03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

サモンナイト4 プレイ日記16

2007.08.19 (Sun)

主人公はフェア(召喚師タイプ)、竜の子はコーラルです。目指すEDはグラッド。
今回は第16話のプレイ日記をお送りします。

16話のイベントバトルはなかなかに大変なものでした。
何度も何度も何度もチャレンジして、やっとこさクリアできた(しかもきちんとブレイブクリア)ときは、とにかく嬉しかったです。
なんかこう、ふつふつと嬉しさがこみ上げてきた感じでしたよ。

勝利をおさめるまでの道のりについても語っているので、今回はいつにも増して長いプレイ日記ができあがった気がいたしますです。
今回の記事の半分近くを、イベントバトルの内容が占めているといっても過言ではないかと…。

それでは、以下ネタバレありとなります。ご注意くださいませー。

More・・・

第16話 そして、狭間に立つ者 -The Xlayer-

前回のラストで町に降り注いだ光の雨、「慈雨の大奇跡」。
それにより黒い雪も消え、倒れていた人たちも、一晩経つ頃にはすっかり元の元気を取り戻しているようです。
よかったよかった!

しかし、奇跡を行使したフェアは身体は回復しても、自分が普通ではないことをはっきりと証明され、ちょっと落ち込み気味?
忙しさに任せて悩みは後回しにしたようですが、そのツケが後でどっと押し寄せてこなければよいですねえ…。

さあて、ミニゲームだミニゲーム。

あ、てきぱきキッチンにルチルとムガムガがいる!
何を頼むかのかと思ったら、特に変わったものは注文されなかったです。
まあ、変わった料理なぞメニューにはなさそうだしね。

さあ次は釣りだ釣りー、といつもどおり竿を振り回していると…
幻の巨大魚が釣れちゃった!!

び、びっくりした!不意打ちだったからかなりびっくりした!
普通に釣りしてたらいきなりなんかでかいものが釣れて思わず「ひいいいー!!」とか叫んじゃったよ!!

何の前置きもなく、心の準備もなしにあんなものが釣れたもんだから、普通に驚きました。
そして、無駄にテンションが上がりました(笑)
巨大すぎて魚を入れる枠内におさまっていないのがおかしくてたまらなかった!(後で思うとそうおかしくはないんだけどね、テンション上がってて私自身がおかしかったからね)

大物を釣った証拠に魚拓をとり、それを店に飾ったところ、なぜか店の評判が上がったらしい…なーぜーにー?
大物を釣り上げたんだよ!ここの店主はすごいんだ!みたいな?

それにしても、とんでもなく大きな魚の魚拓なんて、どうやってとったんだろう…。
誰かに手伝ってもらったりしたのかな?
リシェルやルシアンやコーラルあたりは喜んで手を貸しそうだけど。
あー…楽しそうな光景が目に浮かぶようだわ。

さらに言うと、セイロンは扇子で自分を仰ぎつつ愉快に笑ってそうで、アロエリは大物を釣り上げたことを素直にほめてくれそうで、リビエルは大きさに驚きつつフェアの腕前に感心していそう…。
もうね、ストーリーに直接関係の無い彼らの言動などを想像するのが楽しくてたまりませんよ!なんなんだこの楽しさ!(笑)


お次は会話イベント。

リビエルとルシアンの会話にちょっぴりほんわかしてみたり、リシェルのポムニットさんについての会話にほろりときたり、グラッドやミントさんとも話をしたり。
今回は15話で起こったことに関する会話ばかりでしたね。

唯一15話に関する内容ではなかったのが、グルメじいさんとの会話。
老舗の料理店やミュランスの星と関わっていた頃のこととか、この町に来た理由だとかを語ってくれました。
最後にフェアに帝都に来て修行してみないかと誘ってみたものの、主人公は現在それどころではないので、残念だけだけどもお断りさせていただき、レシピだけをもらってお別れ、となりました。

番外編イベントもこの先なさそうだし、仲間との会話もストーリーに絡むことばかりだし、グルメじいさんもいなくなるし…どうやら、話の本筋に関係の無いイベントなどは今回で終わりとみていいのかもしれないですね。
そろそろ物語も佳境ってことなのかな。


