06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

モーニング・グローリー

2005.10.16 (Sun)

今回の話はすごく良かったです。最後のほうなんて感動して少し泣けてしまいました。
それに、レントンは何だか前より大人になってたし、エウレカはかなり可愛かったしでもう最高でしたよ!
いいよー、エウレカセブン。面白いよー、エウレカセブン。
ではでは、早速感想のほうへいってみましょー!
かなり長くなってしまいましたので、お読みになる方はお覚悟を。
あと、可愛い可愛いばっかり叫んでいるので、それに対しても覚悟しといた方がいいかもしれません。
感想語ってるより叫んでるほうが多かったりしそうなので…。(え

More・・・

ギジェットがボードの手入れをしていましたが、初めて見た気がします。ゲッコーステイトのメンバー全員がリフボーダーではないかもしれませんが、メンバーたちのボードってあんまり表に出てきませんよね。実際に波乗りしていたのだって、今のところはレントンとホランドだけだったと思うし。
前に波乗りできそうなポイントがありましたけど、たどり着いたところはそことは別の場所で、結局誰も波乗りできませんでしたしねえ。エウレカセブンが終わるまでに、ぜひとも他のメンバーの波乗りも見せてほしいです…。

ストローの袋に水分を一滴くらい垂らすと生き物みたいに動くんですねー。知らんかったですよ。
レントンが子どもたちにこの様子を見せているシーン、可愛くって好きです。
子どもたちがレントンに懐いてるのが可愛くて可愛くて!!
それを傍で見ているエウレカも何だか微笑ましかったしさあ。
レントンとエウレカに子どもたちをプラスしても可愛くて良し!!

ギジェットに「恋って何?」と尋ね、返ってきた答えに目を丸くさせるエウレカ。
「好き」という言葉の意味は、どうやら知っていたようですね。
そうか、好きってことなんだ…みたいに思ったんですかね、このとき。
初めて恋を知った少女の図ですか?(笑)あは、可愛い。

無理矢理ニルヴァーシュを動かそうとして頑張るエウレカさんですが、回してはいけない方向にねじを回しているかのように、ニルヴァーシュがみしみしっと。
そこにドギー兄さんがやってきた!うわ、まともな登場久々だね。
今まで、可哀想なのが続いてましたから。

「ねえ、ママ。いつ戻ってくるの、レントン?」
「…えーと、それはね」
エウレカも分かんないよなあ…(泣)
「戻ってこないんじゃないの」
「うそ…」
「もどってくるよ!」
レントンに戻ってきてほしいと思ってる子どもたちが可愛くて仕方ないー!
前はエウレカをとられたくなくていたずらばっかりしていた子どもたちですけど、今となってはもうしっかりレントンに懐いちゃってますからねえ。可愛いやつらだよ、ほんと。
「ホランド、約束破ったことある?」
「…ある」
あれ、そうなんだ?前はないとか言ってたような気がしてたけど、あれは私の勘違いでしたか。
しかもいーっぱいあるんだ。そして、守るほうが少ないとまで言われる始末。ダメじゃん、ホランド(笑)

戻ってきたホランド。州軍とビームス夫妻のことを知らせる。
すると、レントンはどうしたのかと聞くタルホさん。
「家出少年と月光号、どっちを優先するかなんて、ガキでも分かる」
「…じゃあ、あんたはガキ以下ね」
すいません、そうなると私もガキ以下です…。
月光号がピンチならしょうがないと思うんですけど。ホランドも、レントンを探さないって言ってるわけじゃないんだし。そこまで責めるのは止めてあげてほしいかな…。

ホランドの手にしていたレントンのあのジャージを、引っ手繰るように取るエウレカ。
しかも胸に抱きしめるかのようですよ…。ああ、可愛い~。
持っていたものを投げ捨ててまでジャージを引っ手繰ったのも何ともいえませんよー!
「レントンよりお前が大事なだけだ」
「私は…私はそうじゃないよ」
ホランド、振られた(笑)
今日はなんだかホランドが可哀想に思えます。しょうがないことを責められてるこの人が何だか…。
開閉を繰り返すドアの音がまた何ともいえない雰囲気を出しているし。
何度も挟まれてるブタさんまで可哀想に思えてきましたよ。
ぬいぐるみなんですけど、見てると苦しそうで。

