03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テイルズ オブ エクシリア ミラ編 プレイ日記11

2011.10.10 (Mon)

今回の範囲は、ヘリオボーグ基地から世精ノ途までと、サブイベントもろもろ。


次のプレイ日記で終わりにできそうだったので、いろいろ考えた結果、今までで一番長くなりました。
エクシリアプレイ日記の中で一番長いです。
サブイベントの部分を次回に持ち越したら、まあ、いつもどおりだったんですけど。
そうすると次のプレイ日記の長さがとんでもないのでね。

説明文入れてるから長くなるんでしょうね。しょうがないですね。
ないとあとで自分が困るからね。これなんだっけ?ってなったときに見れないからね。


ではでは、以下よりプレイ日記です。
ミラ編。ネタバレあり。長いです。ほんと長いです。

More・・・

*ヘリオボーグ基地

やっぱり基地を襲ったのはガイアスとミュゼ。
あと大勢の兵隊、というのはア・ジュール軍のことか?

ガイアスの目的は黒匣の破壊?
世界中の黒匣をなくして異界炉計画を止めようとしている?
でも、じゃあ、断界殻(シェル)をそのままにする理由は何?


ヴォルト戦。
ミラ操作で、ジュードとリンク、あとはローエンとエリーゼで開始。
地と水属性の術で攻めて、攻撃と防御繰り返してれば難なく勝てました。
大精霊が使えるので頼もしかったです。
ただ、ウンディーネさんは一方向にしか攻撃できないのでタイミング合わないと空ぶってしまう。



ガイアスとミュゼ、現る。
ヴォルトを起動させたのは、源霊匣(オリジン)を使役しようとしたから。でもできなかった。

世界中の黒匣を一掃するのがガイアスの目的。
一掃したあとに断界殻をなくして世界を一つに戻す。
でも、黒匣がなければ困る人もいる。
黒匣はなくすべきではない、というのがジュードたちの考え。
ガイアスとは話してみても相容れないようで、平行線。
次はどこで相対するんですかねー。

マクスウェルは、一応死んではいないようで。
クルスニクの槍に固定されたままなのかな。
断界殻が消えちゃうから、今のところは殺しはしないでしょうし。



精霊の化石に、リーゼ・マクシアの人がマナを注ぐと源霊匣が生まれる。
ただし、増霊極(ブースター)が必要。
増霊極を使ってマナを注ぎ込むと、精霊の化石に宿っている術自体が実体化する。
それが源霊匣。

黒匣とは術の精度が雲泥の差で、源霊匣が消費するマナは精霊の化石のマナだから、源霊匣は精霊を殺さなくて済む。
この研究が進めば、精霊は減らずに済んで、エレンピオスに自然が戻る日も来るかもしれない、とか。

そういや、ティポがデータメモリとられてからずっとそのまま取り返さずにきたけど、徐々に前のティポっぽくなってきた?
たぶんこのまま最後まで取り返さないままなんだろうな。問題なさそうだし。
でも、エリー呼びは復活しない。



*次元の裂けた丘

ここにある穴から、ミラたちは出てきて下に落っこちた、と。
で、倒れてたところをバランさんに助けられた…って、みんな倒れてたんならバランさんはどうやって全員を運んだの。

ミラの秘密っていうチャプタータイトルだったから、一体まだどんな秘密があるのかと思っていたら、医療ジンテクスの精霊の化石がはずれただけでした。
だけ…だったんだけど、これが何か重要なこ…あ、でもそうか、ジンテクスがないと歩けないはずなのに、精霊の化石のはずれた抜け殻状態のジンテクスを付けてるのにまともに歩けるってことは、普通じゃないんだ。
何かがあるんだ。



*トリグラフ

・アルヴィンとエリーゼ

あ、あ、あ、アルエリだった…た…

この組み合わせは、子ども組なの?とか思ってしまいました。笑
あいつらはみんな大人だよ、とかアルヴィンが言ったあたりから。
ブランコってのがまたいいですよね。子どもっぽくて。
図体だけ大人で中身は子どもなアルヴィンと、見た目も中身も子どもだけど確実に成長しているエリーゼか。

アルエリなシーンがあるというのはすでに知っていたので、なんとなくこの雰囲気からしてくるだろうなーと思ってたらほっぺにちゅーきたあああああああああ!!
いやいやかわいすぎるよ。

でも、これだけじゃアルエリに傾いたりできないよ私は。
もっと何かこれっぽいものがないと!


