10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

サモンナイト4 プレイ日記7

2007.04.22 (Sun)

主人公はフェア(召喚師タイプ)、竜の子はコーラルです。目指すEDはグラッド。
今回は、第7話のプレイ日記をお送りします。前回から間が空いちゃってますが、まだまだ1周目ですよ。

先にWA5をクリアしてしまいたかったのでしばらく放置してました。
なので、結構久々です、サモンナイト4。
でも、やり始めたら面白くて止まらなくて、間が空いていてもなんのその、プレイしていたら徐々に思い出してきて今はもう普通にプレイしてます。

それでは、以下ネタバレありのプレイ日記です。
間が空いたので、前までと書き方変わってるかも…。

More・・・

第7話 お魚たずねて、秘密基地 -Lacustrine Ambition-

アロエリは、日常パートではああやっていじられるキャラなのかなー、主にリシェルに(笑)
この2人、なんだか結構面白いコンビになりそうな予感。

ギャラリーの傀儡戦争についての説明と、第6話のグラッドとの夜会話から、傀儡戦争の折、アズリアが「紫電」という部隊を率いて戦ったことが分かりました。
紫電かあ…アズリアの特殊能力に紫電という単語の入ったものがあったよなあ。
MPの消費は結構なもんだったけど、威力がそれに見合った大きさだったからかなり使ってた記憶がありますね。
で、話を傀儡戦争に戻しますが、この戦いの際に見えた青い光の柱って、やっぱりSN3の主人公がやったことなのかな…?
だって、あの剣、復活してからは青い光を放ってたし。

リシェルと宿の経営に関する話をしていて、現状維持のほうの選択肢を選んだら、「リシェルのやる気が増して、接客態度に大きく反映された!」との表示が…(笑)
う~ん、もしかして、リシェルってば案外扱いやすいとか?

弟の方はとても分かりやすい子なんですよね~。
グラッドほどではないけれど、気持ちが顔に出てるから、見てると頭なでたくなってくるんだよなあ。
そして、頑張れーって応援したくなる。あと、構ってやりたくなる。
可愛いやつですよ、ほんと…!
そのうち、ルシアンのEDも見て見たいものです。

ブロンクス邸を訪れると、お屋敷の周りを掃除しているらしいポムニットさんの姿が。
それ見て、主人公はポムニットさんがメイドさんであることを再認識したみたいです。
じゃあ、普段は一体メイド以外の何に見えるのか…「リシェルの保護者?」を選択。
さすがに家来はないない。まあ、見えないことも、ない…かもしれないけど(笑)
保護者とはいっても、肝心のリシェルは全然言うこと聞いてくれなくて、毎日毎日大変そうですけどねえ…(汗)
頑張れ、ポムニットさん!

駐在所で召喚獣の失踪事件について聞いた後、中央通りへ行くとユエルに遭遇!
ユーエールーだー!!
お使いに必要な紙を無くしたとかで、探し回っているらしい。
まあ、一度帰ってお使いの内容を聞こうにも、聖王国から来たなら、ちょっと行ってまた戻ってこれる距離じゃないしねえ…。

その後、フリーバトルで召喚獣作成とレベル上げ。
ここでやっと、聖母プラーマが手に入りました。
今回はただでさえ戦闘が厳しくなっているので、この召喚獣なしでは多分勝ち抜いていけない…気がする。
あと、ナガレも作成しました。
ユニット化できる召喚獣の中では、こいつが一番好きです。
頭に皿乗せてて、水辺に住んでいるのに泳げなくて、キュウリで攻撃するナガレ。
うんうん、可愛い奴だ。
キュウリ攻撃でクリティカルを出したのを見たときは、ちょっと感動した(笑)
でも、好きだけどあんまり使ってない…というか基本的にユニット召喚獣は使ってなかったりします。
DFが高く、壁として使えるゴレムはときどき使うんですけど。

他のキャラがフリーバトルで鍛えている間、主人公はあたりで食材探しにいそしんでました。
ミントさんも、一応戦列に並んではいるけれど、彼女の仕事は主に宝箱を開けること、だったりします。
だって、一番LUCが高いんだもん。
だからミントさんが開けたほうが、より多くのサモナイト石が手に入れられる。


さてさてイベントです。
アルバのケガがよくなるようにと、キュリアンという小魚を買いにいったものの、お店のあんちゃんによると、何故だか入荷してこなくなってしまったのだとか。
こうなったら直接ルトマ湖へ!ってことで行ってみると、湖が凍っていました…が、それでも主人公は魚を持って帰る気満々。
と、そこへアプセッととミリネージが出てきて、湖が凍っているのはお前らの仕業かーってことになり、そのまま戦闘に突入ー。

VS 機械人形率いる鋼の軍団
イベントバトルは、近づかなくても敵はわらわらと寄ってくるので、こちらのペースで進軍できないのがつらいところ。
今回は、主人公たちの初期位置のほうが高いということもあり、まだちょっとはマシですが。

とりあえず、召喚師やアロエリがダメージを受けないよう戦士キャラを壁にし、念のためゴレムもユニット化して配置。
ときどきポムニットさんの援護に感謝しつつ、近づいてくる敵を順々に撃破。
とにかく数が多くて、どう対処していいものか迷いましたよ(汗)

