04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

提供の絵があった!!

2006.08.28 (Mon)

先程、「交響詩篇エウレカセブン」のDVD第12巻を見ていました。
アマゾンで購入して発売日付近に届いたのですが、私には見る暇がなく、後からやってきたDVD第13巻とともに大事に積んでおいたのです。
ここのところもそんなに暇ではないのですが、2ヶ月も放置しているのでそろそろ見てしまおうと思い、DVDレコーダーにディスクを投入しました。

放送当時を思い出し、懐かしさが込み上げてきたり、結末が分かっているため別の見方をしてみたり、でもやっぱり同じシーンで感動してみたりと、十分に楽しみながらDVDを鑑賞しておりました。
スペシャルネクストプレビューは第48話「バレエ・メカニック」のアネモネのモノローグから始まるのでいきなり涙が出てくるし、第47話~第50話までのいろいろな絵を音楽に合わせて流されて鳥肌立つしで本編以外でも楽しませてもらいました。

今回はオーディオコメンタリーも良かったですよ。
こうやって時々面白くなるんですよね、エウレカセブンのオーディオコメンタリーは。
個人的におススメなのは、第7巻です。
ゲストとして来られていたのは、キャラクターデザイン・メインアニメーターの吉田健一さんと監督補佐の宮地昌幸さんでした。
その内容は、第26話「モーニング・グローリー」を見ながらいろいろ語っていくというものだったのですが、ひたすら雲について話していた記憶があります。
この回は七色雲海という色とりどりの雲が出てきたわけですが、ゲストのお二人がその雲について熱~く語られていたのですよ。
これまでのオーディオコメンタリーは正直あまり面白くなく、今回もいつもと同じような感じになるんだろうなあ…と思っていたら良い意味で予想を裏切ってくれたんです!
絵についての説明なので、こちらも自然と画面に見入っていましたね~。
いやあ、あれはほんと聴いてて楽しかったですよ。
いつもあんな感じでオーディオコメンタリーをやって欲しいと思ったくらい。

で、第12巻のゲストはというと、デューイ役の辻谷耕史さんでした。
第43話「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」を流しながらのオーディオコメンタリーだったのですが、これまた私の予想を裏切り、とても楽しめる内容だったのです。
初めはいつも通りスタートし、本編に触れたり触れなかったりの会話が繰り広げられていました。
ここまではほんとにいつも通りだったのですが、途中から「どのようにデューイを演じていたか」みたいな話になったのです。
そこからは、辻谷さんが今までどのようにしてデューイを演じてきたか、デューイについて思っていたことなどの話になり、思わず聴き入ってしまいましたよ。
第7巻には及ばないものの、十分に楽しめる内容でした。
これは最終巻のオーディオコメンタリーも期待できそう…かな?

このように、DVD第12巻を楽しんでいたわけですが、何を思ったか、私はちらりとDVDのケースに入っている「メニュー画面の利用方法」に目をやりました。
特に何かを見たかったわけではないんです。
そこに書かれている何かが気になったわけでもないんです。
が、たまたま目をやった場所に書かれていた文章を読んだ途端、私に衝撃が走りました。
その文章とは、「チャプターメニュー画面で該当話数のボタンを選択すると、提供バックが閲覧できます。」です。
提供バックとは、放送当時、編以外でも私たちを楽しませてくれた提供のバックにあった絵のことですよ!
マジで!?と思い、早速文章にあったとおり適当な話数を選択。
すると…確かにあった、ありました!
毎週毎週私たちを楽しませてくれたあの絵が!!
試しに他の巻も見てみたところ、第10巻から毎巻ありました。
第4巻~第6巻までは手元にないので確かめようがないのですが、提供の時の絵がDVDにも入ってたんですよ!!
も、もしかして…知らなかったのって私だけですかね…(汗)
いつもメインメニューの方で再生して見ていた上に、説明書みたいな薄っぺらい紙なんてじっくりと見たことがなかったので今まで気付かなかったのですけど…。
まあ、よいです。私だけでもいいです。
だって、これからはDVDでもあれらの絵を拝めるんだから…!!
エウレカサンタ、サクヤと若ノルブ、エウレカビフォーアフター、レントンとエウレカ、ドミニクとアネモネ、最終話の後に見て感動した家族6人の絵、などなど素敵な絵ばかり!
あの文章に気付いた自分に感謝ですよ~。