身支度を整えてボード(ギジェットの)を片手に走り出すエウレカ。
このシーンは、いつぞやのドミニクとかぶります。
「ニルバーシュは動いてくれない。ホランドも頼れない。あたしが、あたしが行くしかないじゃない!」
エウレカーが出るー!?
「いつもは、レントンからだったね。でも今度は」
いやー、可愛いー!!今日は可愛いのオンパレードだあ!!
とまたもやいつの間に現われたのか、ゴンジイを発見。
レントンが家出したときもいましたよね。
月光号の中で、実はこの人が一番すごい人なんじゃないか、と思ってしまいます。
エウレカ行ったー!この娘の波乗りもはじめて見ましたよ。
「待っててね、レントン。待ってて!」
ああ…もうダメだ…エウレカが可愛すぎるー!!
って、ええー!?レントンが月光号の上空にいる!!
「待っててエウレカ!今行くから!!」
エウレカ待てないでもう飛び出しちゃったよ!
いやー!すれ違いなんて嫌だー!!
エウレカ戻ってこーい!
ああ、でもレントンが戻ってきたときの子どもたちが嬉しそうで…良い!そこは良いよ!

「素直になろうぜ、ホランド」
私もそう思うんですけど、大人げないこの人には無理な注文ですかな。
そんなホランドにレントンの放った言葉。
「戻ったんじゃないよ。月光号のメンバーに、今更戻してもらおうなんて思ってない。そんな都合のいいことなんて、考えてもいない。俺はただ…エウレカに…エウレカに会いに来ただけなんだ!」
レントンが成長したんだと思わせられた瞬間でした。顔つきも少し変わったかなと思ったりもしました。

ギアナスに向かうエウレカ…。もうレントンは戻ってきたのに、それを知らないために月光号に戻ることをしない。ああ、すれ違い…ものすごくモヤモヤするんですけど…。
しかも、州軍とビームス夫妻と出くわしてしまうし。
エウレカピンチかよ!?チャールズさんも発進ときた!
「おい、俺より先に残酷なことすんなよ、レイ」
「ちょっと威嚇しただけよ。当てるつもりはないわあ」
わ、わ、この人たち怖っ!初めて怖いと思ってしまった。
エウレカになんか恨みでもあるのですかあ…?(泣)

「ニルヴァーシュ…行こう、ニルヴァーシュ!」
行け、レントン!!エウレカがピンチだー!!

エウレカのカットバックドロップターン…に喜んでる場合ではなく!
あ、あぶ、かなり危な…ってああ!落ちたあ!!
「私、結局一つも約束を守れなかった。ごめんね、メーテル、リンク、モーリス…ごめんね、レントン…!」
あ、あうあうあう…な、泣きそう。また泣きそう(私が)…。
「あれは!!」
ニルヴァーシュとレントンがああ!!(落ち着け
「エウレカー!!エウレカー!!」
「レントンー!!」
ここ!ここですよ!!感動したシーンはまさにここですよ!!
やっと会えたんですよ!?私まで嬉しくなって泣いちゃったんですよ!!(そんなのどうでもいいし

「チャールズ…分かってるでしょ、あたしのこと」
「ああ、分かってるさ。レイの望むものは全て!」
お、奥さんが、レイがなんだか怖…。やっぱりなんかエウレカに恨みが…?
腹部をなでてたところからすると、子どもに関係のあることですか?

「レントン、あたし、レントンだからできたの。レントンじゃなくちゃダメなの。私は…私はレントンが…」
か、か、か、可愛いよー!!!
エウレカが尋常じゃないくらい可愛いよー!!!(バンバンバンッ
ほ、ほっぺたが赤に染まっちゃってて…可愛すぎ!!
このシーン、2話のレントンと同じですね。わざとなんでしょうけど。
でも、それがまた良い!!可愛い!!
レントンもエウレカ抱きしめちゃって…。
し、死にそう…二人が可愛くて私死んじゃいそう…かはっ(吐血
「無茶なことして…たった一人で、こんな…。でも良かった」
「あたし、ずっと話がしたかったの。…レントン」
「俺も…エウレカに聞いてほしいことが、たくさんあるんだ!」
……!!!(声にならない叫び
可愛い可愛い可愛い可愛い可愛(強制終了