・レイアとローエン

この二人の組み合わせも結構好きだったりします。
もちろん、カップリングではなくコンビとして。
友達感覚の先生と生徒みたいなイメージがあります。

最前列でミラ様たちを引っ張っていくって、かっこいいなローエン。
ジュードの喜ぶ顔が見たいからと言うレイアは健気でかわいい。
アグリア云々は、ね、残念ながらジュード編やらないとわからないっぽいですね。


・ミラとジュード

え、断界殻の消失とマクスウェルの死は同義…?
マクスウェルが死ねば断界殻がなくなるのはわかってたけど、その逆もまた然りなの?

そして、マクスウェルが死ぬと、その力と霊勢が生み出した世精ノ途(ウルスカーラ)も同様に消える。
しかし、精霊たちにとってマクスウェルは不可欠。
この流れからして、ミラが次のマクスウェルになるってことか。
というかもうそうなりかけている?

人の身ではなくなったから、ジンテクスがなくとも歩けるようになった。
マクスウェルに生み出されてからジルニトラで一度命を落とすまで、ミラの身体は人間だったんですよね。
そうでなくなったのは、復活してから?
このあたりがよくわからない。

そんなことよりも、せんせい…ジュミラが切ないです…




口、きいてくれるのか。嬉しいよレイア。
どう、いたしまして。
―がアルレイに見えて仕方なかったなんかきゅんときた!
でもこのやりとりって、アルヴィンがレイアを撃ったからのやりとりであって、ほんとはそんなにやっとするシーンじゃないんだろうけど、撃った撃たれたの部分を知らない私からしたらただのアルレイ。


今更だけど、これらのイベントって決戦前夜イベントだったみたい?
途中でふっと気づいた。
なんだかちょっと決戦前夜にしてはあっさりしてた感があって普通のイベントかと思ってしまいました。

そして、メニューを開くといきなり背景が緑色になっていた。
いままではピンク色だったのに。
ジュード編だとたぶん水色ですよね。
決戦前夜イベント終わるとその二つが合わさったという意味で緑色になるのか。
何事かと思った。



*次元の裂けた丘

世精ノ途に飛び込むときにアルヴィンとエリーゼが一緒にって…
アルヴィンがエリーゼ呼んでぎゅっでとうっって…
え、え、え、やっぱりアルエリ推しなの?
ちょっとこれは…反応せざるを得ない。
アルエリの波がじわじわくるかもしれません。


よっし、ここからはサブイベたくさんこなしていきますよ!



・源霊匣誕生

エレンピオス人にも霊力野(ゲート)はあるが、黒匣を使うようになり使用されなくなったため機能しなくなった。
しかし、たまに霊力野の発達した人間もいるらしい。大道芸人や宗教の教祖とか。
まあ、使われないものは退化して当然ですよね。

今のリーゼ・マクシア人は、その昔の二千年前にマクスウェルが連れていったという霊力野の発達した人間たちの子孫というわけか。
じゃあ、断界殻を施した後に人間が生まれたわけではなく、人間を連れて移動したあとに断界殻を施したわけですね。
よし、一つ謎が解けた。



・レイアの失敗? 続き

レイアの言葉からして、アグリアはどこからか落ちて亡くなった?
ジュード編やってないからわからないよおおおおおおおお!!



・暗躍する影たち 続き

え、エデさんアルヴィンのこと知ってるの?
ていうかこのサブイベ、もしかしてミラがいないときのジュード編のアルヴィンといろいろあった頃に発生可能なものだったりする?
ジュードとレイアがそんな感じなんですけど…

アルヴィンと同棲していたミンクという女性。
メガネをかけてて、美人で、本を片時も離さない…ああ、プレザさんか。


ニ・アケリアでプレザさんがアルヴィンに宛てた手紙を受け取りました。
が、その後のイベントで言ってたもろもろを理解できない…
ジュード編だろ。またこれジュード編やらないとわかんないんだろ。



