06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

かぼちゃ頭

2005.08.15 (Mon)

最近、語ることがあまりないので、ここ数日に読んだライトノベルの感想でもちょろっと語りたいと思います。
GOSICKs -ゴシックエス・春来たる死神-』、『彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計』、『空ノ鐘の響く惑星で⑦』の3冊です。
どの作品も続き物です。
かなり面白いので、まだ読んだことのない人はぜひ読んでみてください。
まあ、人によって面白いかそうでないかは異なるので、読んだ人が皆面白いと思っているかは分かりませんが。
でも、『彩雲国物語』はどの人も楽しめるないようなのではないかと勝手に思ってます。
私の友人を6人ほどはめましたから。
そのうち1人は自分で買わせるにまで至り、満足な私であります(笑)
では、感想に行きましょうか。
ネタバレはしていないのでご安心ください。話の重要な部分はスルーしてますので。

More・・・

GOSICKs -ゴシックエス・春来たる死神-
今回は短編集という事でしたが、一応どの話も独立したものではなく少しずつ繋がっていたので、短編集ではないともいえますね。
内容は、ヴィクトリカと一弥の出会いやら、アブリルの転校してきたときの話やら、セシル先生とヴィクトリカの出会いなんてのもありましたね。
メインはヴィクトリカと一弥の出会いだと思いますが。

ヴィクトリカも一弥も相変わらずな感じで、やっぱり面白かったです。
この二人のやり取りはほんと好きです。面白いし可愛いし。
二人でいるのも可愛いのですが、ヴィクトリカは単体でも可愛いときた!(何
今回の巻でいえば、雛あられを食べているとことか、負けず嫌いなとことか、チェスト(衣装を入れる箱)の中に隠れてるとことか。
文章だけでも可愛いのですが、挿絵を見ると可愛さ倍増です。
普段があんな話し方であんな態度なだけになおさら可愛いというか。
この作品の中で一番好きなキャラですね。
一弥といるシーンで一番ツボに来たのは、手を洗ってもらっているところ。
おとなしく手を洗われてるとこなんて可愛すぎっ!

他に気になるところは、<仔馬のパズル>の答えでしょうか。
かといって『ファンタジアバトルロイヤル』を買ってまで読もうとは思わないので、おとなしく単行本化されるの待ちます…。
それがいつになるかは分かりませんが。

あとは、一番最後に序章が来ていた事が印象的でした。
プロローグは別にあるのに何故最後に序章が来るのか。
これは読まないと分かんないですね。全部読み終わった後にへえ、と納得しました。

全体的な感想としては、やっぱり面白かった、です。
ヴィクトリカが可愛いだけではなく、話の内容も面白いんです。
富士見ミステリー文庫なので殺人事件やらが起きたりしますが、そんなに小難しい内容ではないのでさくさく読めます。
あと、あとがきも面白かったりもします。友人の話とか、狛犬泥棒の話とか。
私は、本編だけでなくあとがきも楽しんでいます。
未読の方はぜひお試しあれ。


彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計
影月にあんな過去があったとは…。
まあ、過去に何かあるなとは思ってましたが、あそこまで悲惨なものだとは思いませんでしたよ。
あと、最後に出てきた陽月の語ったこと。
えー……。そう、だったんだー…、な感じで。
影月編開幕とあとがきにもありましたが、確かにそんな感じです。
序章と終章だけが妙に暗かったです。

見所は…多すぎて書く気が失せる。見所満載なんです。
その中でも印象に残ったのは、箇条書きで。
・龍蓮の頭
・朝賀での秀麗
・奇人と悠舜(+柴凛)
・上司と部下(工部)
・秀麗vs管尚書
・秀麗と劉輝
・兄と弟
・縁談話
と、こんなもんでしょうか。

とにかく面白かったです。
あえてネタバレはしません。実際に読んで面白さを十分に堪能してください!
あと、『彩雲国』を読んだことのない方は、ぜひ読んでみてください。
面白いです、おかしいです、笑えます。
ファンタジー小説が苦手な人でも多分読めると思います。友人の1人がそうですから。
ってことで、これはおすすめのライトノベルです。


空ノ鐘の響く惑星で⑦
いやあ、相変わらず面白かったです。
読み始めたら止まらなくて徹夜させられました。夜から朝までずっと読んでましたね。
読み進めれば進めるほど、どんどん続きが気になってしまって、睡眠を犠牲にしてまで読みきりました。
前の巻から時間が経っていたので内容を少し忘れているところもあったのですが、読んでいるうちに思い出してきて『空鐘』の世界にどっぷり浸かってました。

