06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

TOAプレイ日記14

2006.01.16 (Mon)

えーと、今回で終わらせるつもりだったのですが、ダメでした。
実際に書いていたら思ったより量があったので、最後まで書くのは断念したんです。
あまり長くなるのは避けたいのですよ。
私自身、あまり長いと読む気失せたりするので。
ってなわけで、今回はアブソーブゲート(2回目)前のバチカルから、エルドラント突入前のケセドニアまで語らせていただきます。

More・・・

バチカル、ルークの家の前でイベント。
ミュウがティアに秘密の話があるという。
まあ、おそらくルークが消えることを話すつもりなのでしょう。
ベルケンドの宿屋でルークとジェイドが話しているとき、ミュウもいましたしね。
で、ミュウから話を聞いたティアがルークの部屋へ。
ルクティアな会話を堪能させていただきました。
その後、新生ローレライ教団の使者が来たというので城へ行き、国王の私室へ行くと、ナタリアの父親に関するイベント。
港での会話が終わった後、ファブレ子爵の称号を得て、ユリアシティへ。

会議室でのイベント後、プラネットストームを停止させるために使う宝珠を解析してもらうので、しばし自由行動でした。
あちらこちらにいるキャラに話しかけましたよ、もちろん。
アニスが導師になるかもしれないことを知り、ジェイドの「さあ、どうぞ」に笑い、ガイの「あからさまな優しさしか~」の言葉にニヤリとした後、ティアとナタリアの会話を立ち聞きし、会議室に戻りました。
宝珠を受け取った後の「準備はいいか」に対する反応ですが、大佐とアニスは分からなくもないけど、ガイまで「はーいv」と言うとは思いませんでしたよ(笑)
大佐は慣れてるのでそんなもんでしたけど、ガイはちょっと衝撃だった…。

アブソーブゲート(2回目)。
アイテムは1回目でとり尽くしたので、さくさく最深部へ。
ヴァンが復活しました。
暴れるローレライを眠らせて、ようやくプラネットストームから抜け出してきたらしいです。
あと、ラルゴとリグレットとシンクの服も変わってましたねえ。
リグレットは前のほうが好きかな~。
シンクは別にどっちでも似合ってると思う。
ラルゴは…どっちでもいいや。あんまり気にならない。
そんなこんなでヴァンたちが去り、アッシュに後を任せ、ルークたちはその場でラルゴと戦闘開始。
今更ですが、六神将とのバトルのときのBGM好きです。
初めの部分が、なんていうか…胸が高鳴る?
うん?なんか変な表現かも。
あ、で、戦闘は楽勝でした。やっぱり、六神将は何人かで来ないと「戦ったー!」と感じることができないです。
一人だけを相手にしていると、ぬるく感じるのかも。
戦闘終了後、ナタリアが止めをさし、ゆっくりと倒れるラルゴ。
「お父様」と言うナタリア。
う~ん…ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ泣きそうになりました。

パッセージリングへの入り口、分かりにくっ!
あの空間ぐるぐる歩き回っちゃったじゃんかよー。
宝珠を使ってゲートを閉じると、ヴァンやシンクが地核の中でどうなったのかが判明。
そして地上に戻って、イオンのレプリカを保護した後、ルークに優しくなったけどどこか悲しそうだったアッシュと別れ、ダアトへ。
イオンのレプリカにフローリアン(無垢な者)と名付けました。
このときのアニスが、下の兄弟をもつお姉さんのように見えました。
周りがみんな年上なので、外見だけを見ると一人だけ幼いように感じますが、精神的には幼くないですよね、アニスって。
頼りがいのあるアニスが大好きです!
誰かさんをからかったり、誰かさんで遊んだりするアニスも好きですけどね!(笑)

ここらで少しサブイベントを挟みます。
フローリアンに会ってシチューのレシピ、ルークの屋敷にておでんのレシピをゲット。
おでんのレシピを入手するとき、誰に料理させるかでティアを選んだのですが、彼女の料理はヴァンに教わったためか、男の料理のように豪快らしいです(ちょっとうろ覚え)。
試しにアニスでもやってみたのですが、最高の評価をもらっていました。
どうやら、パーティーのなかでは、アニスが一番料理が上手なようです。
そうとは知らず、私は今までティアにばかり料理をさせていましたよ。
いつも料理上手な人にばかり料理させていたのですけどねー。

