ日記11

2006.08.01 (Tue)

今回は、第5章の初めから市街A地区までです。

前回のプレイ日記がいつもより少なめ(といっても他の人に比べれば多い方)だった反動か、今回は結構な量になってしまいました(汗)
街をぐるぐる回っていたせいですかね…?
人の話を聞いてみたり、いろんな仕掛けを動かしたりするのは楽しいので、初めてのところに行くと隅々まで見て回るのが癖になってるんですよ。

そんなわけで、今回はいつもより長めのプレイ日記です。
お付き合いくださる方は続きをどうぞ。
以下ネタバレを含みますので、未プレイの方は要注意ですよ。
03:39  |  ゼノサーガ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。