05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

TOG 2周目プレイメモ①

2010.01.26 (Tue)

クリア後まもなく2周目を始めるのってかなり久しぶりです。
ヴェスペリアもSO4も、一応2周目をやってたりしたのですが、そんなにすぐには始めなかったような…
そしてクリアしないまま放置してる。
エターニアを何周もしてたあの頃が懐かしい…
今では一つのゲームを何度も遊び倒すなんてことはそうそうできませんね。
やりたいことに対して、自分が割ける時間が少なすぎる。

今回のグレイセスは、戦闘がそれはもう楽しくて楽しくて未だに熱も冷めやらないので、2周目をやってみようと思い立ちました。
キャラたちへの愛も衰えることなく燃え続けていることですし。
パスカルとヒューバート、大好きだー!!
単体でも二人一緒でもどちらでも。

2周目なので、本当にメモ程度のことしか書いてません。
全てを知った上で、そういえばこれどうだったっけ?とかを考えたり思い出したりしながらいろいろ書いてます。
そのため、クリア後のネタバレありな内容になります。
範囲内のネタバレだけでなく、それ以降のネタバレがわんさかありますよー。
あと、1周目で見れなかったチャットやサブイベについても語ります。

では、今回の範囲。
幼年期スタートからグレルサイドまで。
クリア後のネタバレありなんだから範囲なんて書かなくてもいいような気もするけど、そこは自分用メモってことで念のため書いておきます。

More・・・

まず、グレードショップで購入したものを以下に。

称号引継ぎ
エレスポット引継ぎ
お得意様スタンプ引継ぎ
術技使用回数引継ぎ
ブック引継ぎ
戦闘アイテム引継ぎ
経験値2倍
スキルポイント2倍
いつか見たマスタリー
アイテム入手確率2倍
エレスポット性能アップ
アイテム所持数拡張
チェインキャパ+2
獲得ガルド2倍
性質解放

今回は、特に頑張ってグレードためなくても、欲しいものは全部買えたかなーと。
ヴェスペリアのときはタイダル祭やらないと全然足りませんでしたからね。

そんでは、プレイメモ開始↓


【幼年期】



ソフィと初対面。
「この場所と一つになって眠っていた」
ラントの裏山は一年中花が咲いている。
このことと関係あるんでしょうかね?
ソフィがなんでこの場所で眠っていたのか、そういえば知らないまま終わってしまった。
ラムダと戦った後どうなったのかも知らない。
過去にラムダと出会ったソフィが負けたところはラスダンのイベントで見たけれど。…あれ?ラスダンだったっけ?
あ、そうだ。粒子化して単粒子保全したのか。解決。



アストンが預かると言ったのに、ソフィはアスベルといると言った…その理由とは?
1周目ではアスベルに主人公ならではの特別な何かがあるのかと思ってけど、クリアまで行ってみてもそんなことはなく…
刷り込みみたいなものなのかなー。
目覚めさせたのがアスベルだから…とか。



アスベルさんのネーミングセンスって、青年期に入っても同じだったっけ…?笑
名付けイベントみたいなものがなかったからわかんないや。



ヒューバート、父と一緒にバロニアへ。
お守り!これか!
ストラタの大統領に親書を渡しに行く際、弟くんがアスベルさんに渡してロックガガンから出るときに役立ったお守り。
ビビんなよ、ビビったりしないよーでわあわあやってるラント兄弟かわいいなあ。
この子ら小さいときも大きくなってからもかわいい。



タイガーフェスティバルあにきとバロニア観光。
そっか、タイガーフェスティバル兄貴になったのはソフィが原因か。笑
今度こそ虎祭兄貴とバロニア観光するんだー!やっほーい!
というかむしろ兄貴で観光してやる!!

アイス屋ができるところにいる女の子とか、青年期に入ってからできる写真のサブイベントの老夫婦とか、2周目ならではの発見があって面白い。
あと、騎士学校でマリクに会うイベントも見ました。1周目では逃していたので。
教官の声が若くなってることに驚き!
7年でだいぶ老けたな…32歳から40歳でそんなにも声に渋みが出るものだろうか。笑

マリク:名前は?
アスベル:タイガーフェスティバルです!

