06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

TOAプレイ日記15

2006.01.19 (Thu)

とうとうここまできました。
アビスのプレイ日記も今回で一応終わりです。
な、長かった…。
まさか15もプレイ日記を書くとは思いませんでしたよ。
まあ、ここまで長くなってしまったのは、私がいろいろ叫んだりしていたせいもあるかもしれませんけどねー(笑)
では、今回はエルドラント突入からエンディングまでを語ります。

More・・・

対空砲火をかいくぐってエルドラントに着陸。
建物内部に入ると、すぐにリグレットと戦闘開始。
リグレットの秘奥義かっこよかったのですが、操作キャラであるガイが戦闘不能にされてしまいました…(汗)
そうそう、リグレットの全身カットインかっこよかったです!
でも、こちらも負けじと秘奥義を使ったり、FOF変化の技を使ったりさせていただき、普通に勝たせていただきました。
思ったりより苦戦はしなかったです。

リグレット戦後、一端エルドラントを出てサブイベントをこなしに行きました。
ルークの奥義書のラストとロマンチェイサーと、あとはグランコクマでのコスチューム称号のイベントです。

グランコクマでのイベントは、ピオニー陛下からの贈り物でした。
世界を救おうという志の高い皆様へのちょっとした贈り物、だそうです。
ちょっと悪ノリしすぎた服というのは、まあ、ジェイドでしょうね。
童話に出てくる悪い譜術使いのような格好らしいですから。
人によっては、鋼のおチビさんのような格好にも見えるようですが。
みつあみに赤いマントってとこがそう見える要因でしょうか?
私はそうでもなかったのですけど。

再びエルドラントへ。
医者の格好で戦うジェイド、というのをまだ見ていなかったので、早速やってみました。
…う~ん、おかしいおかしい。
医者の格好だけでも変なのに、それで戦っちゃうんですから、なおおかしいに決まってますよねー。あはは。
でもなあ…あの頭の丸いやつとズボンの色をどうにかすればいい感じになるような気がしないでもないのですけど。
素材はいいんですから。
…まあ、大佐は軍服姿が一番かっこいいってことで!

奥へ奥へ進むと、いきなり開いた穴にルークだけが落ちました。
そしてたどり着いた部屋では、扉と格闘中のアッシュが。
二人して同じ罠にはまってしまったということですね。
ははは、さすが!
ここを出るにはどちらか一人を残していかなければならないため、ここで一対一のバトルが開始されました。
通常攻撃、特技、奥義と連携させていき、相手の攻撃を防御し、術を使ってきたらタイミングを見て避ける。
これらを繰り返し行えば、楽に勝てました。
秘奥義を使うとカウンターで秘奥義がくるらしいので、オーバーリミッツが溜まっても秘奥義は使わずにいましたね。
このときのBGM、カルマだったのですが、ルークとアッシュの一対一の戦闘にはこれ以上ないほどぴったりなBGMだと思いましたよ。
戦闘終了後、ルークにローレライの鍵を渡し、扉を開け、ここは自分が食い止めるから早く行けと言うアッシュ。
反対側の扉からは敵が続々やってきているというのに…。
唯一の武器であるローレライの鍵をルークに渡してどうやって戦うんですか!?と思ったら、「そんなものは敵から奪えばいい」と言いました…あう。
ルークに必ず生き残ると約束しろ!と言われ、「約束してやるからとっと行け!」と言い放ったところは素敵でしたね。
ちょっと泣きそうにもなりましたが。
あと、「お前らの相手は…」のところもよかったです。
アッシュじゃなくてルーク・フォン・ファブレだ、と名乗ったところが!

