03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テイルズ オブ ハーツ プレイ日記3

2008.12.23 (Tue)

十字キーで移動ってやっぱ動かしづらいですね。
でも、そこそこ楽しんでプレイしてます。

今回は、グリム山から、湖上の街シャルロウでスピルリンクしてクリアした後まで。


仲間が増えるのと比例して徐々に面白くなってる気がします。
序盤のあのメンバーは、なんか辛かったし…;

だいたい、2日に一回のペースでプレイしてますか。
その一回が結構な長さで、ときには寝れなくなったりもしたり…。
おかげで次の日は帰って寝転がったらいつの間にか寝ちゃって、プレイすることなく次の日を迎えちゃったりして…。
だから、2日に一回。(おーい)


プレイしようとする時間が遅いのがいけないんでしょうね、たぶん。
でも、ニコニコ見たいし、ネサフしたいし、ゲームだけってのは物足りないのよー。
アニメは後回しでも過ごしていけるけど。
おかげで未消化アニメが溜まりまくりだけどっ!
容量に気を配っとかないと、見たいものが取れなかったー!という悲しいことになってしまう。
(前にコードギアスR2でそれやった)


そんでは、以下よりネタバレありのプレイ日記です。

More・・・

グリム山、ひたすら登って岩破壊して登って、頂上に到着。
泣いてるコハクとペリドット、みーつけたー。
ちょ、泣いててうざったいからって蹴るなっての。
でも、ずっと泣き止まないコハクにハンカチを差し伸べようとするところは好感触。


ボコられそうになったので、こっちがボコボコにしてやったら「なかったことにしてあげるから感謝しな!」みたいなこと言って去っていきました。
…ふ、負け惜しみ。笑


ペリドット戦のせいで地盤がもろくなってて、でもコハクはこっちを疑ってる上に高所恐怖症でどうにもならん。
そこを主人公がなんとかしてくれました。
お前を信じる俺を信じろ!(違う)

コハクの心に…というかスピリアにシングのまっすぐで強い想いが届いて、信頼のスピルーンが現れたよー。
なるほど、ベリルのスピルメイズに潜ったときに見た白と黒のベリルはそういう意味だったのね。
白は信じる気持ち、黒は疑う気持ちを表していた、と。
信頼と疑いは相反するものだから白と黒ね。わかりやすい。


って、ちょ、宿屋に戻るんならパッと戻ろうよ!
面倒くさいよ!道のり長いよ!




橋を渡るイベント。
シングと手をつないで渡るコハクは可愛かった。
けど、ヒスイ兄がなんだか寂しそうに見えた。
誰も見てないところで一人で寂しがってるといいと思う。笑
で、今はベリルしかいないから、ベリルにうざがられてるといいと思う!大笑
部屋の隅っことか日陰で体育座りしてめそめそしてるとなお面白い。
(でも、ここまで行くとヒスイじゃない誰かが乗り移ってるとしか…)



シングを怖いといってたときから一転、コハクがシングを信じてくれるようになったようなので、これで少しは旅が楽になりそうですね。
優しさと恐怖と疑いの感情だけだったら、誰も手に負えない;;
どこかでぽろっと他のスピルーンが見つからない限り、まともに先に進めやしない…。



ヘンゼラに戻ると…あ、ベリルが抜けちゃった…。
これでまたしばらく2人だけかー。
道案内終わっちゃったもんなー。
早く来い、次の仲間。


…とか思ったら、港に着いたらベリルがいたー!
なんだよーそれならさっき抜けなくてもよかったじゃーん。




グースに着いた…けど、なんか普通だよ?なんともなさそうだよ?
お姉さんに話をきいたらば、もうデスピル病は治まった後でした。
騎士がスピルーンを取り出したらみんな元に戻ったんだってさ。


ここの人の症状は、極端に恥ずかしがってしまう、というもののようですね。
じゃあ、ここにあったスピルーンは、恥ずかしさのスピルーン?
…恥じらいにするとちょっと可愛くなる。(だから何


グースの人からスピルーンを取り出した騎士はのんきにお風呂に入っているそうな!笑
こっちが今から取り返しに来るとも知らないで…。
よっし、しっかり首洗って待ってな!


勢い込んで銭湯に行ったら、番台のおばあちゃんの名前が、番台ナムコ…。
洒落ですか。そうですか。

男湯からだとそんな場合じゃないとか言って入れなかったのに、えーじゃあ仕方ないなーと女湯から入ろうとしたら、イベント発生。
…ああ、コハクとベリルが入ってるからか。

でも、女湯なのにシングが突入しちゃってさあ大変。笑
テイルズでは毎度お馴染みの、不名誉な称号を授与いたしました。
タイヘンなケダモノって、そんな称号いらねー!