フリーバトルでグラッドを電光の神槍にクラスチェンジさせた後、忘月の泉へ。

前回、泉に現れた母親に呼びかけてみるも、返答はなし。
なんで黙っているのかとわめいているところへ…ギアンが登場。

何用だてめえという感じで出迎えると、フェアについていろいろ調べたなどと言い、フェアが知らなさそうなことを話し始めましたよ。
泉にある切り株が実はラウスの命樹であるとか、フェアの腕輪はそのラウスで作られたものだとか、フェアの母親は泉の向こうの異空間に閉じ込められたまま暮らしているだとか。

切り株が切られたために閉じ込められてしまったということなので、フェアの父親が暴れまわったのはそれが原因ってわけか。
事情を知らない人からしてみれば、ただの暴動にしか映らなかったでしょうけど。

フェアが響界種だということを再認識させた上で、こちら側にこないかと、ギアンは誘いをかけてきました。
自分やエニシアと同じだからと、人間たちといても不幸になるだけだからこっちにこないかと。
フェアが自分と同じだと分かった途端態度が激変しました、この人。
あのいちいちつっかかってくるような口調はどこへやら、どこか優しさがこめられたような気さえする話し方でしたよ。

こちらにこないかと誘われて、フェアが結論を口にする前に、アロエリが乱入。
と思ったらぞくぞくと仲間がやってきました(笑)
フェアを心配してやってきたのでしょう。
ただ今回に関しては、特に心配するような事態にはならなかったわけですけど。

一人部屋に戻り、不安に押しつぶされそうになっているところへコーラルが。
「不安から逃げずに戦え」と言われました。
自分が教えたことを返されて、なんだか少し浮上してきたっぽいフェア。
「あの人のところへ…」とか言うものだから、ああこれはもしや!と思ったら大当たり。
各マップに仲間たちが出現しておりましたよ。
誰か一人を選んで話してこいと、そういう展開なわけですね…!

さーてさて、これは一応全員分見ておかなければ損だろうと思いまして、11人それぞれとの会話を全て見てみました。
ここで選ぶのはもちろんグラッドだと決まっているわけですが、やっぱ他のキャラだとどんな内容になるのか気になるじゃないですか!
そんなわけで、印象に残ったものだけを以下に。


セイロン
フェアが響界種だと、初めから知っていたそうです。
あの父親から話をきいていたとのこと。

あと、親父殿がなぜに先代の守護竜のもとを訪れたかも話してくれました。
なんでも、至竜の生き血を求めてのことだったようです。
至竜の血は幽角獣の角と同様、万病に効く秘薬になるらしく、主人公の妹のエリカために血を分けてもらいに行ったそうで。

というか、エリカの病気ってのは響界種の力によるものだったんですね。
フェアが響界種なんだから、双子の妹である彼女ももちろん響界種なんですよね、そういえば。
でも、響界種の力に苦しんでいたのはエリカだけで、フェアはなんともなかった…ということなんでしょうか?
苦しんでいたら一人きりでおいていくなんてことはしないでしょうから、エリカだけが響界種の力に苦しめられることになってしまった、と
そういうことでよいですか?

で、エリカのために生き血をわけてもらう対価として、先代の守護竜の望みを叶えてくれたそうです。
なるほどねー。話を聞いてるとなんだか豪快な人だから、何の理由もなしに望みを叶えてあげたのかと思いきや、そういう事だったのか。
でも、まだ戻ってこないってことは、至竜の血は響界種の力をおさえることはできなかったということなのかな?
今頃どこを放浪しているのか、あの親父殿は…。

こういったことだけを話して終わりかと思えばそうではなく。
最後にちょっと…いい感じになってました。
抱きしめられたと思しき近さとか、命をかけても守るとか言われたりとか…なかなかに楽しませてもらいました!
セイロンもいいねえ。いつかセイロンEDも目指してみよう。


ミント
ミントさんが初めてこの町にやってきて、今住んでいる家、当時空き家だった家の扉を開けた途端、泥団子を顔面に受けたそうです。
ぶつけた犯人はフェアたち。
空き家だったそこは、彼女らの遊び場で、その遊び場を奪われたくないがために追い返そうとしてやったことなのだそうですが、ぶつけられた本人は怒るどころか笑ったのだとか。
そうだよね、ミントさんだもんね。
怒るより先にびっくりして、状況を理解したらなんだかおかしくなって笑っちゃったってとこかな。

