04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

フラジール プレイ日記3

2009.02.03 (Tue)

短いですね。
もう終わりですって。


今回は、銀色の髪の女の子がいた檻の部屋まで戻るところから、エンディングまでです。


プレイ日記が3で終わるなんて…私じゃないみたい…
いつも長々とプレイ日記を書き続けている私が、3で終わるなんて…

珍しすぎる。


ゲームのボリューム自体もそこまでじゃなかったからですよね。
いつもどでかいRPGばっかりやってたからプレイ日記が長かっただけですよね。
まあ、私がやたらと書きすぎなのももちろんありますが…

というわけで、フラジールのプレイ日記は今回で終わりとなります。
最後に個人的な予想…というかこれはこうなんじゃないか?という語り(考察と呼ぶには拙すぎる)をしてます。


ではでは、以下よりネタバレありのプレイ日記となります。

More・・・

巨大クレーンを倒し、銀髪の少女のいた檻のある部屋に戻る途中。

親切にもクモ男の相手をしてやってたら、アーチェリーが壊れました。
てめえらぞろぞろと多すぎなんだよ!

もう無視無視。残りの奴らは無視。知らん。
勝手に火の玉でも投げて喚いてろ。


1004が誕生日…サイのいうあの人はシンだろうから、これはシンの誕生日ってこと?




ほへー、グラスケイジってそういうものなのか。
人と人とが、お互いに話をしなくても相手の心が分かるようにする計画…

昔の人は、もともとそういった能力が備わっていたけれど、いつの間にか時代を経るごとになくなっていった…だったっけ?
時代が新しくなるにつれて、人と人とのつながりが薄くなっていったから、それに伴い心が分かる能力もなくなっていった…んですかね。

でも、コンパスとかの記憶に出てきた兄弟の話に、弟が何を頭の中に思い描いているのかを言葉にせずとも兄が理解していた、という話があったな…。
一時的につながりが深くなって、考えていることがわかった…という話だろうか…。


世界中で起こっている争いや諍いなどを無くしたいという思いからグラスケイジ計画は始まったけれど…
結果は失敗に終わった。
多くの人々は眠りに付いたまま目覚めることは無かった、と。


その計画には触媒が必要で、銀髪の少女はその触媒にされようとしているそうです。
人と人とをつなぐ中継地点の役割を果たすわけだね。
2度目のグラスケイジは、その子を使って世界中の人の心をつなげようとするもの…らしい。


一度目の触媒にされたのは、サイ。
彼女の身体に見える線や文字は、そのときの実験の跡かもしれないですね。
何らかの実験っぽい跡だなあとは思ってたけど。

その、触媒にされるための研究で、シンと知り合い、おそらくおじいさんとも知り合った…ということなんでしょう。
やっぱりおじいさんは今の世界の状態を引き起こした当事者だったか。




あ…やっば、紫のクロシェット取り忘れたかも…
でも、もうドア閉じられちゃったから戻れないし…
ああくそ失敗した…;;

2周目なんてやるかもわからないのに…うう。
(だって、この後にはテイルズのマイソロ2も控えているし、ハーツも終わってないし、しばらくすればSO4も来てしまうのだから)



桃色のクロシェットがない…
これは、紫のクロシェットを取り逃したせいか…そうかそうか…
ああああああああ;;


なにこれ、2周目やれってことなの…?
うう…私にはそんなに時間がないというのに…
ゲームが連続で控えてさえいなければやるけどさ、ああでもでもクロシェットの話は読みたいし…うおお;;




ええ…、シン浮いてるよ…?
人間じゃないの?



博士のマグカップの記憶で見た話…博士の声が竹本英史さんだったー!
レイヴンだー!!ヴェスペリアだー!!
博士のやる気のなさがさらにレイヴンを思い出せてたまらんかった!
うおおお、やっぱ良い声だ…!
おっさんも好きだったけど、やっぱりユーリに夢中だったもんで…この声の良さに十分に気づけなかった自分がくやしい。
改めて聞くと良い声すぎて大変です。笑
とてももだえる。


博士シリーズ…いいなあ。
声が良い…ほんと良い声だ。たまらん。

いや、記憶の話自体もいいですよ!
あんまりやる気のない博士と、それを叱る有能な助手とか…たまらんよ。
やる気なさげだけど、それでも世界中から集められたうちの幾人かなんだから、有名な科学者なんだよね。
できるしやるときはやるけど、基本やる気なし…っていいよね。
博士、好きだー!!




鉢植え、見つけました。
破れた絵とリンクする話。

記憶、読みました…切なすぎて胸痛い…
今、何色の花が咲いていますか?」という最後の一文がものすごく切ない。
だって、このアイテムの名前は、枯れた鉢植えなのだから…

ああああああ…枯れてるんだよおおおおお…;;
咲いていないんだよおおおおおお;;
ううう…



これで、壁井ユカコさんの話は完成。
ああ切な…;;

クロシェットの話も完成させたかったのにいいいいい!!
くやしすぎる。




壁にだああっと、「しにたくない」の文字を見つけてしまった…
こええよおおおおおお…;;
あれ、何かやたら書いてあ…

…るうううう;;と、何かを発見して浮かんだ気持ちはすぐさまどん底に落ち込みました。




研究所の最奥で、シンとバトル。
前に一度詰まって(クロウとのおにごっこで)攻略サイトを参考にして依頼、プレイ時はそのサイトを見つつ進めていたので、実に簡単にシンを撃破しました。
弓持ってタイミングを逃さなければ、何も難しいことはなかった。



