03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テイルズ オブ ヴェスぺリア プレイ日記3

2008.08.13 (Wed)

今回は、アスピオからエフミドの丘に向かうところまで。

戦闘中のユーリをちょっと観察してみたのですが、見れば見るほど愛しくなってきましたどうにかしてください(笑)
左利き(少なくとも剣は左で持ってる)だとか、防御の仕方とか、通常攻撃の最後に持ってた剣をくるっと放してまた持ち直すとか、吹っ飛ばされて受身をとったときに片手を地につけてるとか、オーバーリミッツ発動時とか。
あと、戦闘終了後にくるっと一回転だとか、剣をくるりと回して肩に置くだとかも。
ユーリの言動にはときめかずにはいられないよ…!

ちなみに、プレイ日記のためにゲームのプレイを録画しているのでオート戦闘を眺めたわけじゃないですよ。
セミオートで戦っている自分の操作を眺めてました。

それでは、以下よりネタバレありのプレイ日記となります。

More・・・

学術閉鎖都市アスピオ
横道の奥に大根発見。上下にぴこぴこ動いていて見るから怪しい。
何かと思って調べてみると、煙がもくもく…ワンダーシェフの登場です!
明らかに周りから浮いている変なオブジェがないなないなーと思ってたら、ここでようやく登場。
今回はどうやって料理覚えるのかと思ったじゃないか…。
いるならいるでもうちょっと早く出ておいで!

高笑いの好きなワンダーシェフからハンバーグのレシピをゲット。
ついでに3セット分の食材もくれました。おお、太っ腹。

街の正面に戻り、入れてくれよー→通行許可証がないとダメ、というわけで別の入り口を探すことに。
さっき大根のあった道に入り、とっても裏口っぽいドアを発見するも、鍵がかかっていて入れず。
まあ、そうそう都合よく開いているわけがないか…。
さあてどうするかなあ…あ、カロルがドアの前で何やらごそごそと…もしかしなくてもこれは…がちゃり…ってああやっぱり鍵開けちゃった
カロル先生ってば、そんな技術も持っていたのね。
あのでかい何でも入るとかいうかばんの中には、そういう道具も入っているということか!

アスピオにて、初めて合成を行いました。
それに伴い、実績のロックがまた一つ解除。
毎回新しい装備を買うよりも、合成して作ったほうがガルドを節約できそうですね。
よし、これからどんどん合成していこう。

さて、変人と有名なモルディオの小屋へ。
「絶対入るな」とか書いてあると余計に入りたくなってしまうのが人間と言うものよ!(笑)
ノックしても返事が無いので、カロル先生の鍵開け技術で不法侵入。
家の中は…わあ、典型的な研究者の家って感じですね。


こんにちわ。お邪魔してますよー。
カロルが勝手に開けました。ごめんなさい。

ってユーリ棒読みー!
しかもカロルが鍵を開けたから入っただけで自分は悪くないみたいな言い方したー!
反省の色なんてかけらもありません(笑)

適当に家捜ししていたら…わ、本の山の中からなんか出てきた…!
ちょ、カロルは大袈裟に驚きすぎよー!「あうあうあう」って(笑)

その騒がしさにいらついたのか、出てきた人物が何やら術を唱えだして…る間にユーリが一人で逃げた!
カロルだけ残して自分だけ離れたところに移動したー!
結果、逃げなかった…というより逃げられなかったカロルにのみ術が命中。
頑張れー負けるなー、きっとこれからも君はこういう役回りだー(笑)

本の山から出てきたのは少女(リタ)。
帝都にいたモルディオって、男なんじゃなかった?モルディオ違い?
本人が言うには人違いのようですが、ユーリはそれで納得するわけもなく。
シャイコス遺跡に盗賊団が出たという話があり、もしかしたら犯人はそいつらかもしれないってことで、リタに連れられて遺跡に向かいます。

…その前に、モルディオさん家の家捜し続行。
あ、コレクター図鑑発見。
それと、何やらリタの引き出しの中に何やら入っていたようですが…エステルのあの反応は一体…。
何が入ってたのか気になる。気になる気になる。


遺跡に向かう間に行った戦闘で、終了後にエステルとリタのハイタッチがあった!
嬉しそうなエステルと、戸惑っているのか照れているのかわからないリタが可愛かったですv
ユーリとエステルの手のひらにちょんのハイタッチもどきも可愛かったけれど、これもなかなか。
帝都を抜けたあとにでも、エステルはユーリにハイタッチを教えてもらったのかなー?
その様子を想像するとこれまた可愛い…。
どういうときにする事なのかを聞いたり、少なくとも一回は練習したりしてそう…(笑)


