07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

パラダイス・ロスト

2005.10.09 (Sun)

今回は…レントンとエウレカが可愛かったと思います。
親子も好きなんですけど、やっぱりこの二人が一番ですよ!
早く再会するところが見たいですなあ。
あ、そーいえば、最近のホランドはパンツ一丁じゃありませんね。
船内でもきちんと服着てますね。
ここのところ、シリアスな話が続いていたのであんな格好では何ともいえないからですかね。心に余裕のあるときだけですか?あの格好は。
いやまあ、そんなことはどうでもいいので、感想のほうへいきましょう。

More・・・

レントンのことを考えているであろう、ホランドとエウレカ。
ホランドは…よく分かりませんが、エウレカはレントンがいなくて寂しいんだと思います。
前回のラストでは「会いたい」とか言っていたし。
ああ、でもそのジャージはエウレカにはちょっと…。
いやまあ、可愛いっちゃあ可愛いんですけどね。

その頃のレントン。
「さあ、レントン。パパママと呼んでみよう!」
ああ、親子だ…。でも、やっぱりレントンが「パパママ」と言うのに抵抗があるな、私は。
レントンの言ったように、「父さん母さん」のほうがいいかなあ。
だけど、呼び方の練習をしてるレントンとか、それに恥ずかしくなっちゃって自分で笑ってるレントンは可愛かったですよ。その後の、「パパ」と呼んでもらえなかったために、チャールズさんが拗ねてそっぽ向いてしまったとことかも好きでしたねえ。
「これがお前の親父のにおいだ」
親子ー!!親子だー!!
でも、ジムで一汗かいてきたなら…ちょっとにおうかな…(笑)

ニルバーシュ、サーストン、アドロック・サーストン。
これらの単語にあんなに反応していたのは…やっぱり関係者だったからということでしょうか。
ビームス夫妻がホランドのことを知っているみたいでしたし、そう考えると上の単語に関係している人物であった可能性は高いですよね。
でも、あんなに驚いてるのは何故なのかは分かりませんね。
あの驚き方は普通じゃない。持っていたケーキを落としてしまうほどですから。

「レントンとエウレカが一緒にいれば、いつか必ず悲劇が起こる」
悲劇って何なんでしょう…。今はまだ何のことなのか全然分かりませんよ。
最近こんなのばっかりです。分からないことだらけです。
もう半分くらいまできたのに謎だらけですよ。それとも、まだ半分だったりするのか?
エウレカが人間じゃないってことは、まあ、今までの話の中でだいたいい予想できるのですが。タルホさんがエウレカのことを「世界」と言っていたことがあったし。
初めは人間だと思ってたのですけど、何だかだんだん人間じゃないんじゃないかと思えてきましたよ。これでエウレカが人間だったら疑ってすみませんでした、になりますけど。

「俺たちの本業は、連邦軍遊撃部隊所属のフリーランサーだ」
初登場の時は軍の人ではなかったですよね?
あの大佐に頼まれたから軍に戻ったのですよね?…違ったっけ。
元から軍の人だった…んでしたっけ?
やーまあ、どちらにしても、現在は一般人ではなく軍の人ってことで。
しかも、目的はエウレカとニルヴァーシュの奪取。
ということは、敵になりますよね。なっちゃいますよね。
親子が…。ああ…。
レントン、二度目の落下。船から落下。
次は、一体どこへいくのでしょう。

「だってあの子は、私たちの息子だもの」
親子ー!!離れてもやっぱり親子だよー!!
てかレントン用のカップなんてあったんですねー。
どうかそれは大事に取っておいてあげて下さい。たとえ、レントンがもう二度と使うことはなかったとしても、見えるところに置いておいてくれると私は嬉しいです。
食器棚にそのまま置かれていると良い感じです。
三人のコップが並んでいるのが何ともいえないんです…。

