03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

TOAプレイ日記9

2006.01.04 (Wed)

OPで、キムラスカの兵士に囲まれたルークとナタリアを発見し、ティアが橋から身を乗り出して手を伸ばしているシーンありますよね。
この場面、初めて見たときなんだか泣きそうになりました。
2回目以降もしばらくは、何かがこみ上げてきて泣きそうになってました。
今ではそうでもないのですけどねー。
あのシーンを見るたびに、泣きそうになってたこと思い出します。
一体あの場面から何を感じ取ったんだろうか、私は…。

さて、今回はアブソーブゲートクリア後のグランコクマからバチカルまでと、あとサブイベントをもりもり語ります。

More・・・

ピオニー陛下と謁見の間で会話。
アブソーブゲートでローレライがルークに伝えた「栄光を掴む者」という言葉、私も何のことだか分からなかったのですが、古代イスパニア語でヴァンデスデルカというらしいです。
そうなると、ヴァンがローレライを閉じ込めたかもしれない、とのこと。
でのまあ、そのことは後回しにして、フリングス将軍を襲った兵士について訊くため、一行はバチカルを目指す。
が、アニスがイオン様に手紙を出すから、街の入り口で待っててくれと言う。
う~ん、何か怪しいな。大佐も不審に思っていたようですし。
そして、宿屋の前の橋のところでアニスを待っていたのですが、そのときのガイがまたかっこよかった…!
ほんといちいちかっこいいよ、この人。
グランコクマを出て、バチカルに行く間のフェイスチャットで、アニスがティアに何か言いかけて止めたというものがありました。
う~ん、ますます怪しいぞ。気になる気になる。

バチカルの城の前でナタリアと合流し、インゴベルト陛下の私室で会話。
フリングス将軍を襲った兵士は、やはりキムラスカの兵士ではなかったです。
しかし、フォミクリー実験による症状に、フリングス将軍の言っていた兵士の特徴と似た事例があるようで。
やっぱりレプリカですかね、死人のような目をした兵士というのは。

次の目的地はダアトになったのですが、アニスはあまり行きたくなさそうでした。
グランコクマでの手紙と何か関係があるのかもしれません。
で、ダアトに行く前に、サブイベントをいくつもこなしてみました。

宝刀ガルディオスの2回目。
この剣はガイの父親の形見だそうです。
これがあの場所にあったから、ガイは生きていられた。
いつかこの剣で父親の仇をとる…と。
けれど、今はルークのおかげで復讐する気はなくなったらしいです。
賭けに勝たせてくれたからとのことですが、これが何の賭けなのかは未だ分からず。
最後のイベントを見れば、賭けの内容も明らかになるんでしょうね。

セシルとフリングス。
フリングス将軍の死を知ったらしいセシル将軍…。
せっかく婚姻の許しがもらえたのにあんまりですよね…(泣)
このイベントは残りあと一つなのですが、どんな風に終わるのかとても気になります。

ありじごくにん。
ビーフとチキンとストライプリボンを要求されたのですが、ストライプリボンはまだ持っていないのです。
それでも試しに話しかけて「渡す」を選択してみると
「ねえし」
とか言われました…。
そうだよ!ねえよ!!まだ売ってないんだよこの野郎!

ケテルブルクでの禁譜イベントで分かったこと。
サフィール(ディスト)は、子どもの頃ジェイドの下僕だったらしい。
あっはっはー!それっぽいそれっぽい(笑)

シュザンヌの病気。
ルグニカ紅テングダケを取りに行くためにキノコロードへ。
ここではルークの代わりにアッシュがパーティーイン。
「何かおかしい?」のフェイスチャットでは、アッシュのボケっぷりを堪能。
アッシュが料理をした後のチャットでは、アニスの一人芝居を堪能。
面白いアシュナタをありがとう、アニス(笑)
ダンジョン内は他のとこと比べると狭く、目的地までそう時間はかからなかったのですが、出てくる敵が…硬い
いや、硬いって言うか……やっぱ硬い?(なんじゃそりゃ
単に倒すのに時間がかかってしまっただけなんですけどね。
もうちょっとレベルが上がってからにするべきだったかな、ここ。

ブウサギ探し。
ピオニー陛下が「可愛いジェイド可愛いジェイド」とか言うので、ジェイドが屈辱に耐えられなくなり、ブウサギ探しを引き受けました(笑)
首輪が一番上等でやたらキレイなネフリー、名前の割に簡単なところにいたジェイド、馬鹿面がよく似ている(ジェイド談)サフィール、目の色がフリングス将軍に似ているアスラン、あと、ゲルダ(ネビリム先生の名前らしい)。
全部を探し出し、もらえたものは「スパの会員証」。
大佐はスパが結構お好きらしいですよ。

崩落セントビナーでのネビリムイベント。
魔槍ブラッドペインを借りるためにまたもやブウサギ探し。(えー
フィールド上を探すので、少し難しいかもと思っていたら、街を出てすぐのところで発見。
うお、ちょっと拍子抜け。超楽じゃないすか。

エンゲーブでの魔物退治。
リンゴで敵をおびき出し、戦闘になったのですが、基本的に雑魚でした。
最後の敵だけは、まあ、まだマシかな~とは思いましたけど。
力の差が歴然でちょろあまで相手にならなかったけど、ま、頑張ったほうでしょう(笑)
そうそう、敵を待っている間の会話で、またもやガイが恥ずかしい言葉を吐きました。
「いざとなったら、キミの盾になってやるさ」
にゃあああああ!!
何か言ったああああ!!ばんばんばん(何かを叩いている
……ばたり。
む、無駄にドキドキするからやめれ…。(瀕死

チーグルのレプリカ。
スターという名前らしい。
が、レプリカではなく被験体のほうだと言う。
実は自分は一回死に、そのあと何かが入ってくる感じがしたと思ったら自分は死んでおらず、その時はもう一人の自分はいなかった、とのこと。
ジェイドの言葉からすると、完全同位体研究に関することのようですが、詳しいことは現時点では分かりませんでした。

水着イベント。
ルーク、頭にタオルを巻くのは、確かにダサいと思うよ。
アニスの水着姿は普通に可愛かったです。
ナタリアは派手らしいのですが、ポリゴンだとよく分かりません。
ガイは海難救助用の水着。特技が海難救助なんですか、キミは?
ティアのすごすぎて着れない水着がどんなものなのか、とても気になります。
大佐はバスローブ。この人、この姿ハマりすぎ(笑)
風呂上りにバスローブ着て片手にワイングラス持ってでっかい椅子に座ってくつろいでたらいいと思う。絶対似合う。

スパ2回目。
ガイは女が苦手なのに水着姿を見て平気なのかと訊くルーク。
けれど本人は、「女性は好きだし、水着姿はむしろ嬉しい」らしいです。
すると、大佐とルークがニヤリ。
ガイをパーティーの女性陣のいる方へ蹴飛ばしました。
そのときにナタリアとティアの胸を触ってしまったらしい…。
そして、やはりティアのほうが大きい、と。
まあ、メロンらしいですからねえ。
「そりゃアニスは何もないみたいなもんだからなあ」という言葉が原因となったのか、このイベントでガイが得た称号は「スケベ大魔王」でした(笑)

今回はここまで。
ダアトに行くところからは次回語ることにします。
関連記事
23:23  |  TOAプレイ日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/132-0c3136f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。