09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

2005.08.02 (Tue)

はい、観てきました。1日は1000円で観れるので(笑)
まあ、そんなことはどうでもいいのです。
これから感想語ります。ネタバレ全開です☆
全体的な評価は…なんだか面白いとは言い切れない、みたいな?
途中までは面白かったはずなんですけど、なんでかな、いろいろと自分の中で説明のつかない部分があったり。
もう1回観ればきちんと面白いと言えるのか?
う~ん、難しいところです。
以下ネタバレ。

More・・・

とりあえず、映像はキレイだし、アクションもいい感じでした。
その辺は、私も満足でしたね。
内容は、まあ、断片的に思い出せる範囲で感想を言っていきます。

鋼のテレビ版ではエドが門の向こうの世界に行って終わりでしたよね。
映画はまあ、それの続きのようなものでした。
始めはまだもとの世界にいた頃の過去の話から始まって、そのあとに門の向こうの世界の話でのエドの話と、元の世界でのアルの話があって、最終的には二人一緒に門の向こうの世界に行っちゃったって感じでした。

順を追って説明していきます。
始めの、過去の話はまあいつものエルリック兄弟でしたね。
面白かったです。
特に、エドがアルの鎧の頭で水をシャカシャカやってたところ。
もうあのノリが好きです!

門の向こうの話は、こっちの世界のアルとエドが車に乗ってるところから始まりました。
なんか、ロケットの打ち上げ実験のお披露目みたいなのをやるためにどこかに行く途中でした。
その途中でエドのハンドル操作によって車が横転。
その車を置き去りにして乗り合い車?みたいなのに乗せてもらってました。
で、そこでジプシーの占い師さんに出会って、物語が進展していくわけです。
話が進んでいく中で見たことのある方々がちらほらり。
ヒューズさんいるし、大総統いるし、あと名前忘れたけどホーエンハイムと同様に身体を代えてた人もいました。
もちろん、もとの世界の人ではありません。
違う世界にいる別人というものでしょう。
で、多分私が面白いと言い切れない原因の一端であるエンヴィーもいました。
あ、ホムンクルスが関わってきたせいで私の中で説明ができないことになったのではないかと今思いました。
エンヴィーが何故か竜、ドラゴンの姿でしたよ。
もしや、あれが本来の姿とか?
でも、いきなり何者かに捕らえられてました。
もう攻撃されまくり。なんて痛々しい…。
なんであんなとこにいたのか分かりませんが、捕らえられて門を開くのに使われてました。
あの形、ウロボロスに似てません?
完全に繋がってはいなかったので、ただの円と言った方が正しいのでしょうが。
そのための餌としてホーエンハイムいるし。
エドのとこにいないと思ったらそんなとこに捕まってたんだ…。

で、もとの世界では、相変わらず記憶の戻っていないアルがエドの格好してました。
まあ、違和感はありますがCMでさんざん観ていたので慣れましたね。
ああ、でも、魂を一部移して鎧をコントロールって一体…。
魂が剥がれやすいとか言ってるし。
なんてすごいことになってんですか…。
リオールの町では、アームストロング少佐が…相変わらず笑わせてくれました。
芸術的錬金術で。
大佐は大佐じゃなくて伍長になってました、多分。
伍長…ギロロだ(笑)
なんだかどっかの雪深い山にぽつんとある小屋に独りでいました。
そこにハボックとブレダだっけか?が訪ねてきてました。
そこで笑えたのが、雪が積もっていた大佐(大佐じゃないけど)。
そのせいで訪ねてきた二人に始め気づいてもらえなかった(笑)

とまあ、始めはこんなもんで、ちょっと話が進んでいくと、セントラルの地下でグラトニーとラースが戦っちゃったりして、ちょっとわけが分からない私。
この戦闘シーンは迫力あってすごく良かったんですけど、意味がよくわからない戦いでした。
ラースはまあいいとして、なぜにグラトニーがあんなとこから現われたのか。謎です。
アニメをもう一度観てみれば解決するのでしょうか?