ルークが仲間と合流し、またひたすら奥へ奥へ。
ある地点に来ると、アッシュの声が聞こえてきました。
あの部屋で戦い続けていたアッシュ。
倒したと思っていた奴が背後からやってきてぐさっと…。
あと、前からも二人ほど…。
あああああああ、アッシュが串刺しいいいい!
し、しかも貫通してるし…!あわわわわわ!
痛々しくて見てらんなかったですよ(泣)
そして、アッシュが力尽き、体から何かが抜け、それがルークの体に入っていきました。
これは、シェリダンやベルケンドのイベントので見た、完全同位体に関する現象なのでしょうね、おそらく。
アッシュが死んだことを感じ取り、それを口に出したルーク。
動揺するナタリア。
そんなとき、罠が発動し、もうダメかと思われたが、ルークの第二超振動によりなんとか無事でした。
が、シンクが現われ、戦闘開始。
なかなか体勢が崩れない上に、使ってくる奥義が厄介で、簡単に勝たせてはもらえませんでした。
秘奥義の全身カットインにはちょっと笑いました。
なんでそこで破れるんですか?って。おかしいおかしい(笑)

戦闘終了後、ジェイドによる説明がありました。
第二超振動とは、超振動同士が干渉しあうことで全ての音素の効力を無効化するもののようです。
となると、先ほどの第二超振動は、ルークの超振動とアッシュの超振動が干渉しあって起こったものということになるんでしょうね。
ルークの中には、アッシュがいますから。

戦闘に参加するのはなぜ4人だけなのか。
残った2人は戦闘には参加せず、退路を確保するために待機してるらいしいです。
へええ、そうきましたか。
今まではそのことについて何も語られてこなかったので、まさかここにきてそんな裏話?が語られるとは思わなかったですよ。

さらに奥へ進み、ネビリムイベントをこなし、階段前で決意表明したあと、またもや一端エルドラントを出ました。
サブイベントのためです。
ティアの部屋から行ける花の咲いたところにて、イベントです。
リグレットの手紙を読むというものでした。
このイベントにより、リグレットがなぜヴァンの副官になったのかが分かりました。
初めからヴァンを慕っていたわけではなかったのですね…。
これは見る価値のあるサブイベントだと思います。
コスチューム称号も手に入りますしね。

そして、いざ、最終決戦へ。
戦いに入る前のイベントで、ジェイドがメガネをはずしました…!
うわああああああ!大佐がメガネはずしたああああ!!
ちょ、や、もうときめいちゃったじゃないか!
メガネメガネメガネメガネメガネメガネメガネメガネ…。(ブツブツ
メガネくるくる回して何してんですか、大佐ー!!
まっさかこんなとこでこんなびっくりなことがあるとは…!
メガネかけてない大佐もよいです。かっこいいです。
この人はメガネありでもなしでもいける!

そんなこんなでラスボス戦です。
メンバーは、ガイ、ルーク、ティア、ジェイドで。
ルクティアのイベント見るためですよ。
やっぱり最初はこのひとたちのを見なければね!
二戦目終了時の「まだだ!」に思わずつっこみをいれ、その後のイベントにてティアの胸が揺れたことに衝撃を受け、三戦目に突入しました。
あ、あそこでそんなことしなくても…。
変なとこが細かいです、ナムコさん(笑)
三戦目も、一回目二回目とは大きく変わったところもなく、ひたすら攻撃あるのみ。
で、途中からティアの大譜歌により無敵状態となり、最後にルークの秘奥義をかまして戦闘は終了しました。
ティアの大譜歌が流れる中戦うのが、とても印象的でした。
最後の戦いというものを本当に味わえたような気がしました。

そしてエンディングへ。
ローレライを解放するため、ここに一人残ることになるルーク。
みんなとのお別れとして、一人ずつと言葉を交わしていくところで私が印象に残ったところを箇条書きにて書かせていただきます。