ドクトルマンボ。
例のアレです。ジェイドが医者の格好をするアレです。
医者(死体専門)の勉強をしていたというジェイドが、席を外している医者の代わりにキャラを一人だけ診察をしました。
せっかくなので、全員見てみました。
特に印象に残ったことだけ書き出してみます。

・ アッシュは大佐をメガネと呼ぶ。
・ 丸め込まれるティア。
・ 結局丸め込まれるアニス。
・ さすが元使用人。
・ いやですねえ、いつ誰が誰の味方になったんです。
・ はい、冗談と言うことにしておきます。
・ これでうっかり失敗すれば、キムラスカ王女殺人事件ですかねえ。ははははは。←ほんと笑い事じゃねえ

などなど。
あとで発生するフェイスチャットが面白かったです。
口では誰もジェイドに勝てなかったのがまた…(笑)
私的に一番面白かったのはガイを選んだ時のチャットです。
あれはほんと冗談に聞こえないよ、大佐…。
医者の格好をしたジェイドは、微妙でしたね、私は。
大佐は軍服の方がかっこいいです。
くそっ、白衣に期待しすぎた…!(バカめっ

ここからはまた本編です。
ラジエイトゲートに強行着陸。
ひたすら奥へ奥へ…と思ったらかなり短いダンジョンでした。
TOAで一番短いダンジョンだと思われます。
最深部でゲートを閉じると、かなりやばい状態のモースがやってきました。
まだ辛うじて意識はありましたが、精神汚染がかなり進んでいて、もう言葉を喋ることも上手くいかない様子。
戦闘は簡単でしたよ。
秘奥義やらFOF変化の技やら光属性の譜術であっさりと。
弱かったよ、モース…。
そして、最後まで預言預言言いながら死にました。
モースも預言の被害者なんですよね。
哀れな人物でしたよ……ほんと。

プラネットストームを停止させ、エルドラントへ行くため、グランコクマで対空砲火について検討後、ケセドニアへ行く前にまたもやサブイベントをこなしました。
ネビリムイベントを一つと、禁譜イベントを全て終わらせ、闘技場にも参加してみたり。
個人の初級と団体の初級だけしかやってませんけどね。
で、ケセドニアでありじごくにんにアイテムを渡すイベントを終了させて、ナム弧島のありじごくにんに15万ガルドを支払うと今まで渡したアイテム(装備品は除く)が砂まみれで戻ってきて、おまけで蟻地獄人の人形なんぞをもらいました。
ありじごくにんのイベント、わけが分からないです…。
でも、このわけの分からなさが面白かったり。

そして本編へと戻ります。
酒場の前にいる将軍のどちらかに話しかけると、イベント。
ケセドニアで24時間の自由時間を与えられました。

アニスはやはり導師になるようです。
なるというか、目指すというか。
玉の輿は諦めて、自力で初代女性導師になる。
アニスなら不可能ではない様な気もしますが、導師がどのようにして選ばれているのか分からないので、何ともいえないんですよねえ。
いや、でも、なってくれるのなら、かなり面白いことになるかと。

ルークとティアのあのシーンは、OPにあったあのシーンですよね。
アルビオールの上で、エルドラントを見てるような感じの。
とてもとてもルクティアな会話でしたー。
あとで「あらすじ」を読んで分かったことなのですが、このとき、ルークはティアに本当の気持ちを言おうとしていたようです。
あの言いかけて止めたやつがそうなのでしょうね。
自分は近い将来消えてしまうから言うのを止めた、とありました。
…ルクティアは見てるともどかしくてしょうがない。
本編に限らず、サブイベントやフェイスチャットやら。
微妙な距離を保って接しているんですよね、この2人。
もう少しでくっつきそうなのに、あと一歩足りない。
あああああ、もどかしいもどかしい…。

えー、次はいよいよエルドラントに突入するわけですが、これ以上書くと長~くなってしまうので、次回にまわしたいと思います。
今回では終われませんでした…。はあ。
次で絶対終わります!
あとはエルドラントとエンディングとサブイベントだけなので。
ラストバトルは何種類か語る予定です。
間にあるイベントが、操作キャラなどによって異なるので。
あんまり大したことは語れないと思いますがね。
関連記事
04:33  |  TOAプレイ日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/143-c12534da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。