05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ゼノサーガ エピソード3 プレイ日記10

2006.07.31 (Mon)

今回は、第4章のダブリー鉱山から第4章の終わりまでです。

本日を持って、サイドにあったファンサイトTICKERをはずしました。
期間限定サイトであるXenosaga.jpも7月31日をもって終了となりますし、ファンサイトTICKERも8月1日以降(正しくは9日以降)にはリンク切れとなります。
ファンサイトキットでダウンロードした画像は利用していいとのことなので、このまま使わせてもらうことにします。

それでは、以下よりネタバレありなので要注意ですよ。

More・・・

ダブリー鉱山
エルザだと思われる緑の船が降りていったという東の鍾乳洞へ行くために、まずはここダブリー鉱山を抜けさせてもらいます。

アイゼンの話によると、孫娘のマイが緑の船の調査に行っており、U-TIC機関の連中も中にもぐりこんでいるとのこと。
面倒になることは承知の上で、洞窟の中を通らせてもらいますよー。

周辺のアイテムを取り、追加された装備品はないかとショップを確認。
…カーネリアンの卵って換金アイテムなんですね。
まあ、卵だし、売れるってのは分かるけども…どうせならこの卵を使ったイベントとかあれば良かったのになあ。

中にはU-TIC機関がいるとのことなので、B系の敵に備えてアタッカーは森の中を進んだときのメンバーのまま、洞窟の中へ突入~。
U-TIC機関の兵士を見つけ、背後から近づいてみるも、どうやら戦うべき敵ではない様子。
マイに襲われた見回りの兵士のようです。
その兵士によると、とんぱちな娘(マイ)はこちらの話も聞かずに、いきなり採掘用ダイナマイトをぶっ放してきたそうです。
う~ん…かなりいかれたお嬢さんみたいですね…(笑)
にしても、とんぱちってなんだ。

先へ進むと…予想していなかった敵を発見しました。
てっきり、中にはU-TIC機関の兵士がうろうろしていてそいつらと戦うことになるかと思いきや、実際にうろうろしていたのは廃棄物A156号と廃棄物A283号。
見た目はグノーシスっぽいので、アタッカーのジンをケイオスと交代させたのですが、いざバトルになって見てみると、奴らはB系の敵ときた。
あんなうねうねして気持ち悪い外見なのにグノーシスではないんですね。
おっと、廃棄物しかいないと思っていたらU-TIC機関の兵士もうろうろしてるようです。

と、またも倒れている兵士を発見。
同じくいきなり攻撃されたようですが、オーテックのリューポルドに僅かなダメージを与えやったとのこと。
あと少し攻撃すれば左腕がいかれるところまでダメージを与えてくれたようです。
奥へ行けばマイ+リューポルドとバトルになることを知っていたので、一応お礼を言っておきますよ。相手がダメージを負っている方が倒しやすいですしね。

ワイルド・ローラー・コースターに乗っていると、リューポルドが追い抜いて行きました。
にしてもこれ、別にブレーキなんていらないんじゃあ…。
加速はかけないと進まないから困るけれど、ブレーキはかけなくたって勝手に止まってくれるみたいですし。
うん、きっといらない。

洞窟を抜けて開けた場所に出ると…なんか、マイが待ち構えてた?
いきなりこちらに寄ってきて、勝手にU-TIC機関の兵士と決めつけた挙句、問答無用で戦闘に突入ですってよ。
話を聞かない、警戒しすぎ、勘違いもほどほどにって感じですかね?
公式サイトでキャラクターグラフィックを見たときはかなり気に入っていたのにな…。
まさか、こんなどうしようもないキャラだとは思っても見なかったです(汗)
初対面の相手を警戒するのはまだよしとしよう。
けど、あれだけ否定しているのに勝手にU-TOC機関の兵士だと勘違いし、問答無用で襲い掛かってくるなんて…ダメだわ、こういうキャラは好きになれない。
それだけU-TIC機関にはひどい目に遭わされたのでしょうけど、でも、こちらは何か害を加えようとしているわけでもなく、穏便に話し合いによって通してもらおうとしているのにあの態度は何ですか。
話もきちんと聞かないうちに攻撃を仕掛けるだなんて、子どもの喧嘩ですか?
なってない。なってないよ、このお嬢さん。
アイゼンのおじいさん…まだ間に合う、きっと間に合うからこのお嬢さんをきちんとしつけてあげて下さい(汗)

さて、マイがどれだけ話を聞かないお嬢さんだったのか、イベントシーンのセリフを使いつつ、見ていきますよ~。

おじいさんが心配してるから戻りましょう。

最近はU-TIC機関も手が込んできてるわね。

嘘なんかついちゃいないぜ!

