03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テイルズ オブ ヴェスペリア プレイ日記9

2008.08.23 (Sat)

今回は、トリム港からある人物を追いかけてノードポリカを出るところまで。

箱の特徴として、ゲーム中に自分の好きな曲を流せるというのがありまして、面白そうだなと思ってちょっといくつか試してみました。
流すならやっぱり戦闘中がいいので、ノリのよさそうな曲を選曲。

まず試したのは、別のゲームの音楽のアレンジアルバムの曲。
ワイルドアームズのロックアレンジアルバムから何曲か、自分が好きな曲を流してみました。
ゲーム自体の雰囲気がかなり違うので違和感は少しありましたが、これはこれで面白いかなーと。

次は、最近またよく聴いているデジモンの曲。
こちらはBGMではなく歌付きの曲です。戦闘中に流すので、OPやEDではなく挿入歌にしました。
進化のときや戦いのときに流れる曲ですね。
無印からフロンティアまで一通り流してみましたが、これが…なかなかに良い。
私がデジモン音楽が好きだからなのかもしれませんが、思っていたよりもかなり良かったです。
歌付きだと歌声と戦闘中のボイスとかぶって変になるかなーと思ったんですけどねー。
今度レベル上げするときにもまた流してみることに決定。

最後、デジモンで歌付きでも大丈夫だということが分かったので、これまた最近よく聴いているマクロスFの曲。
シェリルの曲ならノリがいいんじゃないかなーと思って流してみたのですが…おおう、合わなさすぎて物凄い違和感が…;
もし流すなら、作業的なレベル上げに飽きてきてた頃かな…。
シェリルの曲を流すとなると、きっと歌いながら戦うことになるかも?

では、以下よりネタバレありのプレイ日記となります。

More・・・

港の街カプワ・トリム
着いて早々宿屋に直行…なんてことはせず、ちょっと街をうろうろ。
幸福の市場の本部の横にある木の前にいる女の人に話しかけると、ジュディスが倉庫の空調魔導器をぶっ壊したー!
なにこれ何かのサブイベント…?

よくわからないので放っておいて、宿屋へ。
おっさんがユーリたちと合流した理由はエステルにあったようです。
エステルが次期皇帝候補であること、あと現在の帝国とユニオンの関係が鑑みて、ドンがレイヴンにエステルの監視?を命じたのだとか。
じゃあ、まあ、再びおっさんもパーティーインですね。

さて、自由行動っと。
カロル・・・ウフフフフってカロルがにやにやしてる。たぶん妄想もしてる(笑)
リタ・・・この娘、エステル好きすぎるよ!
ラピード・・・あ、まだ天狗のうちわ付いてる。
レイヴン・・・「そんなんじゃないわよぉ」を声付きで聞きたかった(笑)
エステル・・・ユーリとエステルはCPというよりきょうだいって感じかも?
ジュディス・・・もしかして、どこかの魔導器ぶっ壊しに行ってた…?

翌朝。
また一緒ですね♪と喜ぶエステルと頬染めながら素直じゃないことを言うリタ。
もう今更ですが、エスリタは公式ってことでいいんだよね?
まさかテイルズが公式で百合を持ってくるとは…カロルの女装といい、恐れ入りました(笑)
いろんな意味ですごいな、ヴェスペリアは!

港へ行く途中でヨーデルに遭遇。
皇帝が空位であるのは、継承の際に必要な宙の戎典という帝国の至宝がないからなのだとか。
十年前の人魔戦争の頃から行方不明…ってことは、誰かが戦争の混乱に乗じて盗んだ?
いやまあ、盗んだ理由なんて現時点では皆目わからないけど。
そもそも盗まれたかどうかも定かじゃないけど。

道端をへもへも歩いている皇帝候補は今からヘリオードに向かうそうです。
こちらもへもへも歩いて港へ行きましょ。もう、すぐそこだ。

港に着くと…あ、逃げていく人発見。
そして、叫んでる蘭姉ちゃん…じゃないカウフマン発見。
話しかけると、船の調達と引き換えに魚人退治を持ちかけられました。
いつも護衛を頼んでいる紅の絆傭兵団には首領が死んだから頼めず、他のギルド使い物にならないから困っているのだとか…。
誰かさんが…というか君ら全員でぶっ潰しちゃったよね!(笑)

船が手に入るのは、願ったり叶ったりなので、条件をのむことに。
後にユーリたちのものになる船の名はフィエルティア号(バンエルティア号と若干かぶると思ったのはきっと私だけ…)。
そして、船を動かしてくれるのは「幸福の市場」傘下の海船ギルド「ウミネコの詩」のトクナガ。
…と、トクナガ!?アニス呼んでこなきゃアニス!(笑)


