09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

最終話 星に願いを

2006.04.02 (Sun)

これでほんとに最後です。エウレカセブンの最終話です。
タイトルからしてやられましたね。日本語かよ!って。
まさかこう来るとは思いませんでした。やってくれました。
タイトルが画面に表示された途端思わず叫んでしまったじゃないか。
内容も「いろいろやってくれたな!」という感じで、最後のほうなんて一人で騒いでしまいましたよまったく。
締めの感想は最後に語るとして、ちゃっちゃと最終話の感想へ行くとしますか!

More・・・

エウレカのモノローグから始まりました。
49話のラストで変化したエウレカの身体は、黒い球体の中でした。
巨大な木のてっぺんの中心にそれがあります。
核のような黒い球体中で、家族のことを想うエウレカ。
会いたいと切に願っています。
その想いに反応してか、額の青い石?が明滅しているのですが、一体どこからあんなものが出てきたのやら。


アゲハ隊の子どもたちは、ワルサワの難民キャンプで拾われた子どもたち、民族浄化の落とし子である子どもたちでした。
世界を呪って生まれてきた彼らを救ったのは、同じく世界を呪ったデューイ。
そうやって世界を憎む者同士が一つの集団を作り、世界を正しい姿に戻そうとした。
でも、自分たちの世界を憎んでいる者がすることなんて、結局は世界を破滅させることでしかないんですよね。
デューイがまた違う考えを持っていたなら、アゲハ隊の子どもたちもまた違った生き方をしていたかもしれないというのに。
これからのあの子たちが、世界を憎むことなく、希望を持って生きていくことを祈らずにいられません。
頼みましたよ、あの子らを引き取ると言ったユルゲンス艦長!


エウレカとアネモネの首輪が何らかの形でデューイの心配機能と直結されていたというのは、49話の時点で予想がついたことですが、2人のいずれかを代理の司令クラスターに仕立て上げようとしていたことは予想外でした。
レントンたちが司令クラスターになるだろうことは、デューイの予想していた事態、もしくは期待していた事態だったと言うわけですか。
あのままレントンたちが司令クラスターとなっていたら、エウレカの首輪に組み込まれていた自壊プログラムがスカブに注入され、件の限界が人為的に引き起こされていたかもしれなかったのですね。
エウレカの今の状態が一体どんなものなのかはちょっと分からないのですが、彼女が代理の司令クラスターになることを拒んでいるため、件の限界が起きずに済んでいるようです。
しかし、あのままの状態が長く続けばエウレカは意識を保てなくなり、件の限界が引き起こされてしまう可能性大。
レントンは服を着替え、新たな決意を胸に立ち上がります。


第4クールのOPである「sakura」をBGMに、作戦を開始するゲッコーステイト。
テーブルの真ん中に設置された大きめのコンパク・ドライヴ。
これを介して、エウレカとの通信を試みるという。
そして、エウレカの元にたどり着いたら何をすればいいのか。

「悪い…何も考えてねえ…」

「だと思った。ねだるな…ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん。
そうでしょ、ホランド?」

「そいつは俺に向けた言葉じゃねえ」

ホランドを通して、アドロックからレントンに送られた言葉。
父親から息子へ送られた言葉。
いいですねえ…思わず泣きそうになりましたよ…。


エウレカの元へ向かう月光号を見送るユルゲンスたち。
ここのドミアネがすごくすごく好きでした!
ドミアネというよりアネドミという感じですけど(笑)
ラブラブっぷりが微笑ましくて、可愛くて、もう最高でした!
あんな彼らを見ることができて本当に良かったです(泣)
ああもう大感動の48話がよみがえってくるよ~。


あまり時間がないというのに行く手を遮る抗体コーラリアン。
全力で突っ込んでいく月光号。
レントンはモーリスに大切なもの、いつぞやのアクセルの手紙を預け、エウレカの代わりとなるヘアピンを受け取り、ニルヴァーシュの元へ向かう。
今までを振り返りながら、想うのはただエウレカのことだけ。

「お願いだよ、ニルヴァーシュ。俺はこんな結末は嫌だ!
俺の隣には、エウレカが必要なんだ!!」

愛する人の、大切な人の隣にいたい。いつまでも一緒にいたい。
ただそれだけのこと。でも、すごく大事なこと。

その想いを込めて、コンパク・ドライヴを引き上げるレントン。
直後、響く爆音。もくもくと立ち上る緑色の煙。
その中から姿を現したのは、新生ニルヴァーシュ。
今までとは異なる姿。でもアーキタイプに一番近い姿です。
これがニルヴァーシュの本来の姿なのかもしれませんね。
コクピットの部分がどこかで見たことがあるような感じのものでも気にしません!
ていうかこの際そんなものはどうだっていいんです!