シャイコス遺跡
地上を探索するのかと思いきや、目的地は地下でした。
地下への階段を隠している像を動かすカロルをさりげなく励まして手伝うユーリが好きだー!
なんだこの人。なんだってこんなに私のツボをつついてくるんだ…!
ヴェスペリアはユーリが素敵すぎてどうしよう。

ここにきて、ソーサラーリングが使えるようになりました~。
やっぱりテイルズといえばこれがないとね!
今回のソーサラーリングは、照射することによって魔導器にエアルを充填させることができるのだとか。
あと、敵シンボルに当てると一定確率で気絶状態にすることもできて、その状態でエンカウントすると敵がピヨった状態で戦闘が始められるみたいです。
こういったことをわざわざ状況つきで説明してくれるとは、だいぶ親切だなー。

カロルをいじりつつ(スキット)奥へと進むユーリたち一行。
怪しい人物を発見するも、どでかい石の人形を起動されて足止めをくう。
先にこいつを倒すぜー!

わ、これは結構でかい。ユーリたちが小さいなー。
オーバーリミッツされたり(こっちはまだできないってのに)、やたら重量感のある攻撃されたり、どかどかどかどか殴られたりして戦闘不能者が出たりもしましたが、まあ、なんとか勝利。
そして、この戦闘でシークレットミッションをクリアしたようです。
「Xバスターの最中に弱点であるアキレス腱を攻撃してダウンを奪う」が条件クリアだったのか(ダッシュボードで確認してみた)。
戦闘中に表示されたGreat!は、シークレットを達成した証みたいものなわけね。
敵に攻撃してたらいきなり表示されたから何かと思いましたよ。

逃げた人物をとっ捕まえると、帝都で魔核を盗んだのはデデッキという奴であるとのこと。
彼らは、顔の右に傷のある隻眼で体格のいい大男の依頼で魔核を集めているそうです。

戦闘終了後の掛け合い、新たに発見。
ユーリとラピードが息ぴったりで怖いと言うリタ…実はユーリがうらやましいんじゃあ…。
轟け勝利の歌ー!ってラピードかよ!


学術閉鎖都市アスピオ
通行許可証をリタから受け取り、先にあの小屋へ戻ることに。
「あたしの許可なく街出たらひどい目にあわすわよ」って言われた!ぎゃー!
どんな目にあわされるのか怖くて街から出られないー!(笑)

リタが戻ってきたので、ユーリたちはアスピオを出ることに…あれ?リタもついてくるみたい。
勝手に帰ったらダメだったのはこういうことだったのね。
あ、エステルに友達って言われて照れるリタが可愛い…。


カロルが身体の割に大きな得物を使っている件についてのスキット。
小さいカロル先生がハッタリかますにはちょうどいいな」(ユーリ)
大きく見せて魔物騙すのね」(リタ)
とか言われて反論するのかと思いきや、あっさりとその通りだと認めててびっくりした(笑)
それにしても、ユーリの「カロル先生」好きだなー。


花の街ハルル
フレンはやっぱりハルルに戻っていたようですが、またも入れ違いに。
行き先は知らないけど、手紙を預かっているといって渡されたのはユーリの手配書。
うわ、手配書まで回ってるんだ。
たった5000ガルド…だけど脱獄にしては高すぎるってことは、他の罪もプラスされてるんですよね。
一体何やらかしたのユーリは(笑)
考えられるのはエステル関連だけど(姫様だったら誘拐ってことになってるかもだし)。

…でも、手配書の人相書きには誰もつっこまないのね!
あの落書きみたいな独特の味のある絵。シンフォニアのロイドの手配書と同じものを感じますよ。
似てる似てないとかの問題じゃないそんな感じの絵(笑)

リタを連れてカロルとエステルのところへ戻ると…あ、デコボコとルブランがいる!
エステルを帝都連れて帰ることと、ユーリをとっ捕まえるのが彼らの目的のようですが、まあこちらにも用事というものがあるので捕まってやる暇はなし。
…というわけでデコボコと戦闘です。
でも、なんだかオーバーリミッツの説明のための戦闘のようですね。
彼らとの戦闘はチュートリアルを兼ねたもの以外は発生しないのかなー?

戦闘終了後、またも赤眼の奴らを発見し、ひとまずハルルを出てノール港を目指すことに。
騎士団の心得ひと~つ!!『その剣で市民を護る』だったよなあ?
とユーリに言われて赤眼を引き受けてくれたルブランとデコボコ。
やっぱ憎めないよ、こいつら…!


はいー、今回はここまでー。
エフミドの丘以降は次回のプレイ日記にて!
この調子で行くと、ヴェスペリアもアビス並に長いプレイ日記になりそうな予感がする。
関連記事
03:59  |  TOVプレイ日記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。