勝手に操縦されてしまうのかと思いきや、おお…自分で動かせるんだ。
でも、どこに行けばいいのか分からなくてうろうろと海上を彷徨うフィエルティア号。
てきとーに船を動かしていたら魚人のいるあたりに来ていたようです。
ではさくっと魚人退治をば。
だけど、こいつら魚人っていうか…ただの魚(ぎょ)だよね。
無駄に人(じん)なんて付けなくていいと思う。

窮鼠を侮るな、です」(エステル)で、退治は完了。いやあ、楽勝楽勝。
こきつかわれたとか言われたけど戦闘に参加させてないおっさんは、相変わらず聖核を探しているようです。
じゃあ、今のおっさんは、ドンに言われて聖核探しながらエステルの監視しながらユーリたちにこき使われているわけね。あはは、頑張れー(笑)

寄り道してもいいとのことですが、正直どこをどう行ったらどこに着くのかがさっぱりですよ;
海の上って目印になるものがないから、慣れるまで迷い子になっちゃうんだよなあ。
空なら海も陸も関係なく突っ切れるから楽なんだけど…。
うあー!早く空飛ぶ乗り物がほしいよー!


幽霊船アーセルム号
どこかに寄り道しようと思いつつうろうろしてたら、霧に突っ込んで幽霊船に遭遇しちゃいました。
船のボロさかげんといい、あからさまなBGMといい、まさに幽霊船。
それどころか、誰もいないのに橋がかかったりフィエルティア号の駆動魔導器が動かなくなったりと、ますます雰囲気が出てきました。
こういうイベントに付き物なのが、怖がりな人。必ず一人はいますよね。
ヴェスペリアでは、その役目はリタのようです。一人だけめちゃめちゃ怖がってる。
科学者なだけに、非科学的なものは苦手ってこと?

幽霊船の探索に4人、残りは見張り。ただしラピードは固定。
連れて行くメンバーを選抜するってことは、組み合わせによって違いでもあるのかな?

ユーリ、ラピードは固定なようなので、選べるのは5人のうち2人。
回復役は必須だからエステルははずせない。
あと1人は…おっさん行く?
ああでも待って待って。怖がりなリタを連れていかないでどうするよ!(ひどい)
というわけで、おっさんは留守番ね。

では、兄貴と姫様とツンデレ魔導士と犬で幽霊船に乗り込めー!

「幽霊船のお楽しみ」のスキット。
これはエステルを選ばないと発生しないスキットですね。よしよし。
エステルが怖がってくれないとなると、オレのお楽しみがひとつ減ったな……
お楽しみって、ユーリ…またかよ!
ガスファロストでのジュディスの件(鎧を脱いでくれた方がありがたい)といい、今回の件といい、ユーリってば…ユーリってば…そんなところだけ素直すぎよ!(笑)
でも、そんな君も私は大好きだー!!

雰囲気抜群なBGMを聴きつつ、海から上がってきたカニとか魚(ぎょ)とかそれを狙ってやってきた鳥とか幽霊みたいに見えない敵とかと戦いつつ進んでいたら、マストが折れた…よ?
幽霊船に乗り込んだユーリたちを心配して、残っていたメンバーもアーセルム号へ突入!
って、え?そうなの?そういうことなの?
結果的には、みんな幽霊船に乗り込むことになるのね。

私が残したメンバーはカロル、おっさん、ジュディス。
この3人だと…ジュディス操作かな。カロルとおっさんはまだ数えるほどしか使ったことないし。

カロルが後発隊にいると発生するスキットを発見しつつとっとと船の中へ。
…あら、結構あっさりとユーリたちと合流できました。
さらに奥へ奥へ進むと…ぎゃっ骸骨!
その近くに置かれている日記?に「アスール暦232年、ブルエールの月13」とありますが、アスール暦もブルエールの月も帝国のできる千年以上も昔の暦だそうです。
そして、魔物を退ける力を持つ「澄明の刻晶」…リタでさえ知らないのだとか。
結界のようなものということは、魔導器の魔核と同じようなもの、もしくは月日の変化で名称が変わっているだけで魔核そのものである可能性も…ないわけではないですよね。

怖いもの知らずなジュディスが骨ごと(ぎゃー!)箱を持ってきたー!
でも、澄明の刻晶が入っている箱は、鍵かかっているの開かず。
そうこうしていると魔物が寄ってきて戦闘開始。
澄明の刻晶…魔物を退けるどころか、むしろその逆で、魔物を引き寄せてるみたいなんですけど…;

