08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テイルズ オブ ヴェスペリア プレイ日記11

2008.08.30 (Sat)

今回は、ヨームゲンからノードポリカを目指してマンタイクを出るところまで。

実家に帰省する日まで、あとちょうど1週間。
31日は出かけるし、2日の夜には母来るし、ゲームをプレイできる時間はあまりない。
そうなると、ヴェスペリアに割けるのは、今日と明日と31日の夜と1日の仕事から帰ってきてからと2日の仕事から帰ってきて母が来るまで。
でも、プレイ日記も書きたいから、ひたすらプレイするわけにもいかない。

何が言いたいかというと、帰省するまでにヴェスペリアがクリアできないってことだよー!
母が来ると夜更かしできないしさ(明るいと寝れない、ちょっとの音でも目が覚める人なので)…。
プレイ日記と実際の進行度には差が出ているのでまあまあ進んではいるのだけど、先はまだまだ長いのよー。

できれば帰省前に一度クリアしておきたかったんだけどなあ…しばらくプレイできなくなるし。
実家には箱ないからね。かといって持っていけるほどの大きさでもないしね。
帰ったらおとなしくたまった小説を消化するかPSPかDSのゲームでもしてます。

それでは、以下ネタバレありのプレイ日記となります。

More・・・

古慕の郷ヨームゲン
目を覚まして、コロッケのレシピをゲットしているとき、近くにいるお姉さんに何故か見られてた…。
なんて絶妙なタイミングでこっちを見るの!(笑)

誰も彼も命の恩人が誰なのか分からないようですが、カドスの喉笛に現れたあの魔物が助けてくれたんじゃないの…?
背中に乗せてひとっ飛び、はできないだろうから、何らかの力を使ってちょちょいのちょいと。

アーセルム号の日記にあったヨームゲンというこの街のこと、澄明の刻晶のこと、フェローのことを調べるため、ひとまず街の中を散策開始。

海を見ているらしきお団子頭のお姉さんに話しかけると…ロンチーって誰それ。
この人の名はユイファン。日記にあった名前ですね。
加えて、澄明の刻晶やアーセルム号を知っている、箱の鍵を持っている。
もしかしなくても、澄明の刻晶の箱を抱えていた、ジュディスが骨をはずしちゃったあの骸骨がロンチーだったりして…。

魔導器を知らない(道端にいたおばちゃんもブラスティアじゃなくてまどうき?って言ってた)人々、結界のない街。
今のこの世界では考えられないことですよね。
そして、ロンチーという人が旅に出てから3年しか経っていないという…。
千年以上も前の日記に名前のあった人が、こうして目の前に今も生きているなんて…ありえないありえない。
かといって、こうも条件が揃っているのに同じ名前の別人だなんてこと、あるはずがない。
話が、というよりも生きている時代がかみ合ってない。
この街、謎すぎる…。


結界(魔導器)を作るために澄明の刻晶が必要だと言ったクリティア族であるという賢人様に会いに行くと…あれ、デュークがいる。
肝心の賢人様はもう死んでいて、代わりにデュークがここにいるのは何故?

澄明の刻晶とは…
魔核ではないが、魔核と同じエアルの塊。
術式が刻まれていない(=魔核は術式が刻まれている?)。
聖核の一つ

だけど、せっかく持ってきた澄明の刻晶をあの剣でエアルに還されてしまいました。
簡単に言えば、壊されてしまったってことでいいのかな?

デュークはフェローのことも知っているようです。
始祖の隷長が忌み嫌う力の使い手、満月の子
フェローがその始祖の隷長だそうなので、忌まわしき毒だと言われたエステルが満月の子、ということになりますね。
始祖の隷長が忌み嫌う力…これが分かれば、エステルがこの先どうすればいいのかも決まりそうなんですけど、あっさりと話してはくれない、と。
それだけヴェスペリアの話の中で重要なかけらだってことですよね。
知りたければ先に進め、と。
リタがいくつか問いを投げかけましたが、これらも話を進めていけば分かることなんですよね、きっと。

ところで、賢人様って結局どんな人だったの?
これも進めていけば分かる…の?分からない気がするなあ…;