「大丈夫、俺に任せて。人は絶対に殺さない。戦えないようにするだけ」
これを聞いて、もしや…と思ったのですが、予想は的中。
片腕とか武器だけを攻撃して、人のいる部分には攻撃せず。
レントンがキラ・ヤマトに…!あ、あの技はキラじゃないか!
殺さないのは良いことだけど…良いことなのに何ともいえないじゃないか!!(笑)

エウレカがレントンの手の上に自分の手を重ねたとたん、光が…。
「ね、レントン。一緒に行こう!」
「うん!」
このパターンは、セブンスウェル?でも、ちょっと周りの様子が前回とは異なって…。
ホランド曰く、セブンスウェルじゃないらしいですけど。
じゃあ、一体なんだというのやら。まあた分からないことが増えたぞー、この野郎。(笑っているがほんと笑っていない)

「ねえ、レントン。あたしね、君がいない間にいろんなこと考えたの」
「俺も、いろんな人に会ったよ。変わった人、すごい人、悲しい人…それで、やっと分かったんだ。何が大切なのかって」
「あたしも…分かった、気がする。自分の大切なもの」
ま、また赤くなっちゃって、エウレカ…もう私可愛いしか言えない!
「ねえ、レントン。あたし、変わったんだよ。あたし変わったんだって!昔とは違うって、ギジェットもニルヴァーシュもそう言ってくれた」
「俺なんかもう変わりまくり。君が俺んちに落ちてきた、あの日から」
「聞かせて、レントンの話」
「聞きたいな、エウレカが変わったこと」
あははーうふふーえへへー、可愛いなあ、もうっ!(壊れぎみ
月光号に戻ったら、盗み聞きされてたことが分かって恥ずかしがってくれたるすると、なお可愛いんだけどなー。冷やかされたりするのもいいなあ。マシュー辺りがやってくれそうだ(笑)
この、話を皆に聞かれているシーンを見て、私はラピュタを思い出しました。
シータとパズーが二人で見張りしてるときの、会話を聞かれていたときのやつと同じなんですよね、状況が。
ラピュタ好きなんですよー。ジブリでは一番好きです。

「諦めるわけじゃない、絶対にな」
せ、せっかくの幸せなひと時の背後で銃を構えたチャールズが、いました。
だから怖いって!(ブルブル

えへへー、今回の「つづく」はお二人さんでしたね!
レントンとエウレカでしたよね?他の人じゃなかったですよね!?
もう、ほんっとに可愛いんだからー!!

さて、今回の中で妙に気になる言葉がありました。
「王の息子。デューイ、そういうことなのか」というチャールズさんのセリフです。
いやあ、なんのことなのかさっぱりですねえ。
王の息子という言葉はレントンのことを指しているのかな、とも思いましたけど。
そういうことって、どういうことだい。

あ、あと、どうでもいいかもしれませんが、髪を横にはらった時のタルホさんが少し色っぽかったですー、はい。

そうそう、今日で2クールまで終わりましたね。来週からは第3クールに突入です。
となると、次回からはOPとEDが変わりますね。
どんな曲で、どんな映像になっているのかが今から楽しみでなりません!!
今回のタイトルは…すいません、感想だけで結構疲れたので解説するのは止めときます。
今後も、気が向いたらするという感じになると思います。
英語はそんなに得意じゃないので私にはちょいと荷が重かったようです。
では、また次回。
関連記事

テーマ : 交響詩篇エウレカセブン - ジャンル : アニメ・コミック

19:14  |  交響詩篇エウレカセブン  |  Trackback(18)  |  Comment(6)

Comment

アサガオ。

です。今回のタイトルの意味は。
どういう意図なのかまではちょっと測りかねます…今回の印象はエウレカとレントンが可愛い&かっこよかったことだけですから。でもアサガオはふたりの成長の象徴…とか。
もう、今回は…由乃さんが壊れかけるのもわかるくらい可愛かったですよ、エウレカ!
僕も血吐きそうになってました(笑)
レントンもなんだか顔つきが精悍なものになってましたね。ホランドに怒鳴られても冷静に切り返したところがかっこよかったです。
いいなぁ、久々に再会したふたりは、想像以上にいいものを見せてくれました。

レントンの不殺発言はおもいっきりキラ・ヤマトでしたね~。いいんですよ。実力があるなら、情けをかけることは悪いことでないと思います。

次回予告は全体的に映像が暗めでよくわからなかったんですが…ビームス夫妻がエウレカをみて凶暴化したのが気になります。

次回から第3クール。OP、EDは僕もとても楽しみにしています。

いやあ、レントンとエウレカのコクピットでの会話を思い出すだけでにやにや笑いが浮かんでしまいます…今週はよかった!