ヨームゲンに箱を届けることが決まり、トクナガの発煙筒の合図もあったので、さっさかとフィエルティア号に戻ります。さっさかさっさかー。
駆動魔導器が直ったようなので、ノードポリカへ向かいます。
…とはいっても、どこに何があるのかさっぱりなので軽く漂流気味で動き回っていたらいつの間にか目的地に着いてました。わお、またかよ。


闘技場都市ノードポリカ
無事到着したので、約束どおりカウフマンからフィエルティア号を入手!
これで移動範囲が少しは広がったかな?
でも、まさかトクナガまで頂戴するとは思ってなかったなー。

おっさんはベリウスに手紙を届けに、ユーリたちはそんなおっさんをダシにして(笑)ベリウスに会いに行くことに。
魔導器破壊イベントを見たり、闘技場内の宿屋の名前が「フォーマルハウト」だったのでレイスー!と喜んだりしながらベリウスの私室へ到着。
…が、新月の晩にしか人に会ってくれないそうです。なんで新月の晩限定?

仕方ないので個々の目的の情報を集めて就寝…してない人が約2名。
凛々の明星―夜空で最も強い光を放つ星。

その昔、世界を滅亡に追い込む災厄が起こりました
人々は災厄に立ち向かい、多くの命が失われました
皆が倒れ、力尽きたとき、ある兄妹が現れました
その兄妹は、力を合わせ、災厄と戦い、世界を救いました
妹は満月の子と呼ばれ、戦いのあとも、大地に残りました
兄は凛々の明星と呼ばれ、空から世界を見守ることにしました
おしまい

これが、凛々の明星にまつわる古い伝承だそうです。
大昔に実際にあった出来事が人から人へ伝えられて現在まで残り、上のようなおはなしになったのでしょうね、きっと。


翌朝、ベリウスの私室前でデューク発見。
彼もベリウスに会いに来た…みたい?何の用があるのかは全然分からなかったけれど。
謎の笑みを残して去っていきました。ほんとに何者なの、この人…?

ドネルケバブのレシピをゲットしてまたうろうろしていると、ラーギィに頼みたいことがあると言われ、再び闘技場の中へ。
戦士の殿堂を乗っ取ろうとしている男を倒してほしい、というのがその内容でした。
男は闘技場のチャンピオンで、追い出すに追い出せないから、ユーリたちに闘技場に参加して倒してくれと、そういうことのようです。
結果的に引き受けたわけですが、一つ気になることが…。

ラーギィの声がトロロヘアー(イエガー)と一緒なんですよ。
まさか、実は同一人物ってことはないよ、ね…?
真面目でこつこつとで信頼を得ている裏で、暗殺ギルドとして動いてるとか。
一人二役なら、切り替ることでその場を乗り切ることもできそうだし?
片方の顔が信頼を得ていれば何かと動きそうやすそうだし?
それとも、ただ単に岩田さんが一人二役やってるってだけなのかなー…?

あと、ここでもう一つ。
あなた、本当にやりたい事ってなんなの?」とジュディスに言われたエステル。
ほんとにその通りだと思いました。
誰かの助けになりたいと思うのは良いことだけど、そのために動くのも良いことだけど、これまでのエステルを見ていると、あっちにふらふら~、こっちにふらふら~で、正直同行者たちが振り回されてる感が否めない。
ユーリとジュディス以外はそんなこと口に出したりはしないだろうけど、きっと否定もしないんじゃないかな?
エステルに関しては、この一つに定まりきらない、流されやすい性質だけは好きになれないかな。
今後、彼女が良い変化を遂げてくれることを祈ります…。


さて、気を取り直してユーリの闘技場デビューです!
1戦目、エルンガーと叫ぶ変な奴で肩慣らし(解説者に青二才って言われた笑)
2戦目、ヒトデを要求してくる変な奴を軽くふっとばし(つか何故にヒトデ?)
3戦目、全然華麗じゃない奴を冥界の扉に叩き込んで、次は最終戦の…フレン!?
甘いマスクとか言われててちょっと笑ったけど今はそんな場合じゃなくて、なんでここにいるの…!
こりゃあ、やっぱりラーギィは何かあるとみて間違いなさそうだな。

かといって、ここで試合放棄したブーイングの嵐で観客にぼっこぼこにされそうなので、ユーリVSフレンのバトル開始!!
わ、フレンが獅子戦吼使ってきた…!ちょ、それ私が好きな技!!(だから何だ)
うおお、魔神剣までー!それ歴代の主人公の技ー!!(一部例外ありだけど)
ユーリも犬にとられて使えなくなってるしなあ。

