07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

薄桜鬼 プレイ感想④

2010.05.02 (Sun)

今更だけど、全てのルートをやらないとわからないことって結構あるんですね。
特定の個別ルートに入らないと出てこない人もいますし。
まあ、こういうゲームはそういうふうにできているものですよね。
そうでなければ面白くない。

中には、個別ルートを全て終えた後に真のエンディングやら後日談やらがあったりするものもあったりなんかして。
乙女ゲーではないけど、CLANNADがそうでした。
何度も泣かされたのもいい思い出。


さて、薄桜鬼 5周目は沖田総司です。
個別ルートに入ってしばらくしてから、やたらとツボに入る言葉ばかりいうものだから、そのたびに心を鷲掴みにされた気分でした。笑
なんでそういうことばっかりいうかな沖田さんは!なんなのなんなの!
イヤホンつけてやってたのでなおさらもだもだしてました。
うぐってなったり耳押さえたり、なんか大変だった。
左之といい勝負だよ…


ではでは、以下よりネタバレありです。

More・・・

【沖田 総司】

三章で風間が襲撃してきて、山崎さんに戦力にならないからといって適当な部屋に放り込まれたら…沖田さんを押し倒しちゃった!
赤くなってる千鶴かわいいー。
いいですな、このスチル。沖田さんは余裕たっぷりなのに千鶴は真っ赤で1リも余裕ないとか。かっわいい!


屯所を移転してからまたまたやってきた風間。
斎藤さんを呼びに行きたい気持ちをぐっとこらえて、沖田さんのとこに行きました。笑
今回は沖田さんルートに行くんだ、仕方ない。

薫きたー!
実は男で千鶴と双子だとか、本編以外での単なるネタかと思ってたらほんとだったんだ!

沖田さんルートでは薫から変若水を手に入れるのか。なるほど。
うわあ…兄さん歪んでるよ…
南雲家に引き取られた兄さんがちょう歪んでる…
育った環境を思えば仕方の無いことだとは思うけど…
でも、きょうだいものが好きな私にとっては結構くるものがあります。地味にショックです。



四章。
個別ルート入った!
いつからか千鶴が近づこうとすると、沖田さんがそれを拒むかのように言葉で遮断するようになってきた気がしてます。前からそうだったけ?
ぴしゃりと言われてしまうとこちらもうぐってなります。壁があああああ…
きっとわざとなんですよね、わかります!
あ、それか今はまだツンな時期ですか、組長!


私の新撰組のイメージはピースメーカーと風光るの印象が強いので、沖田さんは土方さん大好きじゃないと違和感があったりします。
近藤さん大好きなのは同じみたいなので平気なんですが。


あー!斎藤さーん!
いつ見てもかっこいいなこの人は。
苦労性な土方さんも好きですよ。個別ルートで惚れました。
仕方無さそうな優しい声とかたまらんです。
あと、平助かわいいよ平助。


千鶴を守って代わりに撃たれて(ほんとはそれが薫の狙いだったけれど)「どこも痛くない?」とか…今までに何度も「斬るよ」とか意地悪なこと言われてきたのにそんなこと言われたら…たまりませんでした。
意地悪なのに優しいって矛盾してて戸惑うよ沖田さーん!



五章。
沖田さんの「そんなこと言ってません」が好きだ。笑

やーまざーきさーん!
嘘です、と言われてしまった。ちゃんと寝てないのバラされてしまった。

え、沖田さんと山崎さんてかなり、仲が悪いの?
性格が根本的に合わないとか?
犬猿の仲と言われるほどに仲が悪いなんて初耳でした。知らなんだ。
他のキャラの個別ルートに入ってしまうと、沖田さんはもう出てこなくなるから山崎さんとの絡みがないしなあ。
知らないのも当然か。


沖田さんの洋装だー!初めて見たー!
これはこの個別ルートでしか見られないのかもしれない。

「つまり惚れ直したってこと?」
こういうことをさらりと言ってのける沖田さんが好きです。
というかたまらん…うぐってなる…(また言った
千鶴が恥ずかしいから否定しちゃった後の、悲しげな顔と言葉はなんなの!
なんなのなんなの!?
そういうのは卑怯だってばっ!
わかっててやってるんですよね、さっすが!

そしてその後観念して「格好良いです」と本音を言ってしまう千鶴も好きです。なんとかわいいことか。
勝ち誇った沖田さんの顔がこれまた…っ!
なんなのなんなのおおお!!

