06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

天元突破グレンラガン DVD第8巻

2008.07.28 (Mon)

天元突破グレンラガン 8天元突破グレンラガン 8
(2008/02/27)
柿原徹也.小西克幸

商品詳細を見る

買ったはいいものの、一度も見ることなく収納BOXの中で眠ってました…。
オーディオコメンタリーも見たいし、いつか見よう見ようとは思ってたんですけど、なかなかね…。
本放送で一度見たから、他の録画したものとか借りてきたDVDとかを先に見たり、ゲームしたり本読んだりしてたらあっという間に発売から半年近くも経ってしまいました。

でも、この前友人に貸したし(私見てないけど先に見ていいよ!てか見てハマれとばかりに貸した)、劇場版の公開も少しずつ近づいてきてるし、そろそろ見ないわけにはいかないだろうと思ってDVDレコーダーにディスクをセーット!!
ようやくDVDの第8巻を見ることが出来ました。
久々に見たグレンラガンは…熱い熱い!とにかく熱い!!
すごいよかったです。やたらとテンション上がりました。

では、以下感想です。

More・・・

第21話 「あなたは生き残るべき人だ」
待ってましたのヨーコの登場です!
政府は合わないからとどこかへ行ってしまったヨーコでしたが、ここぞという場面での登場。
20話のラストはテンション上がりましたね~。

シモンたちが政府の仕事に追われているとき、ヨーコはなんと先生をしていました。
小さな学校で、地上で生まれた最初の子どもたちを見守ること。
それがヨーコが見つけた、自分がやりたいことだったのかもしれないですね。

名前をヨマコにしたのは、やっぱりヨーコのままだとあのヨーコだとわかってしまうから?
教科書に載るくらい有名な出来事のようでしたし、人間を地下から解放したシモンたちは今の人々にとっては英雄のような存在ですしね。
騒がれるのを避けたかったというのが理由なのかな?

戦っていたときのヨーコもかっこよかったですが、ヨマコ先生なヨーコも良いですね。
チョーク投げとか、スカートを裂いて木を登るとか、相変わらずかっこいいな!
こんな先生いいなーと思ったのは私だけではないはず。

ガンメンと戦っているヨーコもといヨマコ先生は最高にかっこよかったです!
着替えるところとか(あんなところに戦闘用装備一式が…!)、ガンメンの上から銃をぶっ放すところとか、マオシャを助けた後の背中とか、銃を連続でガンメンに打ち込みつつ進むところとか、爆発を背中に「赤点ね」と言うところとか…もうほんとかっこいい!
グレンラガンにはやっぱりヨーコも出てこないと物足りないね!
いやあ、ほんとテンション上がったな~。

ヨーコが戻ってシモンが刑務所から出て、「野郎ども、今からあのでかい天井ぶっ飛ばすぜー!」と気合を入れていざ宇宙へ!
そして、宇宙に出た者たちがもうダメだと思った瞬間に現れた!
どんなピンチに陥っても、あがいてあがいて土壇場で逆転してきた彼らは決して諦めない。


人と獣の2つの道が 捻って交わる螺旋道!

昨日の敵で運命を砕く 明日の道をこの手で掴む!

宿命合体!グレンラガン!!

俺を誰だと思ってやがる!!!


熱い熱い!めちゃくちゃ熱い!
シモンとヴィラルの口上がすごくいい!すごく燃える!
ラストにこれがきたもんだから、本放送を見てたときは「この燃えを一体どうしろと?」と思ったに違いない(笑)
DVDだとすぐに続きが見られるので、燃え上がったまま次の話へ突入できるんですけどね。


第22話 「それが僕の最後の義務だ」
始まってすぐ、21話にもあったシモンとヴィラルの口上があって、初っ端からテンション急上昇!
21話を見たばかりで口上もさっきと同じものなのにそれでも燃える!
思わず一緒になって叫んじゃうほど燃えた!!
続いて現れて、戦いの中に突っ込んでいくヨーコやキタンたちもまたかっこよくて、さらにテンションが上がる上がる!!