そのことがきっかけで仲良くなって、今のような間柄になった、と。
荷物整理を手伝ったり、畑を作るのを手伝ったり、友達になってあげる!とか言われたり…いろいろと想像するとこれまた頭の中が楽しいことになってきました(笑)


シンゲン
お、お嫁!お嫁って言った!!
お嫁に貰うならって…って…ってえええええ!!
「冗談で済ますのも駆け引きのひとつなんですがね・・・」とか本気だよ、この御仁!
ご、ごめん悪いけど言っていいかな…?
どう考えてもこれは、ロ、ロリコ(強制終了!

とかなんとか思いつつも、いつかED狙ってみるのもいいかなと思ってみたり…えへ。
いやあ、セイロンとのイベントもそうでしたが、シンゲンのもなかなか良い内容ですね!いろいろと妄想が膨らみます(笑)


グラッド
本命なので最後に持ってきました。
実際はどのキャラよりも前に、一番初めに見たんですけどね~。

感想は一言。
グラッドが良い兄ちゃんだった!
ほんと良い兄ちゃんだったよ。
あと、「私とお兄ちゃんの仲でしょ?」「お前と俺の仲だろ?」というセリフを見て、なんて良いコンビなんだろう…とか思いました(笑)
これからもずっと仲良しさんでいてください!


特定のキャラとのイベントを終えたら、みんなに話をする場面があるのかと思っていたらそうではなく、もうギアンとのイベントに突入でした。
その辺は想像力でカバーしてくださいってことかな。
よし、任せとけ!(笑)

ギアンの側には行かずに、自分は今の場所で、人間と他の世界の者たちとの間でみんながわかりあえる手助けをしていく。
それを誘ってきた本人に伝えると、敵対する者は許しはしないと言い最後の最後の誘いまで断ると、「ならば死ねい!裏切り者めが!」と言われてバトルに突入。

味方にならなかったから逆ギレされちゃった!
裏切ってもいないのに裏切り者呼ばわりされちゃったし。
おうおう、そのひん曲がった根性叩き直してやらあ!


VS ギアン率いる無色の強化兵士
今回のギアンは毎ターンHPとMPを回復してくるので、戦いが長引くほどこちらの勝ちは遠のいていきます…。
かといって、即効でギアンに突入して勝てるほど、他の敵たちも甘くはない。
暗殺者とか鬼憑き兵とか魔獣化兵とかがいっぱい☆
…なんだこれ、とても勝てる気がしねえ(汗)

などと嘆いても、勝たなければこの先に進むことができないので、なんとかして勝たなければなりません。
とりあえず、バトルスタートです。

参加メンバーは、フェア、コーラル(人型)、リシェル、グラッド、リビエル、セイロン、アロエリ、アカネ。
サポートにはミントさん。

何人もの敵に囲まれ身動きできない、という事態は避けたいので、戦力を2つに分断し、各々寄ってくる敵を迎え撃つことに。
その場はなんとか凌ぎきり、続いてギアンの前あたりにいる群れを片付けるべく進軍。
ぞろぞろとこちらに寄ってくる敵。
ある程度近寄られて進軍できなくなった位置で、敵と交線。
ゴレムも召喚して壁を増やしながら戦いましたが、場所が悪かったのか、こちらの戦法が悪かったのか、とても勝てる状況ではなくなってしまったので、最初からやり直すことにしました。
まだ一人も戦死者はいなかったけれど、私の頭では、あの状況を打開する方法を思いつけなかったです(汗)


そんなわけで2回目。
今度は二手には分かれず、あまり固まらないようにして迎え撃つことに。
武器の持ちかえを行い敵がこちらにとって都合の良いマスに移動するよう仕向け、次のターンで武器を持ち替えてぐさりと攻撃したりしつつ、1回目よりは時間をかけずに突破することに成功。

次はどのように進むか、しばし悩む。
とりあえず、湖の手前で次の群れを撃つことに決めました。
とある位置まで近づくと、一斉に動き出す敵たち…怖い怖い(汗)