この場面の二人のやり取りがかわいくてツボりました。
千鶴が目をそらしたあたりからずっとにやにやしてました!


うわあああああああ!
千鶴が薫に変若水飲まされたああああああ!!
羅刹化するのも実はうっすら知ってはいたけれど、あんな無理矢理にとは…兄さんひどいや…

千鶴が羅刹化しても、沖田さんが吸血衝動に苦しむのは変わりませんよーっと。
……。
「お預け?」とか「もう君の血しか飲まない」とか…くわあ!!
思わず仰け反るほどもだもだするわこんにゃろ!!



六章。
え、ちょ、千鶴も戦うの?見たい見たい!
けどまあ…そういうスチルはないんですよねえ…
これ乙女ゲーだから。
沖田さんが戦闘狂なのはもうわかったから千鶴が戦ってるところが見たいでっす!

「後ろにいれくれたほうが安心するから」
言葉は意地悪だけど飛び切り優しい声音って…たまらん。

わああああ山崎さんがきてくれたー!!
なんかこのまま山崎さんとお別れな予感がするのですが。
嫌な予感しかしない。


唐突に抱きしめられた…!
「今は君を抱きしめたくてたまらない」
そんなこと言われるとにやにやするんですけど。
よくわからないけど抱きしめたいとかたまらんよね!にやにや。
真っ赤な千鶴ちゃんが見たいです。かわいいかわいい。

沖千もいいですね。
…というか、薄桜鬼は誰が相手でもにやにやします。
千鶴単体でもかわいいんだからどうしたらいいかわからない。
まあ、みんな好きってことで。笑



七章。
薫が千鶴への態度を軟化させました。
自分と同じ苦しみを味わったからこれで平等だ…と?
やっぱり歪んでらっしゃるのは変わらない。


沖田さんに「おいで」って言われて満月を見る。
おいで、っていいよね…
私も言われたい。
ただ黙って後ろからてこてこついて行くのもいいんだけど、それはついてきてくれてる側が嬉しいのであって、個人的には「おいで」と言われてついて行きたい。

「君を殺してあげるよ」
言葉とは正反対の優しい声音ですね。
ここ好きだ。


薫が自らも変若水を飲んで、沖田さんと戦って敗れて散って、父様も千鶴をかばって逝ってしまって、一瞬で家族を失くすというのはどれほどの悲しみか…
そんなとこに「泣いていいよ」とか優しく言われたら、泣くね。
心に巣食ったものが全部こみ上げてきて泣いちゃうねー。
あんな優しい声音で泣いていいよとか…はあ…



終章。
二人で野原に寝そべって日向ぼっこなんて、たまんない!
うはあ、このスチルがいい夫婦すぎる。愛しい。
今更だけれど、沖田さんの言葉いちいちツボにくる。
言葉選びがうますぎて平常心じゃいられない。
君とふたりで日向ぼっこなんて、最高のぜいたくだー!わー!

そ、そうじさん!総司さんて呼んでる!かゆい!笑
千鶴が沖田さんのことをを総司さんと呼んでいるー!

そんなことではしゃいでる場合じゃなかった、不意打ちきた…っ!!
いきなり、なんの突拍子も無く、会話の流れも無視して、「好きだよ」って、これは心臓に悪い。実に悪い。
千鶴の言うとおり、ずるいですよ…
この後も「君が好きだよ」とか「君が好きなんだから」とか言うし…た、耐えられん!
恥ずかしくなってイヤホンとってやったわ!
沖田さんのデレっぷりが半端ないです。恐ろしいです。いろんな意味で。

き、聞き返してきたっ!
そして迷うことなく口にするんだ千鶴さん…
だめだ、この二人に近づけない。らぶらぶしてる。

一人で恥ずかしさにわたわたしてたら、沖田さんが「どうか忘れないで」とかいうから嫌な予感しかしなかったんだけど…え、あれは…ほんとに眠っただけなの…?
散々幸せな空気を漂わせて恥ずかしいセリフを吐いて、逝ってしまったような気がしてならなりません。
うわあもやもやするー!



文字通り幸せなのに切ない、その上さらにもやもやして落ち着きませんが次で最後です。
待ってろ、ちー様!
関連記事

テーマ : 薄桜鬼 - ジャンル : ゲーム

02:39  |  薄桜鬼  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。