・ミュゼの襲撃

ミラが死んでいる間にニ・アケリアがミュゼに襲われた。
ジュード編だとこのあたりもやるんだろうか?
殺されたのは断界殻の口伝を知っている者。
おとぎ話のような内容でも、断界殻のことを知るものは殺すのか…



・世界の形 続き

精霊術の使用量と近辺の霊勢変化には明らかな因果関係ある。
精霊術を大規模に使用すると霊勢の偏りが強まる。
イル・ファンの夜域の拡大も、精霊術の使用による影響らしい。
断界殻の中にあるリーゼ・マクシアも、エレンピオスのようになってしまう可能性も否定できない。



・医療ジンテクス

レイアが小さいときに大怪我をした原因は、ジュード父の部屋にしまってあった黒匣を勝手にいじったから。
それで黒匣が暴発して大怪我したってことか。
ミラ編の本編で怪我のことは話していたのに、その詳細が明かされるのはサブイベントなんだ…へえ…

ジュード父、ディラックは二十年前にリーゼ・マクシアにやってきたエレンピオス人…て、本人に言われる前からわかってましたけどね。
そうでないと、アルヴィンとのつながりが説明できない。
だけど、リーゼ・マクシアで生きると決めたってことは、アルクノアからは離れて過ごしてたってことですよね。

エリンさんはリーゼ・マクシア人だから、ジュードはエレンピオスとリーゼ・マクシアのハーフ。
エレンピオス人の子どもであるジュードの霊力野がまともに機能しているのは片親がリーゼ・マクシア人だからというわけだ。

ミラが使っていたジンテクスは、エレンピオスで見た医療用ジンテクスの改造版で、精霊を消費しない代わりにマナを消費する。
だから使いこなすのが困難で、たぶんエレンピオスのものよりも痛みはひどいんじゃないかと…
ミラの感じていたであろう痛みは子どもや高齢者に耐えられそうな痛みじゃなかった気がする。



・母と子 続き

レティシャさんは記憶が混乱したまま、いつも来てくれるのがアルヴィンだと気づかないまま逝ってしまったのか…悲しいな…
ところで、え、毒?
イスラさんがレティシャさんの食事に少しずつ毒薬を混ぜてた?
しかも、ときどき正気に戻ることがあって手紙にそれが書かれてたって、それも初耳だよ!

あれ、そういえば、アルヴィンが手紙を書いてた相手って、レティシャさんだってことでいいんだよね。
ミラたちといるときにシルフモドキから受け取ってた手紙の一部は正気に戻ったときのレティシャさんからの手紙だったってことですよね。


イスラさんは自由になりたくて、少しずつ食事に毒薬を混ぜていた。
レティシャさんはそれに気づいていながらも口にしていた。
本来は治る病気だったのかそうでないのかはわからないけど、毒薬を身体に入れていたら治るものも治らないよな…。

そして、苦しまずに逝った。
自由になりたいと願っていたイスラさんは橋から落ちて正気を失った。
因果応報、自業自得とはいえ、悲しい結末ですね…



・記憶の底にあるもの

エリーゼの故郷は、モン高原の洞窟を抜けた先。
こんなところにひっそりと暮らしてたのか。
住む人がいなくなって十年以上も経てば、家はなくなっていても不思議ではない。



・王、ガイアス

カーラさんはガイアスの妹か!
ガイアスの本名はアースト・アウトウェイ。
発売前にジュードに似てるから家族か親戚かと思ってたけれど、的外れすぎました。
血縁関係なんてこれっぽっちもなかった。



あとは、魔装獣6体倒したり、ゴーレムぼっこぼこにしたり、漆黒の羽を459枚集めて漆黒の翼イベントを見たり。

クリア前にできるサブイベは、あとは宝珠集めるやつだけか。
これは…謎の宝珠の在り処を一つ一つ見てまだ見つけていないところのものを入手する必要がある。
=とてもめんどくさい。

どうせクリア後でもできるんだから先にラスボス倒しに行こう。
そうだ!ラスボスをぼこってこよう!


ってことで、今回はここまで。
次回でミラ編のプレイ日記は終わりですね。
関連記事

テーマ : テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia・TOX) - ジャンル : ゲーム

02:35  |  TOXプレイ日記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。