04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ハチクロでもやもや

2008.01.08 (Tue)

漫画のアニメ化やドラマ化にはあまり期待をしないことにしています。
だって、たいてい面白くない。
期待すればするほど、期待を裏切られたときのショックは大きくなって、「こんなの原作と違う~!」ととてももやもやした気持ちになる。
だから、期待しない。

でも、中には原作と同じくらい楽しめるものや、原作よりも面白いと思えるものも確かにあるんですよね。
個人的には、「桜蘭高校ホスト部」とか「ARIA」とか「蟲師」とか「おおきく振りかぶって」とかがそうなのだけど。

今日はじまったばかりの、さっき第1回の放送が終わったばかりの「ハチミツとクローバー」はどうかなーと思って視聴していたのですが、なんだか若干もやもやして違和感を感じてしまう内容でした。
原作の漫画は大好きで、アニメも結構好きで、ドラマにもいつもはしないような期待を少ーしだけしてしまったので、余計にもやもやしてます。
第1回を見終わって少し時間が経ったのにまだもやもやしてます。
もやもや。もやもや。

漫画の1~3巻を貸してしまっていて手元にないので、初めのほうの内容を確認できないのですが、ストーリーからして原作とは違うような気がしてのですが…。
山岳部のカレーだとか、みんなでピザを焼くだとか、ありましたっけ?
まあ、あってもなくてもいいんですけどね。原作とストーリーが違っても、楽しめればそれいいじゃないかと、最近は思うようになったので。
大事なのは役者さん。
キャラのイメージに合ってそうな方もいれば、うーん…と首を傾げたくなるような方もいました。

まず、はぐ。
私は映画は見ていないんですけど、はぐは蒼井優のイメージがあるんですよね。
映画のCMを見たときにはぐに合うなーと思った気がします。
なので、ドラマのはぐの人がダメってわけではないけれど、なんだかちょっと違和感を感じました。
視聴を続けていれば慣れていけそうだけど。

次に、森田さん。
初めて見たときから、合いそうにないなーとほんとにずっと思ってたら…案の定、やっぱり合わなかったです。
あれはハチクロの森田さんではない。別の森田さんだ!(別のってなんだ
そう言い切れるくらい、合わなかったです。
個人的には、ハチクロドラマの中で一番違和感を感じたキャラです。
あれは森田さんじゃない。違う違う。
アニメではうえだゆうじさん最高ー!ってくらい合ってたのに。

お次は、花本先生。
先生はヒゲないよ?あんなにワイルドちっく(?)じゃないよ?
あれは先生じゃない。あーもやもやする。もやもやする。

そして、理花さん。
あの儚げな印象が、ドラマではまったく感じられないですね。
儚げというよりむしろ逞しい感じがする。
今にも消えてしまいそうな危うさがないんだよなあ。理花さんなのに。

あと、ローマイヤ先輩。
あの方は関西弁じゃないのよ!

以上、個人的に合わないなーと思った方々でしたー。
真山と山田さんは合ってるんじゃないかなーと思ったんですけど、どうですかね。
もうちょっと欲を言えば、山田さんはあともう少し身長が高いとよかったかなあと思ったりもしましたが。そんなのは些細なこと。ちょっと気になる程度。


そんなわけで、個人的な総合評価は、うーん…なんだか微妙?
「花ざかりの君たちへ」のドラマよりはだいぶマシですけど、ストーリーもあんまり面白くなかったし(原作と違ったからというわけではないです)、キャラもイメージに合わない人のほうが多かったですし。
原作を知らない方ならば、面白いと思った方もいるかもしれませんが、原作が大好きな私としては、正直受け入れにくいドラマになってしまいました。
あー、もったいないなあ。
原作のあの雰囲気はアニメ化するのが限界ってことなのかなあ。

そのうち切ることになりそうな気もしますが、もう少しだけ視聴を続けてみることにします。
あと、映画版のほうが若干気になるので、DVDをレンタルしてこようかなーと思ってます。
蒼井優なはぐが見てみたい。
関連記事

テーマ : ハチミツとクローバー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:38  |  雑記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。