大事なのは、皆の気持ち。

「僕らのママを助けられるのは、僕らのパパだけだよ!」
レントンがパパになりましたよ~!(泣)
家族ですからね、彼らはもう家族ですからね!!

「惚れた女くらい、奪い取ってきやがれ。男だろっ」
お父さんからの言葉って感じですね。
こちらも家族ですよ家族!ていうか皆家族ですよ!!(泣)

1回目では泣けなかったのに今見たら泣けてきたよ…。
この後の「アーイキャンフラーイ!」には笑ってしまいましたが。
でも、見送るゲッコーステイトのメンバー最高!!

エウレカのいる核の部分に突入するレントン。
間にある壁なんかぶち破って、エウレカのもとへ…。

「バイバイなんて言うなよ。一人で行こうとするなよ、エウレカ」

「来てくれた…。ほんとに来てくれたっ…!」

黒い核の中で、一人きりで、会いたいと願っていた人に出会えた。
会いたくて、ずっと想っていた人が来てくれた。
今のエウレカにとって、こんなに嬉しいことはないでしょうね(泣)

「君を、独りぼっちになんかさせないよ!」
もう、離れ離れになんか決してならないように…一つに…。
巨木が砕け、姿を現すニルヴァーシュ。
その二つの目は、レントンの目とエウレカの目を持っていました。
片方は空色で、片方は薄紫色。
ニルヴァーシュに、二人の想いが刻まれたという証ですね。


これからは、この宇宙と、別の宇宙に分かれてスカブコーラルと人間の共生を模索する。
ニルヴァーシュと同じことを語ったのは、なんとゴンジイ。
神出鬼没でいつどこにいるかも分からなかったゴンジイでした。
しかもその正体は、コーラリアン。
…おおう、これは全く予想してなかったから驚いたぞおい。
まっさかそんなびっくりどっきりが待っていたとは。
恐れ入りました(笑)


そして1年後。
第1話でレントンとアクセルがいた店にいる4人。
アクセルとモーリス、メーテル、リンクの前には大きなハンバーグ。
広げられた住民票にはレントンたち家族の名前がありました。
みんなサーストン家の一員です。
しかもちゃんとレントンとエウレカが父と母になってるし!

次に訪れたのは「レントン・サーストン 希望の丘公園」。
空には大きく輝く月。ハートマーク付きの月。
「星に願いを」のタイトルどおり、月に向かって祈る4人。
エウレカとレントンが戻ってくるようにと。
ドミニクとアネモネも、別の場所で月を見上げていました。
みんながそれぞれ、別々の場所で、同じようにあの月を見上げているのでしょうね。
ハートマークの中にレントンとエウレカの名前が刻まれたあの月を。
もうなんかおかしく恥ずかしくてまともに見られない月ですけど、こういう終わり方もいいものですね(笑)

最後のレントンとエウレカはどこにいるのか分かりませんが、いつか家族のもとへ帰ってくる日が来ると、信じています!
最後の提供の絵のように、みんなで笑い合える日が必ず来ると!


終わりましたね、とうとう。
1回目は意味が分からないまま終わりまで見ていましたが、2回目ではなんとなく理解できたようで、感動しながら見ることができました。
最終回を迎えて、寂しい気持ちは確かにありますが、ハッピーエンドで終わってくれたことが、すごく嬉しいです。
「愛は地球を救う」といった感じの内容でしたね。
多少謎は残っている様な気もしますが、今はただこの幸せに浸りたいです。
とりあえず、そのうち本か何かで補完してくれると嬉しいですね。

最後になりましたが、この作品に出会えて本当に良かったです。
こんなにも感動させてもらった作品はありませんでした。
そして、こんなにも楽しませてもらった作品はありませんでした。
エウレカセブンのスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、本当にありがとうございました。
エウレカセブンという作品に出会えて、本当に良かったです。
初めから見て、またたくさんの感動を味わいたいと思います!
関連記事
18:22  |  交響詩篇エウレカセブン  |  Trackback(41)  |  Comment(4)

