05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ プレイ感想①

2011.10.25 (Tue)

え、攻略対象が小学生?いやいや私ショタコンじゃありませんからー。
とか思って華麗にスルーしたはずなのに、密林さんでレビューを読んで評価が高そうなのを知ってずっと気になっていて、でもPS2だしなあと思って手を伸ばさずにいたらPSP版が出ると知って予約までして買いました。

しかも何を思ったか限定版です。
これで自分に合わなかったら後悔するのになぜ限定版買ったんだ、と今更思いました。
予約時はさほど気にならなかったようです。
せっかくだし限定版でいってしまえー!なノリだったのかも。

乙女ゲーはPSPでプレイしたい派なので、この移植はこっそり楽しみにしてました。
発売時期が微妙で、届いてすぐは開封だけして放置してたんですけど、ようやくプレイ開始です。
できれば半月くらいで終わらせたい。
うたプリSSの翔ちゃん以外をうたプリMusicまでに終わらせたいから。
半月が無理ならMusicの発売までには終わらせたいです。


ではでは、以下よりプレイ感想です。
ネタバレありです。PSP版です。

今回の攻略キャラは、加納理一郎。

More・・・

無愛想で、素直じゃなくて、不器用で、似たもの同士な撫子とは口ゲンカばかりのりったんでしたが、素直じゃないからこそぐっとくるポイントもあったりなんかしました。
あと、二人にしかわからない幼少時のこととか、お互いにしかわからない微妙な変化とか、幼なじみっていいですね!
かわいい!にやにやする!


子どものりったんはとにかく素直じゃない。
大人になると…素直になったとはいえないけど、子どものときに比べれば素直になったほう…か?

でも、無愛想でも素直じゃなくても、子どものときでも大人のときでも、りったんは撫子に優しいんですよね。
何があっても守る。ずっと隣にいる。
幼なじみおいしいです。



・未来残留ED

こっちのEDを見ないと、1年後に撫子が事故に遭う運命を決定づけているものがなんなのかわからないんですよね。
レインと同じ声だなー、あとでまた出てくるのかなーと思ってたあの外人さん?が撫子と接触したことが、事故の運命につながっていた、と。

接触を回避させて壊れた世界に戻ると、そこは壊れた世界ではなく元いた世界と同様の世界。
でも座標は間違っていない。
そうなると、外国人との接触を回避=撫子が事故に遭わない=世界は壊れない、という図式になるわけで。
逆に言えば、撫子が事故に遭ったことが原因で世界が壊れるような事態が起こったということになるわけだ。

それについては別のキャラのルートで明かされるんでしょう。
鷹斗あたりだろうか。
あと、世界が壊れないから神賀先生も未来からやってこないし時間が停滞する事象も起きないから、停滞を解除する必要もなかったんだろうけど、解除方法がわかったってりったん言ってましたよね。
この解除方法について明かされるとしたら、終夜のルートかな。


撫子が元いた時空の過去を改変し、事故に遭わない未来ができたとして、すでに世界が壊れてしまった時空が影響を受けることはないはず。
けど、特例として、過去改変により近似値の時空が一斉に再構築されることがあるらしい。
だから壊れた世界は再構築されて壊れなかった世界になった。

どんな些細なことでも、そのことが原因となって大きな出来事が起きる場合は、その些細な事実を変化させると近似値の時空にも影響が出て再構築されると、そういうわけだ。
たぶん小さな出来事なら再構築されることはないんだろう。


あれ?過去を改変しても時空がもうひとつ増えて改変された際の未来ができるだけで、過去を改変する前の世界で起きてしまったことは変化しないってことは、時間の停滞はどうなった?
世界の再構築により解除されたのか?
そもそも時間が停滞した世界の撫子の身体ってどうなるの?
抜け殻ってことになりますよね?
あーわからん。深く考えるとわからなくなる。
全キャラルートやってもわからなかったらそっとしておくことにします。


