03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ゼノサーガ エピソード3 プレイ日記16

2006.09.13 (Wed)

今回は、第7章の教会に向かうところから、旧搬入ゲートを通って重篤神経症治療施設に戻ってきたところまでです。

教会でのシーンは、暗い・グロい・恐いの三拍子でした。
パッケージに赤い注意書きがあったり、年齢制限があったりするのはこういうシーンがあるからなんでしょうね。
といっても、私が耐えられるくらいのものなので、他の人は平気かもしれないです。
恐いものを見た後だから余計にそう思うのかもしれませんが、あの二人の会話シーンはとても良かったです。
音楽もいい感じに盛り上げてくれましたし、ちょっと泣きそうになりましたよ。
もしかしたら、ゼノサーガのカップリングでは彼らが一番好きかもしれないな~。

ではでは、以下ネタバレを含みますので要注意です。

More・・・

スオウに頼まれたので、教会にいる子どもシオンを助けに行きます。
ペレグリーとの戦いの後、自動で外に出されたわけですが、外はすでに戦場と化しており、ところどころから黒煙が立ち上っています。
ほとんどものが元の形を失くし、いつもよりさらに暗い夜の中に取り残されているように見えます。
BGMも暗さに拍車をかけていますね。

シオンが戦線復帰したため、バックアップに戻るらしいアレン君。
といっても、私は君を一度しか使わなかったから(しかも試しに使ってみただけ)パーティーの中にいてもいなくても扱いは変わらなかったり(笑)
アレン君は、戦闘以外でプレイヤーを楽しませてくれればそれでいいのですよ!
それにしても…戦闘に参加させることができるというから、てっきり見せ場が来るのかと思ったのですが、そうではなかったようで。
かっこよくシオンを守ってくれるらしい彼を見られるのはまだ先か。

市街A地区ノースエリアに入り、橋?の上に差し掛かったとき、空から何かでっかいブツが降ってきました。
モモがいち早く気付いた為に直撃は免れましたが、危うくぺしゃんこになるところだったJr.は「下に居る人間の事を考えて戦えよな」とぼやきます。
すると、そのすぐ隣で小さく「ごめん」と謝るケイオス。
そういえば、EP2の初めにカナンと共にE.S.アシェルに乗ってましたよね。
詳しくは覚えていないのですが、空中戦か何かであのブツを落下させたのでしょう。
でも、謝りながらもほんの少し顔が笑っているように見えたのは気のせい?(笑)

兵士×4との戦闘で、いつの間にやら覚えていたストームワルツを使ってみたのですが、これ…強い上にかっこいいですね!!
大量のコインを宙に投げるところとか、銃をぶっ放すところとか、いきなり画面がセピアになるのとか、コインがいっせいに地面に落ちるのとか、Jr.が銃を下げるのとか。
要はこの必殺技の一部始終がかっこよいということですよ!
あまりにもよかったんで、画面の前で一人叫んでしまいましたよ。
「強えー!!」とか「かっこいいー!!」とか。
ブレイクダメージが大というのもあるので、かなり使っていけそうです。

教会へと急ぐ最中、ネピリム歌声が聴こえてきました。
終焉への葬送曲(レクイエム)、滅びの歌。
そうJr.が言ったように、この歌によってレアリエンたちが暴走し、ミルチアは一気に戦火を拡大させていくのですね。


古教会
その頃の教会は、外の騒ぎに反して実に静かなものでした。
バージルとフェブロニアがなんだか良い雰囲気です。
二人の会話の中で、フェブロニアが自分はハーフだと言っていましたが、人間とレアリエンのハーフということでしょうか?
第4章の移植手術の際に、トランスジェニックタイプのレアリエンの体組織は人に限りなく近く作られている、と言っていたのも、人間とのハーフだからだと思えば納得がいきますし。

と、子どもシオンが倒れるように教会に入ってきたと思ったら、その後ろから暴走した戦闘用レアリエンが多数、入ってきました。
この後の出来事は、恐ろしいの一言に尽きますね。
フェブロニアを殺し、そこに群がるレアリエンたちは本当に怖かったです。
ネピリムの歌声による暴走が招いた行動なわけですが、これは暴走というより、狂っているという方が正しいような気がします。
子どもシオンを逃がした後、バージルに近づいてくるたくさんのレアリエンたちもかなり怖かったです…(汗)

急ぎ教会に駆けつけたシオンの目に映ったのは、変わり果てたフェブロニアの姿。
なんとか無事だったバージルも、シオンたちを逃がす為に、少し前にシオンが手渡したレアリエンの自爆用コードを使い、帰らぬ人に…。
って、バージルがミルチア紛争で亡くなるはずないじゃないですか!
彼が死んだのは、EP1のヴォークリンデ脱出時です。
シオンらが介入したことにより、この世界のバージルは死んでしまったわけですが、なら実際はどのようにして生き残ったのでしょう?
駆けつけたシオンたちにより、教会内のレアリエンは一掃できました。
しかし、実際にはあそこで助けが来るはずもなく、バージル一人でその場を乗り切らなければならなかったはずです。
子どものシオンを逃がした後の彼はどのような行動を取ったのか、気になります…。