Comment

星に願いを。

ホントこのタイトルにはやられました。
最後に日本語ですか…。

なんだかいろいろコメントしようと思っていましたが、由乃さんの感想を読んだら何も言えなくなりました…。

なので、今回は話の内容でなく、由乃さんにコメントさせていただきたいと思います。

今思えば、自分がエウレカセブンを見始めるきっかけになったのは、エウレカが気になりだした頃、我が家に導入されたインターネットで、ここ「スカイフィッシュ(当時)」を訪れたことでした。
由乃さんの書かれた感想を読んで、本当にエウレカを楽しんでみていらっしゃることが伝わってきて、それからのことですね。

だから、エウレカセブンと僕を出会わせてくれたのは由乃さんです。
本当にありがとうございました。

そして、およそ10ヶ月に及ぶ感想、本当にお疲れ様でした。
交響詩篇エウレカセブンの感想に対するコメントは今回が最後となりますが、これからも「七色スカイヴィレッジ」は僕の楽しみの中でも大きな比重を占めるものとして在り続けるでしょう。
というわけで、これからもよろしくお願いします。
モカ |  2006.04.02(日) 20:18 | URL |  【編集】

 最後のタイトルが日本語にはやっぱり皆さん驚かれてるみたいでv-290


 英語でもカッコイイと思いますケド、最後が日本語っていうのがいいのかもしれませんネv-360


 レントンとエウレカが会えたシーンは号泣ですw


 ホントにハッピーエンドでよかったと心から思いますよぉe-343


 けっこうまだ気になる部分もありましたしぃ~漫画の方も面白いんで由乃さんの言うように補完してくれたら嬉しいですv-410


 なんにしても


 エウレカの感想お疲れ様でしたv-411


 僕も楽しんで見させてもらったからこそコメントさせてもらってるんでぇ~これからもこういった感想楽しみにしてますv-353


 エウレカのゲームの評判がよかったら、ゲームも買うんだケドなぁi-278ww
ハラダさん |  2006.04.02(日) 20:40 | URL |  【編集】

>>モカさん
続けてコメントありがとうございます!

>由乃さんの感想を読んだら何も言えなくなりました…。
これは…良い意味で受け取っちゃってもいいです、よね?

最終話の感想に、ではなく私へのコメントありがとうございます…(照)
エウレカセブンとの出会いは、このブログがきっかけとなっていたのですか…!
私の感想がエウレカを見るきっかけになっていたなんて、とても嬉しいです。えへへ。
なんというか、こんなに嬉しいコメントをいただけて、パソコン画面の前で一人舞い上がっておりますですよ!(笑)
エウレカセブンは終わってしまいましたが、まだまだこのブログは終わりません多分。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
由乃(管理人) |  2006.04.03(月) 23:36 | URL |  【編集】

>>ハラダさん
続けてコメントありがとうございます!

>最後が日本語っていうのがいいのかもしれませんネ
そうですね~。最後の最後にやってくれましたよ!
さすが!と思わず叫んでしまいそうでした。

ハッピーエンド、ほんと良かったですよね…(泣)
気になる部分は、前に出たガイドブックのようなもので何とかしてもらえると嬉しいかな~。
小説や漫画はアニメとはまた話が異なるみたいですし。

エウレカの感想、楽しんでいただけたようで、ありがとうございました!
書いているほうとしても、そう言ってもらえるととても嬉しいです。
これからは…アニメの感想はどうなるか分かりませんが、気が向いたらまた見に来てやってくださいませ。
由乃(管理人) |  2006.04.03(月) 23:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/208-e9a4c884