「エウレカ、俺は今、君に会いたい!」
と心の中で叫びながら地上へと落ちていくレントン。
「お願い、レントンのとこに行かなきゃ!
あなただって彼が必要でしょ、ニルヴァーシュ!!」
とニルヴァーシュに向かって叫ぶエウレカ。
別にレントンの心の叫びがエウレカに届いたわけではないのですけど、とても好きですよ、このシーン。あ、でももし届いてたらなお良いよ!
「お願いだから動きなさい、ニルヴァーシュ!…お願い、動いて!!」
このときのエウレカが、涙を流しているのですけど…今までにこの娘が泣いたことってありましたっけ?ええと、ちょっと私の記憶の中にはないかな…と。
笑ったことは何度もありましたけど、涙は、あったかなあ…。
もしなかったのなら、今日の見所の一つですよ、ここは!
そうじゃなかったとしても、好きですけどね、この場面も。
レントンに会いたいエウレカと、エウレカに会いたいレントン。
ああ、可愛い…。
親子も好きですけど、レントンとエウレカが一緒にいるほうが好きだなあ。
この前まであんまり仲のよろしくなかった二人なので、なおさらですかね。再会するときが待ち遠しいです。

今日はタルホさんがとてもかっこよかったと思います。
「ぶつかってきなさいよ!受け止めてあげるわよ!」と言ったり、ホランドを部屋の前でずっと待っていたり。
ホランドは、考え事をしていたせいでもあるのですが、部屋に一人でいる場面は、なんだか引きこもりのように見えてしまいました。部屋の中が薄暗かったので。

タイトルの意味はまあ、今回のエウレカを見た人なら何のことを言っているのかすぐにわかることでしょう。
レントンがまた旅立ちましたからねえ…。親子がなあ…。
でも、エウレカが待ってるのですから、早く月光号に戻ってくれないと困ります。私が。
関連記事

テーマ : 交響詩篇エウレカセブン - ジャンル : アニメ・コミック

23:15  |  交響詩篇エウレカセブン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

楽園の終わり。

ってな感じでしたね、この回は。
レントンにとって、ビームス夫妻の傍はとても心地よい、まさに「楽園」
だったのかもしれませんが、やはり彼の居場所はエウレカの傍ですよ。
なんだかレントンに逢いたくてしかたのないエウレカを見てると切なくなりました。

>フリーランサー
これの意味を大佐が「槍」といっておられましたが…ブリューナク?やっぱりチャールズはラムダですよ。
「貫く」とかも言ってましたし。

>タルホさんがとてもかっこよかったと思います。
そうですよね!かっこよかったですよ。最初の頃はわがままな女性のイメージが強かったタルホさんなんですが、最近はホランドに発破かけてくれるいいキャラになってます。カッコイイです。

この先はなんだかゲッコーVS州軍の全面対決みたく思えますが…レントンとビームス夫妻の戦いを想像するだけで心が痛みます…。

それでは、また次回~。
モカ |  2005.10.10(月) 12:19 | URL |  【編集】

Re:楽園の終わり

確かに、ビームスさんとこはレントンにとって楽園でしたよね。けど、その楽園を手放してでも逢いたいのがエウレカなんですよねー。
あー、可愛いなあ。

ブリューナクの「槍」は、クルースニクじゃありませんでしたっけ?で、「盾」がファルメルで…。
え、あ、そういう意味で言ったんじゃなかったらすいません;

>ゲッコーVS州軍の全面対決みたく思えますが…
そうですね。これは、まあ、前々からありそうだなとは思ってたんですけど、ビームスさんとこも参戦しちゃってるのは何ていうか…。
なんだかホランドと過去になんかあったようなにおいがぷんぷんしてるので仕方ないっちゃあ仕方ないのかもしれませんけど。
あんまり悲しいことにはなれないでくれることを祈るばかりです。

では、コメントありがとうございました!
由乃(管理人) |  2005.10.14(金) 03:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/76-f6194f32

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。