05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テイルズ オブ ハーツ プレイ日記6

2009.01.02 (Fri)

プレイ日記前の語り、そろそろ書くことなくなってきた…。
いっつも悩むんだよなあ、ここに何書くか。


今回は、プランスールの南門に向かうところから、特務拠点に侵入するところまで。


ハーツには関係のない話ですが、マイソロ2の参戦キャラ、もう全員判明したみたいですね。
メルディ出ないならもう後は誰でもいいやーと、無関心でいたので詳細は知りませんが。

エターニアからは、リッドとファラとキールとチャットが出るってことだけ分かればいいやー。
バンエルティア号で動き回れることも分かっててそれだけでもうはうはだからいいやー。
えへへ。

ストーリーやシステム面については、実際にプレイしてからのお楽しみですね。
特にキャラメイクに期待してます。いろいろ増えたようなので。
職業、海賊が気になります…かっこいいよね!


ではでは、以下よりネタバレありのプレイ日記で-す。

More・・・

えーと、帝国軍が攻めてきて、シングたちは逃げろって言われたんだっけ?
でも、教会の人間の中に裏切り者がいるよー!ってことで、カルたちを追って南門に向かうことになった…んですよね?



わー!カルが陛下暗殺未遂の罪になってるー!
ああいうちょっとしたすれ違いさえも、政治の道具にしてしまうんだ…。


門の上と下とでいろいろ言いあっている間に、教会の裏切り者発見!
止めようとしたのに…これは復讐だーみたいなことをほざいて門を開けよったー!

そんなことしても、誰も報われないのに…
恨みの連鎖がさらに大きくなるだけなのに…


門が開放されたことにより、ゼロム憑依兵が街になだれこんだー!
いやー!こわー!


街に広がったゼロム憑依兵をなんとかするために、カルと共同戦線だって!
なんか嬉しいよ!今まで敵対してただけに、じわじわくるものがあるよ!

おわー!スキットにまで参加してるー!
これは貴重だ。すごく貴重な気がする。



ま、街が…ところどころ崩れてる…屋台の屋根に火ついてる…。
でも、こんなときでも店は営業してるんですね。みんな避難してるかと思ってたのに。
こちらとしては助かるけど。



孤児院の子どもたち探し。
てきぱきと指示を与えるイネスがかっこよかったー!
シングたちだけでなくカルたちにまでだよ!?
さっすが姐さん!頼りになります。


まず二人発見!
ゼロム憑依兵なんて楽勝だぜ☆
よっし、次!

ネルは救護院にいて無事、スピンは…外にいたけど…よし、無事だな。
じゃあ、兵を蹴散らして戻ろうか…って、わー!救護院が襲われるー!
ちょ、待て!飛び越えんなこの野郎!
わ、わ、オーブさんが「ぎゃー」って襲われ、ぎゃー!やめれー!泣

コハクの「やめてー!」の叫びの直後に、ゼロム憑依兵がいきなり石膏像のように石化。
救護院の中にいたやつも石化したようです。オーブさんは無事でした。
よ、よかったー…


石化も気になるけど、教会が軍に降伏したらしい…って、アーカムのおっさん、あんな状況で生きてるんだろうか?
襲われる直前で見えなくなっちゃったから生死不明だよ。

とりあえず、カルにお前捕まるぞーって言いに行きます。


孤児院にて、カルに報告。
大事な人を傷つけたのは事実だから、おとなしく投降するそうです。

カルセドニーたち、いろいろあった相手だけどやっぱ憎めないな。
ペリドットも、コハクをさらったことがあるものの、そう悪いやつには見えないし。
孤児院の子どもたちと一緒にいると、それがよくわかる。
孤児院の壁にペリドットらしき顔の絵も貼ってあるしね。
見つけたとき、なんかほんわかした。



石化した現象は、白化というそうです。
スピルーンだけでなくスピリア自体をゼロムに喰い尽くされ者の成れの果て。
あれ、コハクの叫びは関係ないんだ?