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

今日で最終回ということで、一時間SPの今回。
2006/04/02(日) 18:30:07 | ☆今日の雑色雑記★
終わりは始まりなんだいや、ホントに…エウレカを見始めたのは実はGYAOとレンタルからなんですね。で、実際に朝7時ので見始めたのが第2クールの終わりくらいから。ビー
2006/04/02(日) 18:42:15 | CHEZ MOKANA
最終回スペシャル。
2006/04/02(日) 19:04:28 | コトマニ
~アニメ 交響詩篇エウレカセブン~◇第49話 『シャウト・トゥ・ザ・トップ!』 & 第50話 『星に願いを』 (最終話) について◇【 デューイ と ホランド ~兄弟の因縁に終止符の刻とき~ 】<デューイVSホランド>デューイ 『 私は贖罪をしようとして...
2006/04/02(日) 19:11:21 | INFINITE-COSMOS~Eternal~
交響詩篇エウレカセブン 10バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る いやあ、怒濤の展開でしたね。レントンすっかりいい男になっちゃって、最後にはエウレカと一緒にお星様になってしまいました。月にはレントンとエウレカの大きなハートマークが。ものすごく分かりや
2006/04/02(日) 19:22:34 | KenjiMのブログ~アニメと野球と音楽と
これにてエウレカセブンはおしまい。すべてにありがとうと伝えたい。
2006/04/02(日) 19:35:03 | LUNE BLOG
【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】デューイの罠でこうなった語りかけよう相棒に主人公機は変化する愛する者は花だったキスは1つになるという事ニルヴァーシュは悟りを開く世界は2つに分かれたよ願いましょう、あの星に青と....
2006/04/02(日) 19:44:53 | ここには全てがあり、おそらく何もない
昨日の夜から動悸がするほど緊張して待っていた最終回ですよ!もう色々と感動して何を描けばいいやら・・・アゲハ隊の金髪君が・・・ジルベールにみえました;ドミニクとアネモネのラストカット、レイとチャールズみたいに寄り添ってて良かった><!ハートの連発でアクエリ
2006/04/02(日) 19:46:27 | ブログ ド ガジュマル 隔離館
注目のサブタイトルは「星に願いを」!ディズニー映画『ピノキオ』で使用された名曲ですね。まさに最終話に相応しい選曲。本編の内容から言っても、これ以上のものはちょっと思いつかないですねー。まさに完璧な選択でした。これまでで唯一の日本語という点もカッコいい!
2006/04/02(日) 19:48:23 | 新米小僧の見習日記
もう49話の冒頭から泣き通し、切なくて締め付けられるような展開と想いの中で始まってしまいました。49話のED後、スポンサークレジットのイラストは月光号から飛び立つために立ち上がったニルヴァーシュ。もうそれすら判別することができないような状態でした。 揺さぶられ
2006/04/02(日) 19:55:38 | ハリネズミのちょびっとMemo
レントンは月光号の息子で、3人の子ども達はアクセル・サーストンの孫で、アゲハ隊はデューイの子どもで、デューイ亡き今後はユルゲンスの子ども・・・などなど、血縁関係の有無は関係なく人類みな兄弟であり、これは・・・指にまつわる話(お父さん指、お母さん指、お姉さ
2006/04/02(日) 20:22:50 | うつわの器
交響詩篇エウレカセブン 第49話 「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」&第50話 「星に願いを」 キャプ感想
2006/04/02(日) 20:33:13 | 萌えと燃えの日記。
う~ん48話が盛り上がりすぎちゃったかな?ってかんじアレで期待しすぎちゃったのかな49話の最後とかはまだなんかこれからおこるのかなぁ・・・と期待してたんですけど・・・・まずデューイこの人結局何がしたかったんですか!?なんとなく言いたいことはわかるけどだ..
2006/04/02(日) 22:06:02 |                 †DIARY†  
最終回一時間スペシャル後編。本当に最終話です。←この1年いろいろあったなぁ~結局エウレカとレントンはどうなっちゃったのーっと謎も残っていますが、すんなり受け入れられる
2006/04/02(日) 22:18:48 | 今日は何色?
怒涛の最終回攻撃…はぁ~…息が切れる。うぅ~ん…今まで頑張って盛り上げて来てこれなんだ…というのが正直な所。いいんですよ、いいんですけどね。まぁ、私の場合…ドミニ