では、また次回~。
モカ |  2005.10.16(日) 20:10 | URL |  【編集】

かはっ!

コメントが消えました…なので、再び書き直します。

確かに、何のことを指しているのか分かりませんよね今回のタイトル。
どういう意図があるのか、結構気になるところです。ふむ、アサガオですか…。

エウレカ可愛かったですよね!!もうどうしようかと思いましたもん!
モカさんも吐血しそうになりましたか!(笑)やっぱりあの可愛さは反則ですって!!
レントンは、ええ、かっこよかったですよね。
でも、エウレカにばかり意識が行き過ぎていたせいか、感想ではレントンの男前度が上がったことについては触れてないんですよ。
エウレカが可愛すぎるから~!

不殺発言については、言葉はキラと同じでしたけど、レントンはレントンなんだ!と思うことにしました。
キラに様は付けれても、レントンには無理なんだってことです。(分からんて

次回予告から分かったことは、ビームス夫妻が月光号に乗り込んだ?ということです。
ほんとにそうなのかははっきりとは分かりませんでしたが、なんだか私にはそう見えました。
ついに侵入しちゃいましたかね?
ってことで、次回はOPとEDも気になるところですけど、話の方もかなり気になりますね。
それでは、コメントありがとうございました!
由乃(管理人) |  2005.10.17(月) 00:59 | URL |  【編集】

朝顔の花言葉は「愛着の絆」なので、そこからですね。
kei |  2005.10.17(月) 08:55 | URL |  【編集】

おお!

そうだったんですかぁ…花言葉には通じていないので、それは気付きませんでした…。「愛着の絆」、なるほど納得です。
keiさん、どうもありがとうございます。
モカ |  2005.10.17(月) 19:58 | URL |  【編集】

あ。

ちょっとした追記。

州軍の包囲網の指揮官、「ロアルド・ダール」と名乗ってましたね。

「チャーリーとチョコレート工場」の原作者の名前でっす。
モカ |  2005.10.18(火) 10:03 | URL |  【編集】

>>keiさん
なるほど、花言葉ときましたか。それは考えてませんでした。
教えてくださってありがとうございました~!

>>モカさん
あの指揮官の名前は「チャーリーとチョコレート工場」の原作者だったのですか。いやはやそれは知りませんでした。わざわざどうもです。

では、コメントありがとうございました!
由乃(管理人) |  2005.10.19(水) 00:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosinoaki.blog13.fc2.com/tb.php/78-348dca95

