07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

彩雲国物語 1話&2話

2006.04.23 (Sun)

うちはBSは見れないのですが、BSの見れる友人が録画したものをDVDにダビングして貸してくれたのですよー。
おかげでNHK教育で放送するかもしれないときまで待たずに済みました。
友人よ、ありがとー!

で、せっかくのなので、簡単に感想みたいなものを語ってみます。
原作は読んでいるのですが、ネタバレはしません。
既刊の登場人物の名前くらいは出すかもしれませんが、ストーリーに関するネタバレは一切するつもりはないです。
放送された部分のストーリーにしか触れないのでご安心を。

More・・・

作画は、男キャラがちょっとキラキラしすぎな気がします。
秀麗は可愛くて良いと思うのですけどね。
あ、でも、2話でちょっと作画が崩れていたのはいただけません。
あれ以上崩れないことを祈るばかりです。

まずOP。原作既読な私は、いろいろ反応してしまいましたね。
キャラの集合絵みたいなやつとか、絳攸と楸瑛のバックに劉輝がいるのとか、香鈴と珠翠とか、燕青と清蘭とか。
特に、原作未読な方には「誰?」と言いたくなるキャラが何人も並んでいた絵に反応。
ついこの間最新刊まで読み終わったとこなので、思わず泣きそうになりましたよ!
ネタバレになってしまうので理由は言いませんけど。
歌自体も良い曲ですね~。
まさか平原綾香でくるとは思ってませんでした。

ストーリーは、ほんとに初めの方なのでかなり懐かしかったです。
第1話は、秀麗があまりの貧乏さに金500両につられて仕事を引き受けて王の妃になりましたー、という話。
で、第2話が、王様が秀麗と城下の町で物売りをしたり秀麗の話を聞いて外の世界を知り、ある決意をする話でした。

だいたいは原作と同じだとは思うのですが、第2話の劉輝と秀麗が街で物売りをする話はアニメのオリジナルの話だったと思います。
私の記憶にはあの話はないですし。
オリジナルの話でしたが、結構面白かったです。
あと、秀麗の家に行くというのも原作にはなかったかと。

個人的に面白かったところは、父茶ですかね。
まさかあんな紫色した禍々しいものだとは思いませんでした。
殺人的なお茶だとは知っていましたが…あんな魔法の鍋に入っているような液体だったとは…父茶、恐るべしっ!
どうやって淹れたらあのような代物になるのか…(笑)

EDは、アニメのFateのOPの歌っている方ですね。
これも結構好きです、私は。

秀麗な桑島さんは可愛くて良いですね。
声優さんはドラマCDと同じなので、特に違和感はなかったです。

ストーリーもまあこんなもんでしょう。
面白くないこともないけど、すんごく面白いというわけでもない。
まあまあ普通といったところ。
私としては、やっぱり原作の方が面白いと感じました。
1話1話のアニメを見るよりも、一気に小説一冊読んでしまった方が話の中に入り込めるような気がしますし。

第2話までで原作の第2章まで進んだと思うのですが、全39話となるとどの辺の話までアニメでやるんでしょう?
影月編までやるには話数が足りないと思うので、せいぜい行っても茶州編辺りまでになりますかねえ。

久しぶりに初めの方の話を見て、彩雲国を初めから読みたくなってきました。
溜まっているライトノベルさえなければ、今すぐにでも読み始めるのに…!
原作を読んだことのない方は、ぜひ一度読んでみてください。
ストーリーが面白いのでさっさか読めてしまいますよ。
キャラたちもみんな魅力的で…別に美形という意味ではないです。
人間として魅力的、という意味ですよ。
笑える部分あり、最近は泣ける部分もありでストーリーも面白い!
私が読んだ中で一番好きなライトノベルかもしれません。
関連記事

テーマ : 2006年春の新番 - ジャンル : アニメ・コミック

00:03  |  アニメ  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/223-7960444b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

彩雲国物語―はじまりの風は紅くドラマCD 彩雲国物語~はじまりの風は紅く~【うまい話には裏がある】さすが、「マ王!」の後だけに、「マ王!」女性版?雰囲気は中国風です。なので、『十二国記』のような雰囲気もありですね。(音楽担当は同じく「梁 邦彦」さん....
2006/04/28(金) 12:51:14 | Cosi Cosi

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。