でも、闘技場に出なければならない任務って、ほんとにどんな任務?
フレンも誰かにはめられたとか?…でも一体誰によ。

ここのユーリとフレンの会話が好きだなあ好きだなあと思いながら見ていたら、なんかどピンク頭のきちがい野郎が乱入してきた。
おまえのせいだ。おまえのためだ!」ってどんだけユーリ好きなんだよ、ザギ!(笑)
では、ユーリとフレンの戦いを邪魔してくれた熱烈ストーカーとバトルです。

ユーリとカロルとジュディスでよってたかってザギに攻撃。
あまりに一方的にやられているのを見たときは、敵なのに若干哀れに思えました…。
でも、容赦なしに攻撃し続けて撃破…したものの、ザギのせいで魔物がわらわら出てきてそちらの対処をする羽目に;
おい、厄介ごと押し付けて逃げんなー!

さらには、ラーギィが忍者のような早業で箱を奪って闘争。おいコラ待たんかい!
街の外に逃げていったのをラピードが追っていったようですが…あ、服の切れ端加えて戻ってきました。
じゃあ、犬らしくニオイを辿って案内していただきましょうか!(犬らしくって…)


でも、今回はここまで。カドスの喉笛からは次回のプレイ日記にて!
関連記事
11:40  |  TOVプレイ日記  |  Comment(4)

Comment

今2週目がちょうどこの辺です、アーセルム号。

フィエルティア号と聞いたときには、自分もバンエルティア号思い出しましたよ!
連想した人は多分他にもたくさん居ると思いますよ?

幽霊船、1週目ではジュディスとエステル連れて行ったので…カロル班が地獄でしたorz
誰一人ろくに使えなかったんですもん…せめてラピードを残せれば…
そんなわけで、ホーリィボトルで逃げ回ってました(笑)

ではでは、戦闘ではユーリとラピードくらいしか使えてない、モカでした。
2週目はジュディスを練習しよう…うん。
空中戦は難しい!
モカ |  2008.08.23(土) 13:44 | URL |  【編集】

こんばんは('ヮ'*)
「甘いマスク」には吹きました。
戦闘に入っても微妙に笑いがとまらなかったですwww

最初からなんですけど(失礼)
ザギはどんどん変態になってきますよ(´д`;)
忘れがちだけど海凶の爪の一員なんですよねえ・・・(何)

クリアした今でも、ベリウスが新月の晩にしか
会わない理由はわからないです(へたれ)
なるみ |  2008.08.23(土) 23:36 | URL |  【編集】

>モカさん
バンエルティア号を思い出したのは、私がエターニア好きすぎるからかと思ってました(笑)
エターニアプレイ済みの人なら結構思い出すものなんですかね…?

ジュディスとエステルを選んだってことは、残りはカロルとリタとおっさんですか…ちょい厳しい、かもです;
近接キャラはやっぱり2人くらいはほしいですからね。
でも、最近リタ操作の楽しさに目覚めたので、この3人で行くなら私はリタを使うかもしれません。

ジュディス操作は、私もなかなかうまいこといかないです;
特技→奥義の連携が思ったよりもやりにくくて…。
使いこなせればさぞ楽しいだろうと思うんですけど、なかなかどうしてうまく操作ができないという…。
空中でぼかすかコンボをつなげたいのにー!
由乃(管理人) |  2008.08.24(日) 01:20 | URL |  【編集】

>なるみさん
甘いマスク…間違ってはいないだろうけど、正統派なフレンにはなんて似合わない言葉んだ…!と笑ってしまいました。

ザギって、そういえば海凶の爪の一員でしたね。
赤眼の仲間であるならそうですよね。もうすっかり忘れてました!(笑)
もう彼は単体でしか認識してなかったので、いち組織の人間であるこなんかどこかに行っちゃってました。
だって、任務に関係なくユーリを追っかけているとしか思えないじゃないですか!
たぶんきっと、ザギの頭の中には任務のことなんてカスしか残ってなくて、ユーリと戦うこと以外はかなりどうでもいいと思ってるんじゃないでしょうか。
もうユーリしか見えてないんですよ(笑)

ベリウスが新月の晩限定でしか会ってくれないのは、何か特別な理由があったわけではなく、そう頻繁に誰かに会いたくないから新月の夜にしただけなんですかね?
何かこれに関するイベントみたいなものはないのかなー…。
由乃(管理人) |  2008.08.24(日) 01:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。