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

2クールの鬱憤を全て晴らした素晴らしい回。2クールは鬱展開を強いられたという印象が強かったのですが、その分カタルシスも大きなものに。でも、ライトな視聴者には辛かったでしょうねぇ。エウレカセブンで鬱展開を見る羽目になろうとは思わなかったでしょうし、何より徹
2005/10/16(日) 20:15:34 | ToyandDiary
土曜深夜の地獄少女から始まり、日曜朝7時のエウレカセブンまで・・・見るの多いは、夜中で眠いゎでこの時間帯のレビューはシンドイですぅ。。。ビデオ撮ればええやん~って話なんですけどもね。なかなか・・・こんなこっちゃまっとうな腐女子なれません><以下ネタ
2005/10/17(月) 00:00:10 | 燃え上がれ!コレクター魂!!
 構成・演出・音楽、全ての面においてほぼ完璧な出来だったのでは。特に爽快感が並じゃありませんでした。 カレイドで例えるならば「笑顔の すごい 発進」レベル? これだから鬱を溜め込むのがやめられません。 続き....
2005/10/17(月) 00:06:25 | 吠刀光 【遊撃】
今回は良かった(≧∇≦)b 久々に、見終わって温かい気持ちになりました。後半のレントンとエウレカの会話、とても微笑ましくて・・・もう、2人とも可愛いんだから!レントン、成長したねー。心なしか顔つきも精悍になって、言葉にも説得力が増した気がする。エウレカも
2005/10/17(月) 01:27:37 | クールなイザーク☆乙女なアスラン
交響詩篇 エウレカセブン 第26話 「モーニング・グローリ」今回のエウレカセブンは、言葉ではいい尽くせないすばらしい話だった!某巨大掲示板をはじめ、エレウカ関連の掲示板は、どこも祭り状態!!まさにセブンスウェル状態!!ここ最近だと、ここま
2005/10/17(月) 01:31:31 | ターボモーレツ
第26話 「モーニング・グローリー」 レントンは、エウレカのために月光号に戻った・・・。エルレカは、レントンを探しに飛び出した・・・。二人の再会が虹色の奇跡を生む!前半(第2シーズン)のクライマックスの回でした!第2シーズンの展開は、すべてこの回のためだった
2005/10/17(月) 02:35:27 | + SERAらく日記 +
交響詩篇エウレカセブン 3本格的に”月光号包囲網”が出来上がりつつあります。そして始まる、チャールズとホランドの戦い...続き詳細は、以下**********
2005/10/17(月) 07:46:12 | オヤジもハマる☆現代アニメ
ハイサイ!(>_<)!さてさて、2クール目もとうとう終わりましたね~エウレカセブンの感想やらなんやら書いていきましょう(^^)・Aパート州軍の集結からスタート州軍はかなりの数が月光号殲滅に駆り出されているみたいシーン変わって月光号内エウレカ&ギジェットの
2005/10/17(月) 09:05:04 | 南の島からガンダムを作れ!
 久々の『秘密基地』だーっ!やっぱりエンディングの曲はこっちの方が個人的に好き。  今回の展開はベタだったけれど、それはそれで熱いものがあって嫌いじゃないです。  それにしても、チャールズはエウレカをつかまえて、どうしようっていうんだったんだろう。あの執着
2005/10/17(月) 10:45:21 | さんでぃうぃっち
「モーニング・グローリー」ようやっと折り返し地点かな。エウレカがどんどんレントンのことを好きになっていく様が非常によいですvいなくなって始めて存在の大きさがわかる。そんなとこでしょうか。チ
2005/10/17(月) 14:48:00 | 世界はそれを腐女子と呼ぶんだぜ
2005/10/17(月) 16:22:33 | When the cicada cries-せみがなる場合-
第2クールの締めくくり。これまでの総決算ようなオールキャストによる手に汗握るストーリー展開。巧みな演出と効果的な音楽。レントンとエウレカの心と心に乾杯です。
2005/10/17(月) 20:26:53 | 伊達でございます!
 今回のエウレカセブンは、吉田さんが作監ということで、経営していらっしゃるHPのお絵描き掲示板でも、「来週はたくさん描いたので見てね」などなどと、ものすごい迫力&量の宣伝をしておいででした。そういうことや、次回予告を含め、前々から期待していたのです
2005/10/17(月) 21:21:29 | JUGOの徒然記
鬱展開だった第二クールの締めは二人の再会で決める・・・・・・いい締め方でした!!!ようやく会えたレントンとエウレカ、そして交わされる二人の会話と想い・・・・・・・もう日曜の朝からテンションが上がってしまいました!!今回のエウレカはすごくかわいかったよ~!
2005/10/17(月) 21:49:57 | 舞い降りる剣
今回は後半が恥ずかしくて、指の隙間から見てました。
2005/10/17(月) 22:35:29 | tune the rainbow
待ちに待った2人の再会。各所に使われている音楽も雰囲気を盛り上げるのにとてもよく、レントンとエウレカの想いの強さが熱かった。(メインBGMつめ放題ってくらいの多さのBGMだった)2クルーの最後に相応しい占めだった。EDを秘密基地にしたのもとってもいい
2005/10/18(火) 00:26:48 | 今日は何色?
26話 モーニング・グローリー「恋ってなんだろう…?」レントンと子供たちとの思い出を懐かしむエウレカはギジェットに尋ねる「ギジェット、この間言ってたでしょ。それは恋だって」「ん~そりゃあ、アレよ。アレ。好きってことでしょ」「好き…?」ニルヴァーシュに乗ろう
2005/10/18(火) 09:16:23 | 日記風味・お絵かき日和
管理人の承認後に表示されます
2014/04/04(金) 14:38:57 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。