自爆用コードを渡してしまったことを悔いているであろうシオンの耳に聞こえてきたのは、テスタメントとなったバージルの声。
ついさっき、この世界のバージルが亡くなったばかりなので、どうにも複雑な気分です(汗)

バージルとの戦闘は、奴の必殺技が面倒でしたね。
ガードしていたにもかかわらず、一撃で全員ブレイク状態にされ、その後連続でエーテル攻撃×2を受け、止めには単体攻撃。
アタッカーはシオン、KOS-MOS、Jr.だったのですが、シオンは二度目のエーテル攻撃で戦闘不能になり、他の二人も残りHPが黄色表示に。
全滅にならなくて、ほんとよかったですよ…(汗)
全員を回復させた後、炎の属性攻撃を中心に使って攻めていき、二度目の必殺技もなんとか凌ぎ切りました。
Jr.がブレイク状態にならなかったのが救いでしたね。
必殺技のダメージから回復する為にブーストを消費してしまい、こちらは一度も必殺技を使うことができませんでしたが、なんとか勝利。
勝てないわけではありませんが、面倒な敵さんでした。

それにしても、戦闘が始まる前にバージルの背後に現れたグノーシスのようなあれは一体何なのでしょう?
取り付いているように見えなくもなかったのですが。
戦闘中の「こいつは手加減を知らねえからな」という言葉だけじゃよく分かりませんねー。

戦闘終了後、フェブロニアの声が聞こえてきました。
背中越しに話す二人が良いです。

貴方は再びこの場所に戻って来た
それこそが、テスタメントとして存在し続けようとした理由だから
貴方が貴方であった証だから

バージルがテスタメントになったのは、フェブロニアと過ごした、もしくはフェブロニアが亡くなったこの場所に戻ってくる為だった…ってことですか。
なるほど、それならKOS-MOSに撃たれて死ぬ間際に、フェブロニアの顔が出てきたのも頷けます。

フェブロニアがバージルを残して死んでしまったこと。
これが、バージルの意識をこの場所に繋ぎ止め、苦しめる結果となったとそうです。
彼女は、その呪縛から解放する為に彼の前に再び現れた。
もしかして、実数領域と虚数領域の狭間に存在していたのも、バージルの為だとか?
セシリーやキャスのこともあったとは思いますが、それと同じくらいバージルのことを心配していたのではないでしょうか?
特にそういう表現は出てきませんでしたが、私的にはそうであって欲しいです。
だって、そう考えた方が素敵だもの。

そうだ 俺の望みは―――
フェブ―――

バージルの望みは、再びフェブロニアに会うことだったのかもしれません。
この場所に来たのも、テスタメントになったのも、フェブロニアに会いたかったから。
自分を残して先に逝ってしまった彼女に会いたかったから。
それが、この世界のフェブロニアであるのか、肉体が滅んでも実数領域領域と虚数領域の狭間に存在し続けていたフェブロニアであるのかは分かりませんが、どちらにしても彼の望みは叶ったわけですね。

光の中に消えていく二人。
人とレアリエンの未来」へと生まれ変わる為に、彼らは行ったのでしょう。
フェブロニアに「行かないで」と叫ぶシオンのせいで、せっかくの良い雰囲気が台無しでしたけどね…。
どうすればいいか分からないって…フェブロニアの言うとおり自分で考えなければならないし、辛くて助けて欲しいのならば、ジンやアレン君だって近くにいるんです。
バージルと一緒に行こうとするフェブロニアに頼ろうとしなさんな…(汗)

さて、教会に来たそもそもの目的は、子どもシオンを助けることです。
この場から逃げたものの、他のレアリエンもいることですし、さっさと行きますよー。

旧搬入ゲートの入り口付近でレアリエンを倒して子どもシオンを助けることにより、スオウとの約束は果たしました。
今度は、スオウとアオイを助ける為、再びラビュリントスへ向かいます。

旧搬入ゲートを抜け、街に戻ってきたわけですが、至る所で火の手が上がっています。
さらには、U.R.T.V.と連邦軍の兵士がうろついており、少しの間教会にいただけなのに随分と街の様子が変わってしまったように思います。
施設前もひどい有様で、建物が壊されたり、死体が転がっていたり、ミルチア紛争の惨状を目の当たりにすることになりました。

重篤神経症治療施設に入った途端、例の頭痛がシオンを襲います。
その間に子どもシオンは一人で病室へと向かってしまい、シオンらはその後を追いかけるようにアオイの病室を目指すことに。


施設内を進むところからは、次回のプレイ日記にて語ります。
教会での出来事により、バージルとフェブロニアの謎は解決しましたね。
これでEP1のときからの“はてな”の一つがなくなり、すっきり。
物語も後半戦。残った謎もすっきりさせてもらえることを祈りますー。

     モモ
関連記事
01:02  |  ゼノサーガ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/309-ad9c2c3d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。