地上満つる黄金の光放つ女神、君の名は満月の子
兄、凛々の明星は空より我らを見る
君は地上に残り、賢母なる大地を未来永劫見守る

前にノードポリカで聞いた古い伝承の一部、でしょうか?
そしてたぶん、あのおはなしの元となった言葉の一部なんじゃないかなーなんて。


さて、自由行動自由行動っと。

リタ・・・聖核がエアルクレーネの暴走を招いている?
カロル・・・凛々の明星の街、なんか言葉の並びも響きも良さげだなあ。
エステル・・・「もし」とか「たら」とか「れば」とか、そんな想いに惑わされ(カミナー!)
ジュディス・・・いつもこんな感じだよ。気のせいじゃなくて。
レイヴン・・・おっさん実は寂しがり屋なのよん(笑)


道端にいるちびっ子に「砂漠ってどこにあるの?」と言われました。
この街の周りにある、あの一面砂の空間が砂漠っていうのよ!
やっぱりこの街おかしい。

翌朝、みんな揃ってヨームゲンをしゅっぱーつ。


水と黄砂の街マンタイク
あ、キモール(キュモールと呼ぶ気ゼロ笑)。
砂漠に民を放り出した犯人は奴だったってことか。
フェローを捕まえるつもりのようですが、それなら戦えない一般人じゃなくて自分で行ってこい。
それか自分の部下でも使え。

ちょいとキモールの邪魔をするために、カロル先生出動!
工具で馬車の車輪をはずして作戦成功!キモールが「きーっ!!」って言った!(笑)

それにしても、ジュディスはいつもいつも拾ったものをどこに隠し持っているのか。
…白くて半円のポケットがどこかに付いてるんじゃないだろうな?(笑)

街の中をうろうろ。
前に「さわってみ?超熱いから」と言っていた騎士から、今度は「どうだい?このヨロイ・ブートキャンプ、君も入隊しないか?」と言われました。
誰がするか!(笑)
二度目に話しかけたときには、暑さで壊れてましたよ。ウフフフフって、かなりヤバそう。


夜中、再びユーリが暗殺決行。
お前やりすぎだよ」(ユーリ)のスキットを見たとき、まさか…またやるの…?と思ったらそのまさかでした;
この街にいる人は誰も奴を裁けない。かといってフレンを頼ろうにもどこにいるのか分からない。
そして、たとえ捕まえても、ああいう人種は釈放されたらまた同じ罪を犯す。
結果、ユーリが出した答えが暗殺。

直接手にかけたわけではないけれど、じわじわと追い込んで、蟻地獄(もしくは砂に埋めた?)に落として、そのまま放置。
暗殺とは言わないまでも、死に追いやったのは事実。

…自分の中でどう消化したもんか、やっぱりまだ定まりきらないなあ。
どうしても善悪が先に立ってしまうから、考えにくいことこの上ないのですよ。
善悪で考えてたら、答えにたどり着けないというのに…。
でも、思考する時間があるなら今は先に進めたい!(おい)
だから考えるのは後回し。全部終わって、2周目入ってから考えるのもありだと思うし。


―と、事が済んだ直後にフレン参上。
見ーたーなー?
もしかしなくても、終わったのを見計らって出てきたよね?

湖にて。
背を向けたまま話す2人がなんか良い…ってすぐ終わっちゃったけど。

フレンの言っていることは正論。
でも、正しければみんなが幸せになれるというわけでもない。
人々を救って悪党を裁くためにあるはずの法が、悪を裁ききれずに宙に浮いている。
それを正しく地に縫いとめるために、フレンは騎士団にいる。

だけど、ユーリの言うことも間違いじゃない。
いつか叶う正しい未来を待って、今は耐えてくれ、死んでくれなんて…苦しんでる者に言えるわけがない。
今を生きている者に、未来のために消えてくれなんて、言えるわけがない。

正攻法で裁くことが一番良いのはユーリにも分かっていて、人殺しが罪だということも承知。
それでも暗殺を決行したのは、彼が悪党を見過ごせない、困っている人を放っておけない性質であるから、というのも理由の一つですよね…きっと。