・ ジェイドと握手
・ 心の友兼使用人
・ 抱きついたアニスが可愛かった
・ 生きたかったな…。
・ ルクティア

中でもルクティアの会話がなんとも…!
最後のティアの「好き」が特に。
何かをばんばん叩いてしまうほど、一人ではしゃいでました。
そして気になったのですが、あの言葉…ルークは聞こえていたのでしょうか?
かなり小さい声で、吹き出しにも書かれていなかったので聞こえていなさそうだなあとは思うのですが。
自分の気持ちを伝えるために発した言葉ではないと思うのですが、聞こえていたら…それはそれでときめくなあと。

アニメーションで、ルークがアッシュを抱えて下へ下へと落ちていき、ローレライが言葉を発した後、ルークの体が発光し、一瞬ぴくっとアッシュの手首の辺りが動いたのですが…あれは単に振動で動いたってことでいいのでしょうか?
まっさか、実は生きてました、なんてのはないでしょうし。

エンディングで、またティアの大譜歌が流れました。
この歌好きです。すごくキレイじゃないですか。
何言ってるのかは分からないのですが、ほんと好きです!

で、エンディング後のアニメですが、ガイと大佐にときめきました!
ガイのドアップやら大佐の横顔やら。
やー、いいもん拝ませてもらいました!
特に大佐の横顔!これに一番ときめいてました。
なんですか、あの素敵すぎる横顔は…!!
ルークは…髪の長いレックス先生(SN3)でした、ほんと。

最後までプレイして、エンディングを見たわけですが、最後の最後に謎を残されたような気がしました。
ラスダン前までは、いい感じに話が進んでるなあと思ったのですが、最後の最後でうまく終わってくれなかったかなあと…。
あ、でも、よく考えれば分かるか…も…?
…う~ん。とりあえず、戻ってきたルークに関する説明をお願いしたいです。
攻略本あたりで。

ティアが涙を流すシーンはすごくよかったです。
人前で泣いたりしないティアが、エンディングで見せた涙。
とても印象的でした。

全体的に、すごく良い出来だと思いましたTOA。
キャラも一人一人がいい味出しているし、専門用語が出てきたりして難しい部分もありましたがストーリーも良かったし、サブイベントも豊富で、ほんと良い作品でした。
ロード時間が長いのも、そこまで気になるほどではなかったですし。
あれくらい、内容が面白ければ全然気になりませんよ。
戦闘システムも満足のいくものでした。
フリーランはかなり活用させていただきましたし、FOFで変化する技や術というのも面白かったです。
ただ一つ気になるのは、隠し秘奥義です。
いろんなプレイヤーさんたちによって、ルーク、ティア、ジェイド、アニスには隠し秘奥義があることが判明したのですが、ガイとナタリアはまだ見つかっていないそうです。
見つからないだけなのか、元々ないのかは分かりませんが、もしないのであれば、これは大問題です(少なくとも私にとっては)。
他の4人にはあるのに、あの二人にはないなんて…。
ガイ好きな私としては、かなりショックですよ。
隠し秘奥義の問題さえなければ、戦闘システムにおいては一つも不満はなかったと思うのですけどねー。
そうそう、フェイスチャットも面白いものばかりで最高でした!
あと、戦闘終了後のセリフも忘れてはなりませんね。
とまあ、多少の不満点はあるものの、とても楽しめる内容でした。
おかげで、私の中のテイルズシリーズのナンバー1と同じくらい好きになりました。
その内、2周目とかプレイしたりするでしょうね。
2周目以降でないと見れないものもあることですし。

長くなりましたが、今回でTOAのプレイ日記は終わりです。
私自身、ここまで長くなるとは思ってなかったです。
それでも、まだ全てを語りきったわけではないので、近いうちにプレイ日記の番外編?を書くかもしれません。
書くとしたら、ラスボス戦での操作キャラによるイベントの違いについてや、言い残したこと?などですかね。
あ、でも、そろそろ特典DVDの感想も書きたいかも…。
まあ、気分によって何を書くか決めますよ。
では、ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
関連記事
03:41  |  TOAプレイ日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/144-5bf89d3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。