09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

WA5 プレイ日記11

2007.03.08 (Thu)

今回は、改造実験塔sect:Gと改造実験塔sect:Sのプレイ日記です。

改造実験塔のダンジョンは、結構時間がかかりますねえ。
ちょっと難しめな仕掛けがあったり、苦戦はしないものの、敵もなかなかに強くてバトルが長引くことがよくありましたし。

では、以下ネタバレありです。

More・・・

改造実験塔sect:Mをクリア後、一度ハウムードへ行き、ボランティアに協力。
ゴールドサンを2個寄付し、物資救援はこれにて完了。
募金のほうは…今回の寄付により、残り40000ギャラ…か。


改造実験塔sect:G
FLOOR05にて、2つのスイッチとしばしにらめっこ。
スイッチだけあっても分からんわー!とか思いつつとりあえず2つとも勢いを付けて踏んでみる…と、上のほうで音がした気がしたけれど、ただそれだけ。
なにこれー(泣)と来た道を戻ってみるも、そこに何かがあるわけでもなし。
結局FLOOR05に戻り、2つのスイッチを踏みまくってみる。
と、何かが画面の端っこにちらりと映った。
もう一度2つのスイッチを踏み、上のほうを見てみると…何やら降りてくる台を発見。
ここでようやく、スイッチを踏んだら台が降りてくるということに気づきました(汗)
でも、すばやく交互に踏まないと、乗れる位置まで降りてきてくれないので、なっかなか台に乗れませんでしたよ。

やっと台に乗って上に行き、ゴーストライダーを倒し、チャックがゴーレムハンターの組織を変えていけばいいじゃないかーとか言われて気持ちが傾きかけながら、さらに奥へゴー。

FLOOR13の石版が仕掛け解除のヒントになっているということは簡単に分かっても、どうしたら仕掛けを解除できるのかはそう簡単に分かるはずもなく…。
一応すべての石版を読んで、仕掛け解除に挑戦してみるも、適当に撃って解除はできなかったので(当たり前)先にソル・ニゲル退治へ。
今回のソル・ニゲルは、やたらでかいのが一匹だけ。
普通に倒して、先ほどの仕掛け解除に再チャレンジです。

何度も石版を読みに戻ったり、適当に撃ちまくったりもしましたが、なんとか仕掛けを解除することに成功しました。
な、長かった…やたら時間かかった…(汗)

途中グレムリンを倒しつつ、ファリドゥーンのいる装置の前へ。
まずは3対1のバトルに突入です。ああもう、やっぱりこの音楽好きだー!
WA5のバトルの音楽はどれもかっこよくてときめきますね!
通常のバトルのもそうですけど、中ボスとかソル・ニゲルとのバトルとか、あとペルセフォネとのバトルとかファリドゥーンとのバトルの音楽とか、どれもこれも好きだ!

ファリドゥーンのアルゴリズムタングラムとにらめっこしてから、行動開始。
レイザーシルエットが強力で、攻撃されたらHPが一瞬で0になりました。
5000のダメージなんて、今の彼らに耐えられるわけがない!
一番HPの多いグレッグでも、まだ4500近くしかないというのに…。
そんなわけで、回復役のキャロルがレイザーシルエットで攻撃されないよう、グレッグとチャックを盾にして戦ってみることに。

約2名が何度か戦闘不能になりはしましたが、なんとか勝利。
「ルシルは昔からチャックのことが好きだった」ってことにちょっと驚きつつ、1対1のバトルに突入です。

今回もアルゴリズムタングラムを確認後、行動開始。
地のレイポイントでストーンパレットに耐えながら、イントルードを使ったり、ファイネストアーツが発動したり、アイテムでちまちま回復したりしながら戦い、勝利ー。

これで、TFシステムを2つ停止させたことになりますか。
ハウムードにて貯まったギャラを寄付してから、次のTFシステムへ向かいます。


改造実験塔sect:S
キャロルがあんなにもいろんなことを知っていたのは、教授の足手まといになりたくなかったために、必死に知識を身に付けたから、だったのですね。
てっきり教授といるうちに自然と知識が身に付いたのだと思っていたのですが、こんな背景があったとは…考えてなかったです。

さっきのsect:Gとは違って、こちらは結構さくさく仕掛け解除ができて助かります。
あ、いや、FLOOR14の仕掛けはちょっと手間取ったかな。パズル系は苦手なので。
まあでも、スイッチが2つあったところとか、石版がヒントになってた仕掛けよりも全然マシでしたけど。この2つには、ほんと時間がかかった(汗)

シービシップ2体、やたらとでかいソル・ニゲル3体、ベサメノスをなんとか撃破。
ここは敵を倒すのに時間がかかるなあ。なかなかHPが減ってくれない。
それだけ敵のレベルが上がってるってことなんだろうけど。

酷い発作を起こしている教授の下へ向かうと、TFシステムのことなど関係のない会話をし、連帯責任だーとか言われて戦闘に突入。
なんだろう、この変な展開は(笑)
今までの2つのTFシステムでの戦いとは、明らかに雰囲気が異なります。

変な展開でバトルに突入したとはいえ、教授の攻撃は結構強力なので、用心しながら戦わなくては。
ってことで、ファリドゥーンのときと同様、グレッグとチャックの2人を回復役のキャロルの盾にして、なるべくキャロルがダメージを受けないよう配置。
ぼかすか殴られたり水ぶっかけられたりしながら、なんとか勝利。
止めをさしたのがチャックで、戦闘終了時のセリフが「あのときの借りは返したぜッ!」だったので、そうだよなあ教授のせいで処刑されかけたもんなあとしみじみ思ってしまいましたよ。

続いて1対1のバトルになるわけですが、ここでもまだ変な展開は続くようで…お付き合いをかけて勝負だッ!父を乗り越えてみよッ!って感じでバトルに突入です。

教授相手に防御力のあまり高くないキャロル1人で挑まなければならないのは、かなり不安…なのにいきなり教授がデトネイション化して、殺す気かよ!?とか思いましたよ。
実際はそこまで厳しい攻撃はなかったし、キャロルも攻撃を回避したりライアンズシールドのおかげでダメージ軽減されたりファイネストアーツが発動(2回も)したりしたので、なんとか勝利することができました。

バトルの後の会話は、戦う前とは打って変わって良いイベントでした。
あのままの雰囲気で終わってたら、どうしていいいか分からなかっただろうな、きっと。
ああいう変な感じのも面白くて好きなんだけど、クライマックス間近でいい感じのシリアスな雰囲気になってきてるのに、いきなり笑いのシーンを持ってこられたら、ちょっと拍子抜けっていうか…せっかくの心地よい緊張感がもったいない。
なので、キャロルと教授の良い話で終わってくれたので、一安心でした。


これで、3つのTFシステムを停止させました。残るはあと一つ。
ハウムードで募金して…お、目標額に達したみたい?
お礼にチアフルガールをもらいましたよ。
でもまだハウムードの復興支援は続いているようで、アナスタシアに話しかけてみると…目標額まであと500000ギャラらしいです…。
いつ終われるのかなあ、復興支援…。


残る一つの改造実験塔sect:Fは、次回のプレイ日記にて。
関連記事
00:56  |  ワイルドアームズ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/379-21ecbf2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。