カルたちは投降する。シングたちはコハクのスピルーンを探す。
けれど、こちらも指名手配されている身なので、はてどうやって出て行くのかと思いきや…
街からの脱出にスピンが助けてくれたよ!


子どもたちの歌に泣く兵士。
自分も平和な世界をつくりたくて兵士になったはずなのに、街をこんなにしてしまった。

誰もが願う平和な世界は、どうしてこんなにも叶えることが難しい。
涙を流す兵士に妙に感情移入してしまったのか、私まで泣いてしまいました。
…電車の中なのにだよ!隣に人いなくてよかった…。
(帰省時の電車の中でハーツプレイしてました)



あれ、アーカムのおっさんと敵対してる軍のおっさんがインカローズを探してる。
インカローズは軍側に属してるのか?

あ、アーカムのおっさん生きてた。
あれでよく無事だったな~。ゼロム憑依兵には言葉通じないっぽいのに。
襲われる寸前で白化して危機一髪助かったとか?



港に到着ー。
イネスの様子がおかしいなーもしや裏切りな展開?と思いつつも、酒を調達せねばならないので、来た道を少し逆戻り。
じいさーん、酒くれー。

…楽仙酒は揺れに弱いんだって。
それくらいのこと、ガネットさんが知らないはずないよねー…

おおっと、しかもなにやらコハクがピンチな予感!


港に戻ると、嫌な予感は大当たり。
イネスが裏切り者でした…

でも、イネスが少佐ってなんかかっこいいよね。
(そんなことを言ってる場合ではない)


ガネットさんの正体も帝国の軍人。
その名も、アイザック=シルバ大佐。大佐か!大佐もいいよね!

帝国軍に復讐を誓ってるようなので、教会とも帝国軍とも違う第三の勢力ってことか?
あと、こちら側にもインカローズがいたけど…彼女はどこの味方?
どこの味方でもなく、自分の目的のために彼らを利用してるだけ?



さて、イネスの裏切りについて。
その根底にあるのは、大佐への想いのようです。
それが愛なのか、それとも師匠のような相手にたいして感じるようなものなのかは現段階ではわかりませんが。


容赦なくクンツァイトを攻撃したり、逃げたシングたちを追ってきてシングをめためたにしましたが、戦闘になることもなく、イネスはすぐにこちら側に戻ってきました。

あっさりですね。もうちょっとややこしくなるのかと思ってたのに。
戦闘もこりゃ絶対あるだろうと、心の準備万端だったのに。

シングのまっすぐな想いがイネスに届いたってことですよね。
子どものくせに、と投げつけてみても、子どもだからこその純粋な想いに負けてしまった、と。
まじりけがないからこその強い想いに。

では、イネスもすぐに戻ってきてくれたので、コハクを助けに行きましょうねー。
みんなすぐに迎えいれてくれて、心が広いったら。
それだけ、今までの間に絆を強くしていたってことなのかな。
ただ、クンツァイトだけは、本当に戦力的に有利になるからってだけかもしれないけど。

倒れたシングに反応してすぐに回復術をかけてくれたヒスイが、なんか良かったよ!
ヒスイがシスコンじゃなかったら、シングと普通に良いコンビになれそうなのに…なんかもったいない気がしないでもない。笑



ヘンゼラでチェンに船をもらい、一時的な仮死状態となって特務拠点に侵入。
コハクー!今助けに行くからねー!



…というところで今回は終わり。
実家にいるだけなのにほとんど進んでないって一体どういうことだ…?
ああ。
そうですね。
ニコニコ見てるせいですね。そうですね。
あと、まったりしすぎ。
咳出てたからずっと家にいてのんびりしすぎたのかも。
次に買うゲームの発売日までには終わってるといいなー。

では、続きは次回のプレイ日記にて!しゅばっ!
関連記事
22:52  |  TOHプレイ日記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。