腹を決めた、と言ったよな
プロモの一番最後にも聞こえたこのセリフ、なんなんだろうとずっと気になってました。
罪を犯してまでも自らの正義を貫くこと、その覚悟を決めた、という意味の言葉だったんですね…。

フレンと別れた後、エステル発見。
話の内容、すべて聞かれていたようです。

……ユーリのやったことは、法を犯しています
でもわたし、わからないんです
ユーリのやったことで、救われた人がいるのは確かなのだから……

この言葉は、まんまプレイヤーの言葉のような気がします。
少なくとも、私はエステルと同じ。
考えが定まらず、エステルと同じような言葉が頭の中をぐるぐるしてるんです。
ユーリが刃を向けたのなら、それは自分が悪いんだという、その言葉にも激しく同意。
意味もなく、誰かに剣を向けるような人じゃない。
彼は、彼なりの正義を持って、相手に剣を向けているのだから。


翌朝、騎士の多くはノードポリカへ移動した模様。
こちらもカドスの喉笛経由して、ベリウスに会いにノードポリカへ戻りますか。

まあその前に、宿屋の隣の道が通れるようになっていたので、ちょっと入ってみよう。
…なんかいる。蟻地獄の横に…うしにん?
おまえをころっすぅ~~~うぅ~~♪うそうそ、フーさんのマネv
…うん?フーさんて誰だっけ?
話しかけても何もイベントが起きないので、またしばらくしてから来てみようっと。

宿屋の情報交換ノートが地味に変わってます。

◇月×日(晴)
この街って人多かったんだね。
こんな街なら長くいたいねぇ。

なんだか、レイヴンが書いたように思えなくもないんだけど、気のせいかな?


宿屋から出ると、なにやらイベント発生?これサブイベント?
凛々の明星が新たな仕事を受けるという内容のようですが…これってうろうろせずに街から出てたら発生しなかったんだろうか…。
とにかく、ユニオンの派遣員を探して、仕事を一つ紹介してもらいました。
依頼人の名前はユウ。(最近ユーリのポニテの話をしたばっかだから神田が出てくる笑)
ノビス・セレステルという男へ本を届ければいいそうです。
『炎の海に熱き魂を』と言う者がそうらしいんですけど、その言葉ってなんか意味あるの?

依頼を受けた後、なんとなく再びうしにんの元へ向かうと、今度はイベント発生!
宿屋に出入りしたからか?

うしにんの彼はありじごくにんの手伝いをしてるそうです。
ああ、だから横に蟻地獄があるのね…して、その手伝いの内容は?
試しに言われるままアップルグミをあげてみました。

ガチャガチャゴロゴロガチャゴロゴロ
ごってわくわく~

ってなんか出た!
こいつがありじごくにん…アビスと比べると随分可愛らしいサイズだこと。
アップルグミを受け取って、蟻地獄の中へすとーん。
で、何かくれるんだよね?何くれるの?

ミルクを手に入れました


ボクのしぼり立て。ぐふふv

アップルグミとミルクで物々交換!うおお、やっぱり割りに合わねえええ!!
そうか、この不平等な物々交換は相変わらずなんだな(笑)

あと、リタはぺたんこちゃん、ジュディスはぼいん姉ちゃんと呼ばれてましたが、他のメンバーは何て呼ばれるんだろう…。
たぶん、おっさんはやっぱりおっさんなんじゃないかな!


今回はここまでにしますね。続きは次回のプレイ日記にて!

ところで、カロルのスキルにコンバティールというのがありまして、説明が…
……虚ろな瞳でぶった斬る!
だったので、え…虚ろな瞳ってプレセア、だよね?なんで?と思った直後に合点がいきました。
コンバティール!プレセア・コンバティールか!!
ごめんプレセア、すぐに気づけなくて!
今回は至るところに歴代シリーズのネタがあって面白いですね~。
テイルズ以外のもいろいろあるようですが、まさかシャイコス遺跡で戦ったボスのXバスターがゼノサーガのKOS-MOSのX・BUSTERだったとは…。
まさかとは思ったけど気のせいかと思ってたのに。
X・BUSTERはグノーシスに有効な使える技ですよ(とか言ってもゼノサーガ知らない人にはさっぱりだから!)。
関連記事
01:31  |  TOVプレイ日記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。