で、こっからは門が開いちゃって向こうの変な女大将が飛行機?みたいのものに乗ってやってきちゃったり。
門を通ったもんだから黒いやつがたくさん付いてて異様でしたよ。
そこまでして行きたいか、あんたは。
それと同時にエドも小型の飛行機に乗って門を通り、元の世界に帰ってきました。
こちらは高速艇だったので黒いやつはついてません。
そして、多分感動の再会。
ここではエドとウィンリィがいい雰囲気。
そして、オートメイルつけてもらい、いざ地上へ。
向こう側からやってきた女大将が暴れまわってセントラルめちゃくちゃ。
やってくる飛行機も一機だけじゃないし、さらにその中からたくさん鎧出てくるし。
中に人が入ってたと思うけど多分死んでたと思うので、もう屍の行進みたいで異様でした。
その軍勢に立ち向かうのはやはり軍の方たちで。
とりあえず銃で応戦。
なぜか錬金術師がいません。
と思ったらアームストロング登場。
またもや芸術的錬金術を披露。
攻撃する際盛り上がってきた岩盤がことごとく少佐の顔になっていてある意味怖かったです。
いや、面白かったですけどね。
少佐が来て形勢逆転かと思いきや、なんと後ろからも鎧が。
そこに飛ぶ声は大佐。
ああ、やっぱりきたよこの方は。
いつもの面々に指示を飛ばしてホークアイ中尉とご対面。
良いね、うん。
元凶を叩くためにエドとアルが協力して飛行機に乗り込むのですが、まあ、そんな簡単にいかず、大佐が援助。
このときの大佐が素晴らしくカッコよかったと思います。
指ぱっちんの嵐でした。
面白かったと同時にカッコよかった、そんな感じ。
あやうく惚れそうになった(笑)
別にそこまで好きではなかったんですけどねえ。
もしや眼帯のせい…?

大佐にあとをまかせて元凶を叩きに行く兄弟。
ここでもちょっとした戦闘シーンがあって、あれも良かったと思います。
で、難なく倒してこれで一件落着かと思ったらそうではない。
大量にこちらにやって来た飛行機を門の向こうへ返さなくてはいけない。
そのためにエドは向こう側に戻ると言います。
アルとしてはそんなのは嫌なわけで、一緒に行こうとするが大佐に止められる。
でも、結局鎧に紛れてついてきちゃってるんですが。
兄弟が一緒にいるのはまあ、嬉しいんですが、なんかしっくりこない。
もう、もとの世界には戻れないみたいなことも言ってたのでなおさら。


いろいろ言いたいことはあります。
でも、文章にするのが面倒なので箇条書きにしときます。
・師匠死んだの?
・ホーエンハイム死んじゃったよ。
・あの話にナチスを持ってくる必要はあったのか?
・大総統(違うけど)が良い人だった。
・結局あのジプシーの娘は何者?
・ロイアイ万歳。
・ウィンリィが一人で可哀想なんですが…。
・門の向こうのアルはなぜか病気がち、しかも最後に死亡。
・定着させた魂の一部はちゃんと戻ってくる?
・アルの記憶が戻ったのは門の向こうの世界のアルが死んだから?
と、こんなもんですかね。
これで語りたいことは一通り語ったと思います。
でも、そのせいで長くなってしまったような気が…。
いつぞやの種運命のときのようだ。
まあ、ここまで読んでくださった方はありがとうということで。
自分が感じたことと映画の一部を書きなぐったようなものなので、ちゃんとした感想とはいえませんがこれで勘弁を。
ああ、エウレカ書かねば!特につっこむこともなく普通に面白いと思えるのであまり書くこともなかったりするんですよね。
種運命はつっこまずにはいられないので毎回きっちり書いてますが。
・・・じゃあ、気が向いたらってことで。(え)
関連記事
03:58  |  アニメ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