DVDで提供の絵を見つけたから記事を書こうと思ったのに、気付けばそれ以外のことについても書いてしまい、予想していた文章量を遥かに超えてしまいました(笑)
エウレカセブンの記事は、いつもそんな感じで長くなってしまうみたいです。
コンプリートベストの記事も、DVD第13巻の記事も、ガリバーのぬいぐるみの記事もどれも初めはもう少し短めの記事になる予定だったんですけどねえ。
まあ、それだけエウレカセブンが好きだということですよ!

今回、第12巻に収録されている第43話~第46話までを、自分が放送当時に書いた感想記事を読みながら見ていました。
結末を知っている今の自分と、どのように終わるのか検討もつかなかったあのときの自分では、同じ話を見ても感じることって違いますよね。
その違いを楽しむために、感想記事とともにエウレカセブンを見ていたわけですが…もうちょっと頑張れるだろうと言いたくなるような文章に少なからずダメージを受けました(汗)
昔描いた絵を見てダメージを受ける、とまではいきませんが、ちょっと文章を直したくなる衝動に駆られましたよ。
思っただけで実際にはそんなことはしませんけど。
あの文章たちは、そのときの私の気持ちがこもっているものですし。
でも、そうやって半年前の文章にダメージを受けるということは、今描いている文章もしばらく経ったときの私にダメージを与えるということで。
…ああ、なんか、これが成長するってことなんだとしみじみ思ってしまった。
ダメージを受けるということは、多少は成長しているということですからねー。
ではでは、続けてDVD第13巻を鑑賞してこようと思います。
関連記事

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

06:41  |  交響詩篇エウレカセブン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

どうも、とってもご無沙汰しておりましてスミマセン;
とりあえず毎日顔は出しておりましたが…今回は久々のエウレカ話なのでコメントさせていただきますー。

むぅぅ…エウレカだけはなんとしてもDVD揃えたい…!!と、いつも由乃さんの感想を読むと思ってしまいますが。

声優さんがキャラの演じ方について語ってくれるのは、とてもいいですね。
その話を聞いてから、また各話を見直すことで、新しい楽しみ方もできると思いますし。

提供の絵も見れるなんて素敵すぎ…!!
そういうところでもサービス精神旺盛ですねー…。

では、先日GyaOで「モーニング・グローリー」を見ていたら、一つセリフを聞くと次のセリフがわかるほどになっていたことにビックリした、モカでしたー。
モカ |  2006.08.28(月) 21:50 | URL |  【編集】

モカさん、コメントありがとうございます~!
更新が滞っている中、毎日来てくださるだけでもありがたいですよ~!!

DVDは一つ一つの値段が高いですからね…なかなか手が出せませんよね。
私も毎月、無いお金をなんとかエウレカにつぎ込んでおりましたとも!(泣)

演じ方の話はとてもよかったですよ~。
時間さえあれば、デューイが初めて出てきたところから見直したいです。
あー…今、各キャラについての考察なんかもやってみたいなーとふと思いました。

提供の絵が見れることを発見したときはとにかく嬉しかったです!
ほんとサービス精神旺盛ですよね~。
ガリバーのぬいぐるみもよくできてましたし。

>一つセリフを聞くと次のセリフがわかるほどになっていた
そりゃ確かにびっくりですねー!
全てのセリフとまではいきませんが、私も「バレエ・メカニック」で同じ経験をしましたよ。
好きなものは自然と覚えてしまうのでしょうね~。
由乃(管理人) |  2006.08.29(火) 20:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/300-74355706

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。