そして、22話で最高に燃えたのはグレンラガンとアークグレンとの合体。
そんなものとまで合体しちゃうの!?と思ったものの、シモンとヴィラルの口上にテンション上がっちゃってどうでもよくなった(笑)
ほら、無理を通して道理を蹴っ飛ばせって言うし!
それに、アークグレンが大型ガンメンだっていうなら、ラガンと合体しているグレンラガンと合体しちゃっても、まあ別に不思議はないしね。


ギガドリル、スピンオン!


因果も運命も突破して

生命の叫びが銀河に響く!

怒涛合体!アークグレンラガン!!


もうどうしようもないくらい熱い!
合体も口上も何もかもが熱すぎる!!
この燃え上がりは半端じゃないですよ。まだAパートなのに…このとんでもない燃えは何!!
合体した後の必殺技もこれまた熱くて、燃えに燃えたAパートでした。
アークグレンラガンのコックピットにグレンラガンが座ったのを見たときは、思わず笑ってしまいましたけどね!
だって、合体してまさかあんなところにいるなんて思わない…(笑)

それにしても、ガンメンが宇宙で戦うことになるなんて、初めは思ってもみなかったなー。
初めは地下VS地上って感じだったから、宇宙なんて遠い世界の話だったし。
それが今となっては宇宙にこそ真の敵あり!で、地球を背にして戦っている。
宇宙での戦いに少し違和感を覚えたりもしましたが、そんなもの、ものの数秒で吹っ飛びました。
彼らがいつもの調子で戦っているところをみたら、違和感なんて吹っ飛んだ!
あのノリ、あの熱さ。これぞグレン団…!
どこで戦うことになろうとも、グレン団は相変わらず熱くてかっこいい奴らですね!!

Bパートでは、シモンとニアのやり取りがメインですかね。
月(というかカテドラル・テラ)の落下を阻止するために月の中枢に向かうと、そこにいたのはニア。

過去は虚構だと告げるニアがシモンからの指輪をはずさずにいたのは過去を捨て去らないという彼女の意思。
肝心なときにニアがシモンの前に現れたのは、助けを求めていたから。

今まで、黒ニアはアンチスパイラルのメッセンジャーとして現れていたとばかり思っていましたが、そう言われるとそう思えないこともないですね。
個人的にはそのほうが嬉しい。希望の光が見える。

消える直前、ほわほわしたあのニアに戻ったのを見たときは、なんだかちょっと安心しちゃいました。
黒ニアになっても、ニアとしての根本は揺らいでないんだなと思えたので。


第23話 「行くぞ 最後の戦いだ」
前回で月が落ちてくることが回避され、一つの区切りがついたので、今回からは第4部ですね。
タイトルもロシウからシモンにバトンタッチです。

作戦会議中のグレン団が分かりやすくて面白い。
リーロンが難しい話をしてる間の彼らといったら、ぽけーっとしてるか寝てるかのどっちかで絶対話聞いてない(笑)
Bパートのロージェノムの説明でも似たような反応で、説明が一区切りつくと一同が揃ってリーロンやロシウのほうを見るのが面白くてたまらない!

理論的なことはリーロンやロシウの役目で、力を行使したり気合でなんとかするのは彼ら以外のグレン団の役目、なんですよね。
役割がきっちり分かれていてほんとに面白いったら…!