まずここで吹いた。笑
ためらうことなくはっきりと虎祭と言ったことに。
この部分、大きくなっても変わってない気がする…アスベルさん。

マリク:妙な名前だな。
アスベル:兄貴は人一倍照れ屋なんです!
シェリア:なので、緊張してちゃんと立てないんです!すみません!
アスベル:俺たちそんな兄貴が心配で付いてきちゃったんです。

照れ屋、緊張してちゃんと立てない…なんだそれ!笑
このイベント面白いわー。1周目で見れなくて残念だったなー。

こんなこと繰り広げつつも、実は兄貴の正体バレバレだったっていう…。笑
リチャードがマリクの名前呼ぶのって、このときが最初で最後?
青年期に入ってから呼んでたっけ?覚えてない。

ソフィが教官の真似してたのも見逃さなかったよっ!!
相変わらずかわいいなあもう。



王都地下にて。
ソフィの言う重い空気とは、ラムダのことだったわけだ。
そして、リチャードが倒れていたのは叔父に毒を盛られたからだった…と。
ちなみにこの時点ではラムダ寄生前。

子どもたち、めっちゃ壁とかに叩きつけられてて、普通に考えたら命危うそうですよね…アスベルなんてラムダに刺された上に天井に思いっきし叩きつけられてましたし…
これを、ソフィが分減保全をして彼らを救った…と。

このときソフィがラムダに対して行ったことって、対消滅?
アスベルたちのために分減保全したわけだから違うと思うんだけど…

あの光ぱーんとなった後に、ラムダがリチャードに寄生したのね。
そしておそらく一人で立ち上がってそのまま城に戻っていった。



アスベル、意識を取り戻す。
このときアストンさんがソフィを死んだと言ったのは、あの場にいなかったから…ですよね?
分減保全により3人に命を分け与えていたから完全に死んでしまったわけではなかったけれど。
粒子化して再構成すればまた復活できるわけですし。
まあ、完全に元通り、とは行かないかもしれない可能性はある。



家出同然でバロニアへ行ったアスベルは、騎士学校に入るときに奨学金で入ったらしいけど…いきなり子どもがやってきても入学させてもらえるものなのかが謎。
深く考えるなと言われてしまえばそれまでだけど、ちょっと気になる。



【青年期】



初の実地訓練のときの、オーレンの村の住人が消えた理由って、結局何だったの?
あと、あのボスの黒い狼みたいな魔物も何ですか?
すっかり忘れてたけど、そういえばこれらについて触れられてなかった気がするんだが…
この野獣もラムダの体組織から生まれたものだったりする?
それにしても、住民は一体どこへ…別の場所へ逃げたとかですか?

アスベルさん使わなすぎてソラヌスに負けるかと思った…;;
早くパスカル出てきてー!!
とりあえず、教官いる間は教官使う。称号習得させな。



ここ最近になって突然使えるようになったという光の力。
ソフィの回復が終わったからとか、ですかね?



確かに、光の柱は花畑からじゃなくてアスベルさんとシェリアから、2つの光が合わさって立ち上ってた。
初めてこの場面を見たときは、裏山の花畑にソフィが眠っていたのかと思ってたけど、実際には3人の中にいたんだよなー。
ただ、このときはまだヒューバートがいないからソフィの再生は完全にはならなかったというわけで。
記憶まで取り戻すのは、弟くんが現れてから。



「騎士になれるはずだったんだ」
ここで過去形にしてしまっているってことは、もしかしたら、家に帰ってくる前から騎士学校を辞めることを考えていたのかもしれない。
でも、決心してもまだ揺らぎが残っている。

葛藤しているような夢を見るイベント、1周目では知らなかったので2周目にして初めて見ました。
長い間ずっと夢見ていたんだから、そんな簡単には諦めきれないさ。
しばらくは悩む日々が続くことでしょう。



あの、それ以上やっても無駄ですよ……
ボス戦前に10回以上飛び込むと見れるというチャット。
変な期待って、透けてますよー的な?
アスベルさんは純真さんなので、そういったことはしそうにないですよね。
でも、変な期待の意味はわかったらしい。笑

さすがにシェリア操作でボス戦に挑むのは失敗だったようです。
でも、再戦でもシェリア操作で。今度は勝てたよ!
負けっぱなしは趣味じゃねえ!笑



ウォールブリッジ地下遺跡のソフィの幻。
大昔にフォドラからやってきたアンマルチア族が、この装置を作ったとして…そのときに何を記録として残したかったのか。
ソフィの幻とラムダという言葉が残されているのなら、ラムダを消滅させるためにはソフィもといプロトス1が必要であるとか、そんなようなことでしょうか?



この後グレルサイドへ向かい、ウォールブリッジ地下遺跡からウォールブリッジ内部へ潜入します。
純粋に進んだところまでのプレイメモですよー。
さって、続きやるかね続き。
近いうちに攻略本のエキストラの世界観やキャラ設定などの諸々についての感想みたいなものも早いとこ書いてしまいたいです。
鉄は熱いうちに打て!…ってこういうときに使うんだっけ?
関連記事

テーマ : テイルズ - ジャンル : ゲーム

23:53  |  TOGプレイ日記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。