これでアイテムは全部集まるはず…なんだけど、クロシェットがな…いだけじゃなくて何かが1個足りないだって!?
なんだそれ!何が足りないんだ!
まあ、いいけど…




とうとうラスダン…というと何か違和感がありますが(フラジールはあまりダンジョンという感じのしない場所ばかりだったからなあ)、おそらくここが最後の場所。


東京タワーらしき建物の階段をひたすら登っていると…

ええええええ!!PFの声がするううううううう!!
や、やめてやめて…この声聞くと泣きそうになるんだからやめて…;;


そうだね、PFのネジは今もセトのロケットの中にあるから一緒にいるんだもんね…

ああもう…PFとは、ほんとに最後まで一緒に旅したかったよ~;;
何あの短さは…!
たったあれだけの短い間しか一緒にいられなかったよ!
途中で3人になってもいいから、セトとPFとサイの3人になってもいいから、ずっと一緒にいたかったよ…

うう…PFとは最後まで良きパートナーでいられると思ってたのに…
あそこで終わってしまうだなんて、やっぱりもったいないよ…。



あ…今度はチヨ…なんだ。
…信じてるよの言葉が嬉しくてたまらないのは何故…?

やっぱり、あの星と月と銀の指輪のお遣いのことがあるからかな。
ずっと信じてくれなかったから、余計に嬉しいと感じるのかもしれない。



次は…やっぱりクロウだ。
セトの喜びように、なんだか嬉しくなってしまった私がいた。
ちょびっと目から水があああ…




頂上ですね。ラスボスですね。

先ほどと同じやり方で、シン撃破。
うーん、ラスボスなのに簡単。

フラジールは探索したり、そこかしこにある物語―記憶を読んだり、ストーリーの中で心について感じるのがメインだから、戦闘は二の次なのかな。
まあいいけど。
何を重要視するかはゲームによって違ってくるし、それによって重点をおくべきところも変わってくるし…重点が置かれた部分が楽しめればそれでいいかなー。



結局、シンの目的は、グラスケイジの成功によって人々がつながることではなく、失敗によって人々が永遠の眠りにつくこと、だったんですね。
サイの実験の前に自らが実験台となり、人の心がわかるようになった…けれど、それによって知った人の心の醜さに絶望して、人類滅亡計画を企んだというお話であってますか?



でも、シンは結晶コンピュータが作り出したAIだった…んです、よね…?


あとサイもシンと同じく…AI、だったんですか?
まあ、それならサイが宙に浮いてたのも納得できるし、幽霊だと思ってたサイがセトに触れられたのもわかるけど…いや、あれは触ったフリ?

というかそもそもここでいうAIってどんなものなの?
シンとサイ、跡形もなく消えちゃったんだけど…
ぐお…結晶コンピューターってなんだ…

うええ…わからないことだらけでぐるぐるする…
誰か解説して…



おじいさんについては結局触れられなかったけど、

おじいさんがセトに名前を伝えなかったこと…
サイがおじいさんを知っていたこと…
おじいさんの手紙には何かを悔いているような記述があったこと…
手紙を残すことさえ最後まで悩んだこと…
おじいさんの手紙とともにあった不思議な青い石と、その石の寄せ集めのようなシンの持っていた青い塊…


これらから推測するに、おじいさん=シンだとか…?
シンが生きている生身の人間であったなら、この推測はできませんが、あのシンがコンピュータの作り出したAIであったなら話は別。


名前を伝えなかったのは、シンという人物が何者であるのか、調べればわかってしまう、もしくは生き残りに出会えばわかってしまう可能性があるから?
若くして有名な科学者の集まりに選ばれたのなら、調べればわかりそう。



展望台の家にて見つけた手紙の内容に、悔やむ内容が書かれていたのに、それに関して一切スルーなのはやはりおかしい。
ストーリーの一部として出てこないまでも、ものの記憶として出てきていいようなもの。
それがないということは、ないのではなく、きちんと提示しているけれど別の誰かの話だと思ってしまっている可能性がある…とか…


あと、声優さんが同じ…
重要キャラで同じ声って、やっぱり深読みしちゃいませんか?
え、私だけ?



できれば、もっと細かいヒントがほしいところだけど、それを知るためにはゲームを隅々までやる…といっても特に見当たらなかったけど…攻略本による解説もしくは補足を待つしかないですかねえ…。


あまり明確な証拠がないので断定はできませんが、シンがおじいさんだと思うんだけどな…
違うのかな…?私の見当違い…?

でも、おじいさん=シンじゃなかったら、おじいさんてちょっと空気だよね…(ひどい)



クリアして、いろいろな謎が分かっている状態でプレイすれば、新たな発見があったりするんだろうか。
少なくとも1周目のときとは違う見方ができるから、これはあれかーとか考えながらプレイするのはなんだか楽しそうです。

だ け ど も

2周目をする時間がないというのが現状…
他に進めてるゲームがなければ、次のゲームが出るまでやろうかなーとか言えるけど。

無 理

あるし。ハーツあるしマイソロ2あるしさあああああ!!;;

会社行かなくていいなら全然やりますよ!
もうそうなったらニートですねすみませんごめんなさい。



クロシェット取り忘れたり、考察不十分だったりしますが、クリアしましたのでフラジールのプレイ日記は今回で終了となります。
2周目をプレイして、何か新たに気づいたことがあれば記事にして書くかもしれません…

とか今まで言ったこともあるけれど実行する確率は非常に低い!
プレイ日記が終わった後に、私がそのゲームに関して新たな記事を書くことはあまりないというのが現状です。
意欲はあっても時間がともなわないからね…


それでは、短いプレイ日記でしたがお付き合いくださってありがとうございました!
関連記事

テーマ : FRAGILE~さよなら月の廃墟~ - ジャンル : ゲーム

06:42  |  ゲーム  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。