04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

D.C.GS プレイ感想③

2008.11.26 (Wed)

今日はお休みだったので、昼まで寝て(昨日は早く寝たはずなのに…)、ご飯食べつつアニメ見て、あとずっとゲームしてました。
乙女ゲーしてました!

その甲斐あってか、今日で全員攻略し終えました。
攻略キャラ6人で、一人につきEDが一つしかないので、そんなに時間かからないかなーとは思ってましたが、こんなに早くに終われるとは…。

最後に攻略したキャラのルートなんて、ボイスを聞き終わらないうちに次に進んでたから結構早くEDまで行ったんじゃないかなー。
ぶっちゃけ、あの子にはあんまり興味なかったんで…;


では、以下より雑感です。
そんなに多くはないですが、ネタバレはありです。

今回は、渓ルート、孝明ルート、龍之介ルート、あとまとめの感想を語ってます。

More・・・

4週目は四之宮家の長兄で。


渓が主人公のことを初めて?名前で呼んだとき(事故ったとき)、義兄の声に聴こえてびっくりしました。
な、なんでここにお兄ちゃんがいるんだー!?って。
単なる聞き違いでしたけど。


ラストのお化け屋敷でのキス以外はあんまりにやにやしなかったかなー。
主人公への話し方が少し優しくなってきたあたりとか、珍しく動揺してるあたりとか、よく見ると照れてるあたりとかはなかなかよかったけれど。



四之宮兄弟はこれで全員クリアですね。
両親の事故については、上の兄ちゃん2人を攻略しないとわからない仕組みになっているのか。
なるほど、なるほど。


ここまででちょっと思ったんですけど、渓だけ、やたらと主人公と一緒にいる絵が多くないですか…?
蒼ルートにも、もうちょっとそういう絵があってもよかったんじゃないかと思うんだけどなあ。
券売機の前で肩の上に顔のせてるのしかなかったしさー。
もうちょっとくっついてる絵とか見てみたかった。




よし、四之宮兄弟が終わったから、次は義兄だな。


眼鏡をはずしたところは…ちょっと…よかった、かも。
渓が同じく眼鏡はずしたときは、ちょい目つき悪いかなあ?としか思わなかったけど、兄はいいね。
うーん、やっぱり眼鏡はいいアイテムだ。笑


まさか、おーちゃんがライバルになるとは…。
今までは四之宮兄弟を攻略してたから、親友であり、一番の理解者であり協力者って感じだったけれど、孝明ルートではああなっちゃうわけねー。
なるほど…初めのほうに言ってた話って、主人公の義兄のことだったのか。

最後のほうのおーちゃんは怖い怖い。
無視しちゃったり、話したくない顔も見たくないと思ってしまうのはわかる気もするけど、噂を広げたり嘘で迷惑かけたりするのは、ちょっと…いやかなりやりすぎなんじゃ…;
追い詰められたときの女の子って、怖い;;


プレイしてて気になったこと。


まず、兄ちゃん、顔が近い…!笑
今まで攻略したキャラの中で顔が近くなる回数が一番多いよこの人!


あともう一つ。
「愛してる」って言ったー!
ちょ、四之宮兄弟攻略してるときは誰にも言われなかったからびっくりしたじゃないか!
主人公に向けて言ったわけじゃないけど、そういう言葉が出てきてびっくりしたー。
最後の最後の結婚式ごっこにも驚いたけど…。




さて、これで最後だ。龍之介のルートです。


見た目からして犬だったので、D.C.で猫が女の人になるパターンがあったので同じようなものかと思ってました。
そしたら、ほんとに犬でした。あの髪型で分かっちゃうよねえ。


ラストまで、ほぼノンストップで、スキップ機能も使いつつ進めましたが、なんかあんまり何の感動もなく終わっちゃったなあ…;
ああいうただ子どもっぽいだけのキャラには興味がないからな、私。
子どもっぽいというか、犬なんだから犬っぽいといったほうが正しいのかもしれないけど。




これで、全員攻略し終えました。

一日中やってたわけじゃないのに、3日くらいで終わりました。
…乙女ゲーって、こんなもん?
D.C.GSが初めての乙女ゲーだから、だいたいのボリュームというものが分からないんですけど。


短い気もしますが、結構楽しんでプレイできたのでよかったです!
個人的には、稜平ルートと蒼ルートが好きだったかなー。
前者はにやにやしちゃう場面が多かったし、後者はハラハラしてちょっと感動しちゃう場面があってキャラへの印象がだいぶ変わったし。
稜平ルートの、他の女子からいじめられる展開は、あんまり好きじゃなかったけどね…。
嫉妬って怖い;女の子のいじめってじわじわくるから怖い;


全部のルートを見終えて気づいたんですけど、どのルートを選んでも稜平は出てくるんですね。
頻繁には出てこないけど、たまに現れては助けてくれる。
優しいなあ…いい奴だなあ…と惚れ直してみたり…。
やっぱり、主人公の相手に一番良いのは稜平かもしれないですねー。
きっとメインの相手役でしょうしねー。

あともう一つ思ったこと。
稜平ルートじゃない他のルートでも、たぶん主人公のこと好きだよね?
分かりやすいのは、航平ルートと龍之介ルートだけど、それ以外のルートでも一人だけ出番多いし。



そんなわけで、初の乙女ゲーでしたが楽しんでプレイできました!
良い機会なので、他の乙女ゲーにも手を出してみたりしたいなあと思ってはいるものの、気になるゲームなんて乙女ゲー以外にもいろいろあるのですぐには手を出せそうにないかも…。
また何か借りようかなあ…(自分では買わんのか
関連記事
23:55  |  乙女ゲー  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。