遠くにいる敵がこちらまで来る前に、近くの敵をいっそうするべく行動開始。
いつやって来たのやら、ポムニットさんとも戦いつつ、敵の召喚術にも耐えていたところ、セイロンが戦死…。

ブレイブクリアを狙っているので、戦死者は出せない!
ので、3回目に挑みます。


アカネに代わり、アルバを入れて戦闘開始。
初めに寄って来る敵は先ほどと2回目と同じように迎撃。
その後、コーラルを竜型に。あと、ゴレム、イヌマル、ミョージンを召喚して、内2体にはおとり役を務めてもらうことに。

ミョージンにはギアンの前辺りにいる3体の敵を、イヌマルには湖の上にある段差にいる敵をひきつけてもらいます。
ゴレムはみんなと一緒に移動して、召喚師たちの盾になってもらいます。

ミョージン、イヌマルともに予定位置に到着したところで、行動開始。
先ほどよりは湖から離れて敵を迎え撃ちます。
寄って来る敵への対処を考えつつ、おとりの召喚獣を見てみると、ミョージンは見事に敵をひきつけることに成功。
一方イヌマルのほうはというと、敵に気づいてもらえなかったようで、1体だけぽつんと、そこにおりました…。

しかし、ミョージンのおとり作戦も、フェアたちが前に出すぎたためか、途中で失敗。
3体の敵のうち1体が、こちらに接近してきてしまいました(汗)
その後、アルバがマヒ状態にされ連続で攻撃され、戦死。


くそう…4回目、いってみようかあ!!
初めの敵を迎え撃つところまでは前回と同じ。
おとり役を、ミョージンとイヌマルとハミトンにし、ハミトンにはイヌマルと共にどうにかしておとり役になってもらいます。
ミョージンは先ほどと同じく一人でおとり役です。

爆弾キノコを破壊したことにより、今度は1体だけでしたが引き付けることに成功。
ミョージンのほうも、前回よりは手前になりましたが、引き付けに成功。
が、しかし、湖の手前で交戦していたフェアたちが敵の召喚術を連続で受け、結果、コーラル(人型)とアルバが戦死…。


5回目に突入ですか…こんなに勝てないのは初めてですよ、ええ。

おとり役を配置するところまでは今までと同じ。
違うのはここからです。
今までは湖の手前で敵を迎撃していましたが、今回は湖の横、段差のちょうど向かい側にユニットを配置。イヌマルはおとり役は諦めてみんなの補助に回すことに。

配置が完了したら移動力があって、遠距離攻撃のできるアロエリを前に出し、段の一段目にいる暗殺者にぶすっと一発。
すると敵が寄って来る寄って来る。
囲まれては敵わないので、一旦仲間たちのところへとアロエリを戻し、迎撃体制に突入。

召喚術や直接攻撃や間接攻撃やらが入り乱れての戦いでした。
リビエルやアロエリやセイロンの回復召喚術を使いつつ、なんとか一人も戦死者を出すことなく、第2関門を突破!
やっと…やっと、この先へ進める…!

ミョージンで引き付けておいた敵も、ミョージンを送還したことによりこちらに接近していたため、ギアンのもとへ向かう途中に撃破撃破撃破!

さーて、問題はここからだよ!
どう動くべきか悩んだ結果、ある程度近づいてギアンらがこちらに寄ってきたところへ攻撃を仕掛け、暗殺者たちをどうにか避けてなんとかギアンを取り囲んでみよう作戦に決定。
が、暗殺者たちもそう簡単に倒せる相手ではないし、かといって避けて行こうと思っても、ZOCのせいでそれ以上奥へ通してくれない。

どうしたものかと、うーうー呻いているうちにギアンのどでかーい召喚術をくらうわ、その上暗殺者たちの攻撃を受けてアルバが瀕死状態になるわ、回復召喚術を使おうとしたらギアンに送還されるわで余計にピンチに追い込まれていきました…(汗)

それでも、途中まではなんとか抗っていたのですが、ギアン以外の敵が邪魔すぎて取り囲もうにも取り囲めず、結局勝ち目なしと諦めて、リセット…。
くうっ!せっかく2時間もかけてここまで来たのにい~!