外に出ると、スピルーンを取り出した騎士というのが、カルセドニーだと判明。
…って、あなた一体いつシングたちを追い抜いたんだ。
確か反対方向に行ったはずじゃ…。
ああ、ソーマでひとっ飛びなんですね。便利ですね。


コハクのスピルーン返せよーと言っても返してくれないカルセドニー。
ヒスイ兄が倒れてる間に行っちゃいました。

かといってそのまま見逃すわけにはいかないので、兄さんが目を覚ましてから、イネスからの依頼を受けて教えてもらった道を進みます。



あらすじ日記にベリルも参加。
シングとヒスイの交換日記って、シングはまだしもヒスイは交換日記なんてしそうなキャラじゃないよ!
あーめんどくせー!とか言ってすぐに止めちゃいそう。



坑道を抜けると、カルセドニーたち発見。
シングが言った言葉がカルセドニーの何かに触れたようで、ここで戦闘開始です。


空を飛ぶなんて卑怯だー!!;

ちょ、攻撃しづらっ!連携続かねえ!
下りてこーい!おかっぱ騎士ー!

頑張ったのにHP0にされて、ライフボトルで回復しようとしたら他の仲間が瞬殺(言葉通り一瞬でした。アイテムの使用指示した後すぐに)されてしまい、あっさりと敗北。


あーあ、ゲームオーバーでやり直しかー、とテンション下がったものの、そのまま暗転が開けてイベント進行。
あ…れ…?これは負け戦ですか…?
なーんだ、そうなら早く言ってよー。
リベンジしなきゃいけないかと思ったじゃんよー。



お子様は床で寝てるのがお似合いだ、とか鼻で笑ったように言われて多少ムカッときながらも、そのままカルセドニーとお別れ。
思ってたほど良い奴じゃないんだね、カルセドニー。(名前長いな…カルでいい?)


ちょっと間違ったら高笑いでもしそうなカル(実際にしても違和感なさそうだよね)をお見送りしましたが、やっぱり追いかけます。

…コハクのスピルーン集めれば蔓延してるデスピル病は多少は治まるんじゃない?
だから返してよー、カルセドニー。




帝都に到着。
カルを負傷?させたせいでとっ捕まってしまうシング。
残った面子で追いかければいいのかな?

でも、ぐるっと見て回ってからね。
配膳ゲームやってからね。
(シング放置。笑)


教会に捕らわれたシングを助けて、たまたま下を通りかかったイネスとともに逃走!
ここでイネスがパーティーイン!
わーい、仲間増えたー。



次なるスピルーンを求めて湖の街に到着。
ここにあるのは悲しみの感情のスピルーンみたいですね。

青い髪の人、イベントのキャラかなーと思ったら声が能登さんだった!
文字色パライバ様ですか!?
あれ、でも、名前はマリンさんだって…パライバ様だよね?ね?



お、教会がある。懺悔しにいこう。

ヒスイは、コハクのことばっかりですね。
さすがシスコン。笑


すると、ベリルの告白に

ヒスイのシスコンぶりはちょっとキモイです

ってあって吹いた!笑
やっぱそうなんだ。相当なシスコンぶりなんだ。

自分の才能が怖い→許しましょう、にも笑ったけど、シスコンキモイには勝てなかったなー笑


イネスさん…意図的にゆらしてるらしいよー!!
何を、とはいってなかったけど、何を、とは。



スピルーンを持っていたのはパライバ…じゃなかったマリンさん。
スピルリンクしてゼロムを倒しに行きますかー。


ちょ、ちょっと苦戦したけど、まあ撃破。
ベリル死にすぎだよ…そんなに防御力低いのかなあ…?;

ちなみに、イネスが仲間に入ってからは、イネス操作でヒスイとベリルとで戦ってます。
シングは…主人公は…早くも補欠。笑
だって、イネスのほうが強そうなんだよー。その分すばやさでは負けるけど。



話が進むごとにあらすじを見てるんですけど、なんか交換日記みたいになってて面白いです。

でも、この日記ってシングの日記だったんだね!笑
ひとの日記にみんなが勝手に書き込んでるわけか。
本来の持ち主は「ガンドコ書き込んでね!」と喜んでるから問題なさそうだけど。


それじゃあ、続きはまた次回~☆
関連記事
18:13  |  TOHプレイ日記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。