キャラに隣接しているマスにいる敵を優先的に倒し、離れたところから遠距離攻撃をしてくるやつにはアロエリの弓矢で攻撃。
雑魚の中でもっとも警戒しなくてはならないドリポットは、召喚術の集中攻撃とルシアンとグラッドの間接攻撃で、ダメージを負うことなくなんとか撃破。
そして、アプセットとミリネージも、召喚術の集中攻撃と間接攻撃とでなんとか撃破。
はあ、誰も死ななくてよかったあ…。
SN4は今までに比べると、ほんとに戦闘の難易度が上がっていて、いつもいつも戦死者を出さずに終われるかドキドキしながら戦ってますよ。


逃げたアプセットとミリネージを追って洞窟内に入って行くと、成り行きで見つけただけなのに、主人公たちが自力で教授たちがここにいることを突き止めたと思われてしまったようで。
敵をこの場に招くことになってしまった原因を作ったミリネージが、このまま見なかったことにして帰ってくれない?と言ってきましたが、「できるわけないでしょ!」ってことでまたも戦闘に突入。

VS ゲック率いる鋼の軍団
今回は、先ほどとは反対で、低い位置からのスタートです。
それに加え、機械兵士だらけだし、銃撃してくるやつもいるしで怖いったらないね!

壁役としてゴレムを召喚し、進軍開始。
炎の壁を出している機械を壊しつつ、極力攻撃を受けないよう、相手との距離を考えて進んでいったのですが、問題はリーダーであるゲックと銃で攻撃してくるローレットとグランバルト。
特にゲックの召喚術は強力で、できれば食らいたくないほどの威力。
なんとか戦死者を出さないようにと頑張ってみましたが、一回目は何人かの戦死者を出してしまい、泣く泣くリセット…。
自力でブレイブクリアはやはり難しいですね(汗)

なので、今回も攻略サイトさんで発見した戦法を試してみることに。
上へ上へとずんずん進んでいく前に、グランバルトを倒し、あわよくばゲックもそこで倒してしまえーというもの。
勝利条件はゲックの撃破ですからね。ゲックさえ倒してしまえばバトル終了なわけです。たとえ周りに敵がわんさか残っていようとも。

私はグランバルトだけ倒し、ゲックはいくらか召喚術を使わせただけで
倒すまでには至らなかったので、ずんずん進軍して、上に行ってから倒しました。
主人公たちが下にいるときに使いすぎたためか、上に行ったときにはゲックのMPは召喚術を使えるほど残っていなかったので、戦死者を出さずに済み、見事ブレイブクリア達成できましたよ!
毎度毎度、某攻略サイトさんには本っ当にお世話になってます…!!


レベル14になったため、ミントさんがクラスチェンジしましたー。
MAT+5のほうを選んだので、クラスは「高位召喚師」に。

そして、グラッドもクラスチェンジ。
威圧を選んだため、「槍撃手」になりました。


戦闘終了後、グランバルトが閉鎖空間で使うべきではない武器を使い、制御装置に大穴を開け、教授に叱られてました。
そしてそのままオーバーヒート…なんておバカで可愛いやつ(笑)

壊れたプラントを残して教授たちは去っていきました。
凍った湖も時期に自然解凍するらしく、何も問題はないようで。
巨大ないけすから必要な分だけ魚をいただいて、宿屋へ帰りましょー。

帰って早速料理を作ってみたものの、お味のほうは「不思議な味」がするらしく、あんあまりおいしいと言えるではないようです…。
漢方か…そりゃ確かに曲者だな。
でも、気持ちのこもった料理が懐かしいといって、アルバは全部平らげてくれたみたいです。
ああ、なんて良い奴…!!
やっぱあれかな、育った環境が良かったからこんな良い奴に育ってくれたのかな。


夜会話は、毎回毎回グラッドを選んできましたが、7話の夜会話はなんていうか、これまでと違って面白かったというかとってもツボにきました!

フェアがグラッドにミントさんが好きなのか、と聞いたのですが、なんの前置きもなくいきなり質問しだしたのでびっくりびっくり。
そしてさらにびっくり、というか面白かったのが、その問いに対するグラッドの返答で、どうやら彼は、ミントさんを好きだということが周りにばれていないと思っているようでした。
無意識にああいう行動に出ちゃってるから本人はまったく気づいていない、ということか。
で、話をしているうちに自分に協力してくれという話になり、怒ったフェアはグラッドに一撃食らわせてどこかへ行ってしまいました、とさ。
あの音は…足でも踏んづけたのかな?

で、その後に表示されたフェアの言葉が「わたしだって、一応は女の子なんだぞ・・・」だったもんだから、グラッドEDを目指す私としては、とても良い夜会話をありがとう!な感じでした。
うん、よかったよかった!ときめいた!
俄然やる気出てきたよ!このまま頑張ってグラッドED目指します!!


【7話で選んだ選択肢】
リシェル…「今の雰囲気を大事にしたい」
ポムニット…「リシェルの保護者?」
地下秘密基地にて…「できるわけないでしょ!」
関連記事

テーマ : サモンナイトシリーズ - ジャンル : ゲーム

22:56  |  サモンナイト  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。