やっとギアンのもとまでたどり着けたけど、周りの敵をどうにかしないと近づいて攻撃することもできませんね…(汗)
今度はそれについての対処もきちんと考えねば。


6回目。
コーラルに代わり、アカネを投入。
最初の敵を全て倒し、おとり役のミョージンも配置し…かと思っていたら敵に近づけるのを忘れていておとり失敗!
フェアたちもほうも、敵との交戦中にまたもやアルバが戦死。
…なんか、アルバばっかり戦死してるよ(汗)


7回目。
アカネをメンバーに入れたまま、戦闘開始。
初めに寄って来る敵、湖の横で迎撃するところまではまったく同じ。
あ、イヌマルは特に何もさせなかったので、召喚せず、おとり役のミョージンと、盾役のゴレムのみを召喚しました。

ミョージンで引き付けておいた敵を撃破し、問題のギアンたちのもとへ。
5回目で暗殺者たちに邪魔されてギアンを取り囲めなかったため、今度は二手に分かれて近づくことに。
一方は暗殺者たちを引き付け、一方はギアンを取り囲むために進行させます。

まずはアロエリで湖に一番近い敵を攻撃し、こちらに引き寄せる。
すると、他の暗殺者たち(もちろんギアンも近づいてきたので、その攻撃になんとか耐え、次にこちらのターンになったら散らばって逃げる。
次に敵のターンになると、それぞれ3体の敵はバラバラに分かれ、こちらの散らばったユニットを追っていったので、これを好機と見て、そのうち1体、ギアン討伐隊(ギアンを取り囲む予定のユニットたちのこと)に近い鬼憑き兵を撃破。
これで邪魔者が一人減った!

残り2体の邪魔者は、アロエリの弓攻撃とDFの弱いユニットで引き寄せ(というかDFの弱いユニットのほうへ勝手に近づいてきた)、討伐隊をギアンの近くへ進行させる。
さあこれで取り囲めるかなーと思っていたら、ギアンはきのこの上に乗ってしまいました…。
ちょっと高い位置にいるからっていい気になるなー!とか思いつつもこれで倒せるのか、取り囲めるのかを慎重に確かめ、どうにか取り囲めることが判明したので、ドキドキしながら1体ずつ攻撃を、必殺技を叩き込んでいきました。

段差のせいでどれだけのダメージを与えられるか、不安だったのですが、だいたい一つの必殺技につき、100前後のダメージを与えることができたので、なんとか1ターン以内で倒すことができましたよ!
セイロンの奥義・吼龍連舞撃、アルバのブレイブアタック、グラッドの我流・紫電槍、アカネの忍法・残影針でどうにかギアンを撃破です!

やっとやっとやっとやっと倒せたー!!!
ここまでの道のりは長い道のりでした(泣)
あんまりにも長かったので、やっとギアンを倒せるかと思えたあたりでちょっと震えが…(笑)無駄にドキドキしてしまいました。
諦めずに頑張ってよかったです、ほんと。

でもまあ、まだバトルが終わったわけではありません。
残った2体をを倒さねば。

ギアンがいなくなり、召喚術も普通に使えるので、まずは回復。
それから間接攻撃などを使って難なく2体とも撃破です。

ようやくですよ。7回目にしてようやくブレイブクリア達成です!
ほんっとに長い道のりでした。

レベルアップ時に、ミントを翡翠の賢者に、リビエルを光輝なる聖天使に、アルバを未来の勇者にクラスチェンジさせ、終了ー。


戦闘終了後、フェアとギアンが言い合っている一方で、リシェルとポムニットさんほうはどうやら一件落着したようです。
か、帰ってきたよ…ポムニットさんが帰ってきたよおおお!!
もうどこにも行かないでくださいねー!(泣)

ギアンが主人公に「夢想家だな!」と言って去った直後、遠くのほうで爆発音が。
農園の亜人たちが暴れているようです。
さあ大変だ!となったところで16話は終了。この件についてはまた次回ってことですね。


【16話で選んだ選択肢】
ギアン…「そうかもしれない」
関連記事
23:59  |  サモンナイト  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。