09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

サモンナイト4 プレイ日記2

2006.12.12 (Tue)

フェア(召喚師タイプ)&コーラルでプレイ中。只今2話です。
EDは現時点ではグラッド狙いですが、まだまだ初めの方なので、私の気分次第では変わる可能性があります。

卒論のほうがひと段落着いたので、思っていたよりも早い復活となりました。
まだ担当の先生に論文を見てもらっている段階ですので、完全に終わったわけではないのですが、とりあえず今日と明日は小休止です。
なので、今日からちょっとずつ、ブログの更新とゲームのプレイを再開しようかと思っております。
まずはSN4のプレイ日記、そしてTODのプレイメモを更新する予定。
卒論の提出が完了したら、ゼノサーガEP3のプレイ&プレイ日記も再開してきちんと完結させたいです。

それでは、以下ネタバレがあると思われるプレイ日記です。

More・・・

第2話 この子どこの子、迷子の子? -You Little Dickens-

朝起きたら…ね、寝ぼけた(?)コーラルに噛み付かれたー!
このときの主人公の叫び声を聞きつけて、グラッドが来てくれたけれど、誰も愉快には騒いじゃいないよ(汗)
ついでに竜の子を拾ったなんて話をするものの、「夢の話」と決め付けられて終わり。
まあ、いきなり話して信じてくれるわけはないとは思ったけどさあ…。

野菜を貰いにミントさんの家へ。
彼女に訊いたところによると、竜は雑食なのだとか。
好き嫌いもあるそうで、食に関しては、人間などの雑食動物と変わりないみたいですね。

ミントさんに竜の子を拾ったという話をしたら、どこかの誰かさんとは違って、「夢の話」だなんて決め付けないで話を聞いてくれたよ。
良い人だ~、ミントさん。どこかの帝国軍人とは大違いだ!(笑)

宿屋に帰ったら、朝見たときは人型だったコーラルが竜の姿に戻っていたという。
もしかして、寝ぼけて変身しただけだったとか?

呼び出しがあったとのことでしたが、お屋敷に赴く前に、ちょっと剣の稽古を。
前回のプレイ日記でも言いましたけど、こういうミニゲーム好きなんですよ~。
とりあえず、ノーミスでクリアできるまでやり、Fエイドをゲット…。
もっと良いものをもらえることを期待していたのに、パーフェクトの景品がFエイド…こんなのお店に行けば売ってるじゃん!
そういえば、何回目かのミニゲーム終了の際、「ミスティスフレ」という新しいレシピをひらめいた、とかいう表示が出たのですが、これって総特典が一定に達したからひらめいたんですかね?
今後も、一定の点数に達したら新しいレシピをひらめくのかな。

せっかく新しいレシピを覚えたんだから…とミスティスフレとやらを作ってみようとしたのですが、現時点では材料が足りない様子。
…これは残念。

ちなみに、ガーデンパズルのほうのミニゲームは、今はまだ楽だけどその内難しくなりそうでどうしようかと思ってます(汗)
なんてったって、パズルだし。
頭を使うゲームは結構好きだけど、考えて正解に至るまでが長いのでときどき面倒に感じたりするんですよね。

そろそろ、ブロンクス邸へ行こうかーってことで、リシェルらの親父であるテイラーのもとへ。
話の内容は、思ったとおり、宿屋の収益についてでした。
ぎりぎり赤字にはなっていないけど、もっと利益あげんかーい!とか言われました。
まずは、「ミュランスの星」という本に主人公の宿屋を高く評価させてみろとのこと。
お客さんから星を集めて有名になれば利益が増えるもんねー。

コーラルの行方不明事件の後、ミントさんが竜についての説明をしてくれました。
それによると、竜にはたくさんの系統があるが、大ざっぱに分けると「亜竜」と「至竜」の二つに分けられるのだとか。
「亜竜」は、肉体的に竜の特性を備えており、力や生命力が強く、空を飛べたり炎や冷気を吐いたりする。
そして、「至竜」とは、「亜竜」の特性に加え、高い知能と魔力備えている。年老いた「至竜」は人間より豊富な知識を持つとのこと。
ということは、コーラルは「至竜」のほうに分類されるようです。
…うお、つい今日の朝まで卒論を書いていたためか、文章が論文っぽくなってる?

外で3人組で話していると、いかがわしいヒゲ(リシェル談)のおっさんが出現。
…あの恰好で街中を歩いてきたんだとか思ったら笑いがこみ上げてきてしまったよ。
すごい鎧ですよね、あのトゲトゲのついた鎧。いろんな意味で。
まあ、そんなことはおいといて、いつの間にか他の奴らに周りを囲まれていて、逃げ場なしです。
ってことで、戦闘開始。

VS 黒鎧の兵団
このバトルからブレイブクリアがあるようですね。これがあるからこそ、戦いへのやる気がさらにアップするってもんです。
敵さんたちのほうが高いところにいて、主人公側は低いところにいる。
こちらが不利な場所にいるという状態でのバトルスタートですか。
これまた責め方がものをいうわけですね。
とりあえず、まだまだ皆さん弱っちい(主人公が召喚師タイプなのでなおさら)ので、なるべくダメージを受けないように各個撃破が基本戦術かな。

数ターン経過後、グラッドとミントさんがバトルに途中参加。
いきなり音楽が変わって二人が現れたときは、かなりはしゃぎました(笑)
SN4では、こんなふうにマップが増えたり仲間が駆けつけてきてくれたり、他にも新たなシステムがあるようなので、バトルがより楽しくなるような気がして、これからが楽しみでなりませんよ~。

グラッドとミントさんが来てくれたおかげで、戦死者を出さずに勝利することに成功。
ブレイブクリア、まずは一つ目をクリアですね!
止めはグラッドにさせたのですが、バトル終了の際の槍をくるくる回すところがちょこっとツボにきました。
あの動きはちょっとかっこよかった、うん。

バトル終了後、主人公の父親がおっさんたちの計画を根本からぶち壊した張本人であることが判明。
このレンドラーというおっさん、最後は笑いながら帰っていきました。
サモンナイトの敵らしい行動をどうもありがとう(笑)
卒論が切羽詰って来る前に、SN3をプレイしていたのですが、イスラがよく笑っていたのを思い出しましたよ。
よく笑って、しぶとくて、諦めが悪いのがサモンナイトの敵なんですよねー。
特にラスボスの諦めが最高に悪い。


【2話で選んだ選択肢】
グラッド…「素直にあやまる」
ミント…「事情を話す」
ポムニット…「素直にあやまろう」
グラッド…「力になってもらう」


2話でも夜会話は主人公のモノローグのみ。
どうやら3話から夜会話の相手が選択できるらしいので、さっさと3話を終わらせて夜会話が見たい、聴きたい!
ってことで、3話は次回のプレイ日記にて語らせていただきます。
関連記事

テーマ : サモンナイト全般 - ジャンル : ゲーム

22:50  |  サモンナイト  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/345-6919a249

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。