子どもを使って説得しようだなんて、なんて卑怯な連中!

僕達はこの先の船に用があるだけなんだ。

あの船を使ってこの鉱山を破壊するつもりなんでしょう!

U-TIC機関とは関係ないんだって。

子どもは黙ってて!

話にならねぇな、通してもらうぜ!

ここから先に行かせる訳には行かない。

私達の話を聞いて。

聞く必要なんかない。これ以上、私から大切なものを奪わないで!
父の無念、思い知れ!


てな感じでした。
ああ言えばこう言うといった具合で、ほんとお話になりません(汗)
ケイオス君の穏やかな説得にも耳を貸さず、Jr.は子どもだからと相手にせず、どれだけ話を聞かないキャラなのかがよく分かりました…。
最後には、オーテックであるリューポルドまで呼び出してバトルに突入。
父の無念とか言われても、こっちはそんなの知らないってのに(汗)

バトルは、シオン、Jr.、ジギーで挑みました。
マイがB系の敵なので、それに合わせた人選です。
リューポルドはM系なのでどうしようかと思いましたが、まあどうにかなるだろうと特に戦略を立てることなくバトルへ。
洞窟で倒れていたU-TIC期間の兵士の言うとおり、リューポルドの左腕がもうちょっとで壊せそうです。なんか火花散ってますし。
明らかにマイのほうが弱そうなので、先にマイを集中攻撃。
彼女の言動にイラっときているせいか、もう容赦なしです(笑)
半分くらいHPを削ったところで、今度はリューポルドを集中攻撃。
…なかなかの堅さですな。HPがなかなか減りません。
4分の1ほど減ったところで、やっと左腕が破損してくれましたよ。
洞窟にいたU-TIC機関の兵士のおっちゃん、どうもありがとう。
貴方のおかげで左腕を破損させることできたよ!
リューポルドは嫌いじゃないけれど、エルザのもとに向かうためには仕方ない。

戦闘中にマイが喋るムービーが何度かあったのですが、あれは私のイライラを増長させるだけの代物でしたね。
本来敵ではないキャラにここまでイライラさせられるなんて…滅多にない経験です。
あまりにイラついてたせいか、アイテムを盗むのを忘れてしまったくらいです(汗)

にしても、ジギーってばEP3では結構使えそうなキャラですね!
HPは結構な量があるし、防御力もありそうだし、ブレイクケアが使えるし。
今後どうなるかは分かりませんが、機会があれば積極的に使っていきたいです。

戦闘終了後も、勘違いは続きます。
バトルに負けたからって、「殺しなさい!!」ってあなた…。
決闘か何かですか?身を守るための戦いじゃなかったんですか?
ここは普通逃げるところでしょう…一般人なんだから。
Jr.の言うように、殺すつもりならとっくにそうしていますよ。
この後のケイオス君のリューポルドは直るという説明にも、安心するわけでもなく、「同情なんていらない!」とか言う始末。
いい加減にしてください…私の頭にも限界って言うものがあってですね…。
というところで、シオンがマイに近寄って一喝!
これでやっと何も言い返してこなくなりました。分かってくれたってことでしょうか。
その直後、アイゼンのおじいさんがやってきてシオンたちがU-TIC機関の連中とは無関係であることを説明してくれました。
マイの無鉄砲に苦労しているであろうことは、よ~く分かります(泣)
こちとら、問答無用で襲い掛かってこられましたからね…。
が、自分が間違っていたことが判明しても、謝ろうともしないマイ。
…話も聞かずに襲ってきた挙句謝りもしないなんて人間としてどうよ!?
一言でもいいから自分の非を詫びようとは思わないのか!!
あーもう無理無理。このお嬢さんは絶対に好きになれそうにないです。
ビジュアルは相当好みだったのに…残念でなりません。

鍾乳洞に入り、エルザを発見。中に入ってみんなと再会です!
先ほどマイに散々いじめられたので、アレン君たちの対応には癒されます(泣)
しかし、やはりKOS-MOSの姿はなし。
案内されて調整ルームに行くと、アレン君が説明をしてくれました。
T-elosとの戦闘でコアを傷つけられ、もう動くことはないと告げられます。
ブラックボックス部分は、設計者であるケビンにしか直せないから、と。
誰かケビン(赤のテスタメント)呼んでこーい!!


区切りがよいので今回はここまでです。
たまには文章量が少し少ないってのもいいでしょうし。
第5章からは、次回のプレイ日記にて語らせていただきますね。

     KOS-MOS ver.3
関連記事
04:16  |  ゼノサーガ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/288-bdb98de3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。