2006/04/02(日) 23:01:21 | こじこ脳内
交響詩篇エウレカセブン「星に願いを」です。んで、引き続いて最終話です。49話はこちら。ガキンチョのお出かけの準備をしながら見るという非常事態に陥ったので(?)ひっくり返らずにすんだ最終回です。でも、テレビに向かって「それは~!」って叫んで、怪...
2006/04/02(日) 23:05:24 | 藍麦のああなんだかなぁ
Episode.49 + 50 「シャウト・トゥ・ザ・トップ / 星に願いを」 英雄サーストンの息子と呼ばれた少年レントン。守りたい少女への思い。エウレカへのレントンの思い。レントン
2006/04/02(日) 23:54:18 | SERA@らくblog
今回は1時間SP まだ頭の整理がついてないのでかけるところからとりあえず「子供にあんな決意をさせてエウレカが姿、形を変えてまでしてこれが!大人のやることか!!! デューイ!!!」と特攻していくホランド格好良すぎ!なんと言ったらいいかわからんけど良い!良かった!...
2006/04/03(月) 00:11:01 | RRR
そしてエウレカセブン最終回です。一瞬エウレカとアネモネが消えちゃうかと思いましたが、やはりそんなことはなかったです。安心しましたよ。ホランドたちがどうなったかがわから
2006/04/03(月) 01:09:45 | 星屑の記憶R ~アニメとゲームを語るブログ~
いよいよ最終回1時間スペシャル!今は見た直後で作品が良いか悪いかの判断を冷静にすることはできませんが、好きか嫌いかで言えばはっきりと好きと言えます。1年間私を楽しませて
2006/04/03(月) 01:39:01 | ちいさな創造
 サクサク行きます。49話感想を見たうえでご覧ください。※注意。ご意見ご感想お待ちしておりますが、50話までの感想を見たうえでお願いいたします。「私には、大切なモノが
2006/04/03(月) 02:16:25 | ToyandDiary
どこのどのシーンで感動したとかじゃなくて気づいたら涙が出てたホランドの男らしさ、エウレカの切なさレントンとエウレカのお互いを思う気持ち。リンク、メーテル、モーリス、アネモネ、ドミニク………なんだか全てにやられた。全てのキャラがよかった。D....
2006/04/03(月) 02:27:45 | N2-D2
圧倒された・・・。なにをどう書けばいいのか分からないが、とにかく圧倒された。単純にニルバーシュが治って、デューイを倒し、銀河号を止めればおしまいなんだろうか?程度くらいにしか予想できなかったのが、なんか自分の想像力、いや創造力の貧困さを思い知らされた。ハ
2006/04/03(月) 06:49:26 | 猫煎餅の偏頭痛ブログ
 1年間にわたり放送された「エウレカセブン」、最終回はこうでなくちゃいけない、という最高の最終回でした。  デューイの戦いの真意も、コーラリアンを滅ぼし人類の世界を取り戻す、ということではなく、地球そのものを無くしてしまおうということだったらしい(汗)。
2006/04/03(月) 07:20:20 | 暁のSTARSHIP TROOPER
第50話 星に願いを色んなところで副題は「アクペリエンス・5」だといわれいていましたが、あっけなく覆されてしまいました(苦笑。最初で最後の邦題。べたっちゃー^べたです(汗ちょっと話をずらします。同じボンズ作品に鋼の錬金術師がありますが、そちらを引っ張
2006/04/03(月) 09:40:23 | 胡蝶のユメ
交響詩篇エウレカセブン 10交響詩篇エウレカセブン 11交響詩篇エウレカセブン 12 UMDスペシャルパック (DVD + UMD Video)エウレカセブン NEW VISION(仮称)〔PS2〕交響詩篇エウレカセブン〔PSP〕2006/04/06発売!交響詩篇エウレカセブン ニルヴァーシュ spec2 プラモ....
2006/04/03(月) 10:53:20 | Cosi Cosi
 交響詩篇エウレカセブン 10交響詩篇エウレカセブン 11交響詩篇エウレカセブン 12 UMDスペシャルパック (DVD + UMD Video)エウレカセブン NEW VISION(仮称)〔PS2〕交響詩篇エウレカセブン〔PSP〕2006/04/06発売!交響詩篇エウレカセブン ニルヴァーシュ spec2 プラモデ
2006/04/03(月) 11:42:28 | おきにいりアニメブログ!!
終わってしまいましたね。難解だったと思いますでも特に理解しなくても、綺麗なヴィジュアルやカッコイイ戦闘、素晴らしい音楽などでぉぉーこれはすごいんじゃないの?って思えた
2006/04/03(月) 15:20:21 | ほえほえ~♪なかんじ