ぁあ~・・・・

ぁあ~おれもハガレンシャンバラ見てぇ~(泣き
受験勉強・夏期講習・・・・・・
たぶん見れないのでぼくに内容教えてください
m(。。)m
牛の錬金術師 |  2005.08.02(火) 13:40 | URL |  【編集】

CD

シャンバラを征く者のオープニングの歌
教えてください




イエペペ |  2005.08.02(火) 13:50 | URL |  【編集】

シャンバラを征く者

観にいったんですねっ
あたしも今度15日に観にいきますww
この感想読んですごく楽しみになりました↑↑
ありがとうございますっっ
なんか現実世界の大総統とかヒューズとかすごい気になります(笑
そういえば、ヒューズの奥さんのグレイシアにそっくりな人も出てきますよね@@
らふぁな |  2005.08.02(火) 21:49 | URL |  【編集】

>>牛の錬金術師さん、 イエペペさん
名前を変えていらっしゃいますが、同じ人ですよね?
まぎらわしいので統一してください。
OPの曲を教えてくださいとありますが、これは普通に検索すれば出てくると思うので、私に聞く前にご自分で調べてください。
というか、私も調べないとわかりません。
うろ覚えなので。
調べたところ、L'Arc~en~Cielの「Link」でした。
内容を教えてくださいとのことでしたが、映画の内容というのは(私にとっては)簡単に説明できるものではありません。なので、他の方に聞いてもらうか、他のブログサイトさんのものを見ることをお勧めします。
お力になれず申し訳ありませんでした。


>>らふぁなさん
コメントありがとうございます!
現実世界の大総統やヒューズさんは顔と声が同じなだけで、他の部分はお馴染みのあの人たちではなかったような気がします。
グレイシアさんもいましたよ。
私の感想では触れられてませんけど。
まだ観に行く前なのに、こんなネタバレの感想を読んで頂いてよかったのか少し心配ですが、楽しみになったと言って頂けたところを見ると、ただの杞憂ですかね。
それでは、15日は映画を楽しんできて下さいませ~。
由乃(管理人) |  2005.08.02(火) 23:05 | URL |  【編集】

はじめまして

いきなりですが、私も観ました!感想はとても良かったです!最後は意外な終わり方で本当は、向こうの世界へ帰って欲しかったのですが、まあ兄弟一緒ならいいかな・・。とも思いました。少し泣けてしまった所も実はありまして、観てよかったなと思いました。アルの記憶が戻った原因は、私としてはアル自信が現実世界へ来たからかな?と思っていたので新しい解釈になるほど!と思いました。(エドが現実世界へきたのは罰だから・・・みたいな事行ってたので)何にせよ、少し難しかったのでもう一度観にいきたいなと思っています。感想がとても詳しくて観にいったときの感動がよみがえりました嬉しかったです。
綾野 |  2005.08.04(木) 00:38 | URL |  【編集】

こちらこそはじめまして

>まあ兄弟一緒ならいいかな・・。
そうですよね。
あの兄弟が離れ離れでいるとなんか違和感があるというか…。
二人でいないといつものボケっぷり見れないんでこちらが楽しくないんですよ。

>アル自信が現実世界へ来たから
なるほど、そういう解釈もありですね。
私があのように思ったのは、映画の中で、エドが「等価交換か…」と言ってたからなんですよ。現実世界のアルの亡骸を見て言っていたような気がするので、そういうことなのかなと。

1回観ただけでは、なんだか面白いと言い切れない状態に(自分が)なっていたので、金銭面に余裕があれば私ももう一度観にいきたいなと思ってます。
感想が詳しくなったのはですね、私の癖?というか性格?でしょうか。
他のアニメの感想でもそんな感じですし。
感想は基本的に実況中継なので、これもそうなりやすい要因かもしれません。
では、コメントありがとうございました!
由乃(管理人) |  2005.08.04(木) 18:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/32-70c542ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。