今回のメインは、ロシウですかね、やはり。
人類殲滅システムが発動して、自分なりに人々を助けようと動いてきたロシウ。
頭をフル回転して、そして見つけた道は誰かを犠牲にしなければならない道。
少しでも多くの人類を救うためにその道を選んだけど、宇宙に出た途端絶対的な絶望を目の当たりにし、自分のしてきたことは何だったのかと、そう思ってしまったんですよね。
誰かを犠牲にしてまで宇宙に逃げてきたのに、こうまでしても誰も救えないのか、と。

そこへ現れた希望はシモンたち。
ムガンたちと戦い、結果的に月の落下も阻止されました。
だから余計に自分のしてきたことはなんだったのかと、思ったことでしょう。

でも、やり方は違えど、ロシウなりにできることをやってきたことには変わりない。
だけど自分が許せない。
その結果がアダイ村でのあの行動。

そこへ殴りこみ(違う/笑)にやってきたのはシモン!
間違ったなら誰かにぶん殴られればいい。自分で自分を罰する必要なんてない。

間違ってぶん殴られて、あがいてあがいて答えを見つけて、そしてまた明日に向かって進んでいく。
それでいいじゃないか。人なんてそういうもんだ。

…とまあ、シモンが言いたいことはこんな感じでよいですか?
俺たちがいるんだから、間違ったらまたぶん殴ってやるから、自分で自分をどうにかしようなんて思うな、ということですよね。さらに簡単に言っちゃうと。

ロシウが戻って、とうとうグレン団は最終決戦へ向かいます。
一部のメンバーは衣装も新しくなりました…が、初めて見たときは、なんだろうこの宇宙を意識した衣装は;とか思ってました。
今では見慣れたせいか、これがしっくりくるというのだから、慣れって怖いよね(笑)


オーディオコメンタリー
・キャスト
相変わらず本編に関係のない話のオンパレード(笑)
いや、面白いから全然構わないんですけどね!
これはもうオーディオコメンタリーというより、ラジオCDに近い。
実際にそう言われても違和感ないんじゃないですかね?

・スタッフ
こちらは主に、制作現場でのあれやこれやな話でした。
キャストのコメンタリーとはテンションが違うんですけど、やっぱり別の面白さがありますね。

マッケンがカールのおじさんになっているのを、スタッフのオーディオコメンタリーを見て初めて知りました!
何度も見ているはずなのに気づかなかった…!


DVDも次の9巻で最後ですね。
8巻見てないのに見れるか!と9巻も放置だったので、さくさくと見てしまいたいと思います。
関連記事
19:22  |  天元突破グレンラガン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

また来ちゃいました

すごい! 一気に3話まとめるなんて。私なんて一話で息切れしてしまうのに(笑)シンプルで綺麗にまとまってますね。

ヨマコ先生、良かったですよね。ヨーコっていまいち好きじゃなかったんだけど、これで一気に好きになりました。口上はホント、カッコいい! いつも鳥肌ものですよね。

どこかで「グレンラガンの大きさを検証する」という動画があったんですが、それによるとアークグレンラガンの段階でかなり凄い大きさでした。ガイナックスのスケールはいつも想定の範囲外なんですよね(笑)

マッケンのカールおじさん? 気付かなかった…。8巻はレンタルでもう返しちゃったから見れない(涙)
KATORU |  2008.07.28(月) 21:34 | URL |  【編集】

>KATORU
またまたいらっしゃいませ~♪

テレビ放映時に書くなら1話ずつなんですけど、DVDの感想なので収録された話数を全部書かなきゃなーやっぱり、と思いまして。
その分時間はかかっちゃいますけどね!

口上は、ほんと鳥肌ものです!
セリフと作画と音楽と声優さんの演技のすべてが合わさって化学反応を起こして、とんでもなく素晴らしいものになってるんですよね~。すごいな~。

アークグレンラガンは、確かに相当の大きさだろうなとは思います。
でも、カテドラル・テラとか超銀河グレンラガンとか天元突破グレンラガンとか、さらに大きいんですよね…。もう天元突破までいっちゃうと、スケールが大きすぎてなにがなんだか(笑)

カールのおじさん、気づかないですよねー;
グレンラガンのスタッフさんは細かいところまで面白いことをやってくれるんだから、もう…!
由乃(管理人) |  2008.07.30(水) 23:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/531-a6956196

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。