リセリナたち来訪者の過去の話があったり、シャジールの民についての謎が深まったり、ライナスティが結構カッコイイ奴だったり、見所満載ですよ。
でも、ものっそい気になるところで終わってしまって、続きが気になってしょうがないです。
ウルクはどうなったんですかー!?と叫んでしまうくらいに。
ああ、次の巻が待ち遠しい…。
この『空鐘』もおすすめライトノベルのうちの一つです。
読んだらはまります。というか、読み始めたら止まりません。
なんだか中毒者のようになってます(私が)。
先に感想を述べた2つの作品に負けず劣らず面白い作品です。
未読の方はぜひお読み下さいませ。


今回のタイトルは『空鐘』の裏表紙に驚いたのでああなりました。
かぼちゃ畑だと思われるところに、ハロウィンのジャックランタンとおぼしきものが。
『空鐘』の7巻を読んでいない人には何のことか分からないけれど、読んだ人なら「あ、これは!」と思うことでしょう。
今でも見るたびに笑いがこみ上げてきます。
あんなの畑に並んでたら怖いよなあ…(笑)

小説の感想も意外と時間がかかりますね。少し疲れました。
でもまあ、夏休みなのでまた気が向いたら読んだ小説の感想を語ろうかと思います。
小説とかいってもライトノベルしか語りませんが。
関連記事

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

22:23  |  小説  |  Trackback(2)  |  Comment(2)

Comment

龍蓮の頭!

由乃姉サンはじめましてv(?)おぎゅです★「彩雲国にハメられた6人のうち、うっかり自分でも買いはじめてしまった」おぎゅですv笑
おぎゅも新刊買いました~(>▽<)vvで、龍蓮について(←龍蓮オンリ?!)語りたくって語りたくって仕方がなかったらなんとブログにキョメントがv!!由乃姉さんは頭に反応したみたいですがおぎゅはヤツの格好良さにやられました…!!(吐血←!)
前まで「奇人がスキv」とか言ってましたが、そしてもちろん今も大スキ☆ですが龍蓮ホレる~vv由乃姉さんは誰がスキですかv?(折角だし聞いとこうとv)
ところでところで☆活字倶楽部の夏号見ましたかv?人気投票、彩雲国ですごいことになってまスv要チェキですよーう★

明日は自動車学校入校とのこと、頑張ってくださいねv
ではでは、もはや誰が書いたのか分からない文体になっちゃってますがおぎゅでしたvあでゅでスv
おぎゅ |  2005.08.16(火) 21:23 | URL |  【編集】

おやおや

ようこそいらっさいました、おぎゅさん。
ここでは初めましてですな。
では早速本題へ。

龍蓮に惚れましたか…なんかかなり美形でしたしね!
ありゃ惚れるわ。
おかしいのはセンスと性格だけで、あとは結構…ねえ?
私はですねー、誰が好きかな…。
なんか皆さんいいキャラしてらっしゃるのでどのキャラも好きなんだよなあ。
…特別に好きなキャラは特にいないかな。
というわけで、皆さん満遍なく好きだと思われます。

活字倶楽部の夏号は見てないなあ。
おハルさんからキャラクター対決の情報は教えてもらったけど。
その内立ち読みでもしようかしら。(買えよ)
では、コメントありがとうございました!
由乃(管理人) |  2005.08.17(水) 01:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/43-1d69f06c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『GOSICKs ―春来たる死神―』 桜庭一樹 富士見ミステリー文庫 【西欧の小国ソヴュール、聖マルグリット学園に東洋からの留学生がやってきた。学園になじめず孤独な一弥はあらぬ殺人容疑をかけられる。そんな彼を救ったのは、図書館塔に引きこもる謎の少女・ヴィクトリ
2005/08/16(火) 16:17:08 | ラノベ365日
『空ノ鐘の響く惑星で 7』 渡瀬草一郎 電撃文庫 【突如、御柱から際限なく現れる謎の兵を相手に苦戦を強いられるフェリオ達。一方、ウルクへの処置が完璧でないと知ったイリスは苛立ちをあらわにする。追い詰められたリセリナは何とかこの状況を打開しようとする。そ.
2005/08/16(火) 16:17:52 | ラノベ365日

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。