素晴らしかった!!!この感動を何と言葉にしていいやら。上手く言い表せないのがもど
2006/04/03(月) 17:41:41 | おくいのなんでもdiario
主人公ズの、あのラブラブっぷりはテレビとパソコンの前でへばりついて日曜日を過ごす人間に、けんかを売っていると思うの(´∀` )な、交響詩篇エウレカブン最終話、と一個前。・ユルゲンスのおじさまがかっこよすぎ。軍隊もの、とか、
2006/04/03(月) 18:19:44 | ひびこれ。ー「明智警視」と「太陽の黙示録」に暴走中ー
「あーい・きゃーん・ふらぁぁぁーーーい!!」もう泣けたし笑えたし最高な最終回でした。1時間が濃かったです。最終回のレントンはいつもの浮き沈みもありましたが、やっぱり一味違いました。そりゃぁ空も飛べるってもんです。これが奇跡を起す言葉ですよ。本当はカッコ..
2006/04/03(月) 21:21:01 | 凡ての道はガンダムに通ず
副題49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」副題50「星に願いを」 最初に書いておきます。 ちょっとテンション低下気味です。 第48話が神脚本だっただけではなく、エウレカセブンは節目節目で最高の話を持ってきていただけに、 『このスタッフの人たちなら、...
2006/04/04(火) 00:43:58 | 月の静寂、星の歌
記事リンク参照(話数をクリック) :  第49話   最終話  特集記事? 「 最終回SP視聴後の感想と祝辞 」  どれ
2006/04/04(火) 20:05:21 | Fere libenter homines id quod volunt credunt
サブタイトル「星に願いを」  新たなレントンの決意と共に生まれ変わるニルヴァーシュ。  レントンはエウレカとこの星を救うことができるのか?  交響詩篇エウレカセブン(1) BLUE MONDAY  以下詳細  ***********
2006/04/04(火) 22:10:20 | オヤジもハマる☆現代アニメ
エウレカの語りで始まる最終回さあ泣いても笑ってもこれで終わりです。エウレカはどんな結末を見せてくれるのか?世界を呪った男あの子達を引き取ろうと思うんだデューイが最
2006/04/06(木) 00:33:56 | 駄文とか駄文とか駄文とか
EPISODE NO.49 シャウト・トゥ・ザ・トップ!EPISODE NO.50 星に願いを前の総集編(?)の出来がさんざんだったので正直もう期待してなかったです。しかもちらっとだけ教えてくれた台本でもバッドエンドっぽかったし。「森の木陰亭」で最終回良かったーという感....
2006/04/06(木) 18:53:02 | 新・新・噺 (new new The Story)
第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」&第50話「星に願いを」&総括これでいいのだ!…全部終わって思いついたのは、バカボンのパパのこのセリフでした(笑)。はい、いかに
2006/04/06(木) 19:29:38 | salty blog
この物語はきっとレントンとエウレカの出会い、そして最初の旅立ちを描いた第1話~第3話に戻ってくる、僕はそう思って、否、そう信じてこの1年間を、そしてこの最終話を待っていました。これまで1年間、丁寧に丁寧に積み重ねて紡がれてきた物語は、やっぱりその物語の最
2006/04/07(金) 17:41:45 | 蒼穹のぺうげおっと
振り出しに戻ったかのようなエンディング。感動と同時に、1年という持ち時間のわりには、未消化に終わった部分も感じられ、諸手を挙げて絶賛とまでは言い難い最終話でした。
2006/04/08(土) 23:17:01 | 伊達でございます!
bootleg! Vol.7~交響詩篇エウレカセブン非公式ナイトイベントレポート 4月2日に前からお知らせしていた『bootleg! Vol.7~交響詩篇エウレカセブン非公式ナイト』に行って来ました。 新作アニメの記事で忙しくて、「レポートなんか誰も見たくないでしょ」と思い書....
2006/04/16(日) 01:02:33 | アニメって本当に面白いですね。
交響詩篇エウレカセブン 全50話交響詩篇エウレカセブン 13<最終巻>■コンパクト・ライヴの光に導かれるまま、ニルヴァーシュで移動するレントンたちはスカブコーラルの中心で思わぬ人物と対面する。第47話から第50話までを収録。TBS系で2005年4月から2006年3...
2006/10/21(土) 00:33:54 | 獅子の手帳

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。