残留EDのりったんは大学生、撫子は身体は大人で中身は子ども。
見た目的なことを考えると問題ないけど、よくよく考えると犯罪くさい気がしてきてなんとも言えない気持ちになったりならなかったり。笑
いや、いいんですよ。別にいいんですよ。
撫子さん子どもなのに子どもらしくなかったから、壊れた世界にいたときから二人一緒にいても特に違和感なかったですし。
でもそうか、年齢差は10歳程度か…そのくらい問題ないか。
小学生だと思うから犯罪くさいと思ってしまうんだ。

深く考えずににやにやすることにします。
相手をしてくれなくて寂しい撫子がりったんにちょっかいをかけたら、遠慮しなくなったりったんにぎゅってされたりキスされたり。
幼なじみにやにや。にやにやするよー!



・帰還ED

先に残留EDを見たために、切なくて仕方なかったです…
ひとりぼっちな壊れた世界のりったんのことを想うと切なくて切なくて…
撫子と別れたあとに、一人で過去改変しに行ったのかなーとか、そのあと再構築された世界に戻ってひとりぼっちでどうしてるのかなーとか考えたらもうダメですね。

撫子も、時間とともに壊れた世界に関する出来事を忘れていったみたいに書かれてましたし。
ああもう切なーい!!
後日談で、中学に上がるか上がらないかの頃にりったんを哀しそうな目で見ることがあったと言っていたので、壊れた世界のりったんのことを考えているんだろうなと思ってさらに切なくなりました。


撫子が無事成長したってことは、おそらく壊れた世界のりったんがあの人物と撫子の接触を回避させて過去改変を行い、その近似値の時空であった元の世界も影響を受けて、事故に遭わない未来へ進めたということなんですね。
元の世界ではすでにあの人物と接触していたわけですから、事故に遭う運命は決定していたはずですし。

知らないところでりったんが頑張ったからこそ、あの最後のプロポーズに繋がるんだなー…。
切ないけど、仕方がない。
指輪を渡す流れににやにやしたのは事実だ!
二人とも幸せになれよー!!



・ボーナストラック

ショートノベルとアナザーエピローグは、なんかもう、甘かったですねえええええ。
本編の雨に打たれた後とか追われてるのにいちゃいちゃしてるのとか、ED2種とか、どれも甘かったんですけど、ボーナストラックのそれらのほうがさらに甘かった気がします。
気のせい?とてつもなくにやにやしたのは気のせいではないよ?
文章読んでる間、にやにやしっぱなしでした。

酔っ払って押し倒したのにはどうしようかと思いました。
え、にやにや的な意味で。
学生の頃のいろいろを吐き出してくれちゃって、押し倒してそこから先には進まなかったけれども、撫子へのいろんな想いやらなんやらを知れて顔のにやけが止まりませんでしたよ。
なんだこのにやにやエピローグはあああああああ!!



・ギャラリー

ごほうびのイラストは完成する前からホストっぽいなーと思ってたんですけど、ほんとにホストでしたね!
しかも喋ったああああああああ!
これは、他のキャラもホスト仕様になっているのだろうか。
いろんな意味で楽しみです。笑




思ったより語りすぎて自分でもびっくりです。
りったんルートで明かされた事柄についてもいろいろ考えてたら長くなってしまいました。
実際に書き出す前は、これの半分か、もしくはこれだけしか書くことないよーというくらいの短さになるかと思っていたのに。
実況形式じゃないと書きにくいとか思ってたのに。

不思議ですねー。
まあ、おかげでこの感想書くだけでかなりの時間がとられましたけど。
いろいろ吐き出せたから後悔はないです。満足。


他のキャラも何かしら感想は書きたいと思ってます。
本編の謎な部分についても触れたいですし。
キャラごとに小分けにいろんなことが明かされていくのであれば攻略キャラごとになにかしら書かないわけにはいかない。たぶん。
感想の長さには差が出るかもですけど。

次はトラを攻略予定です。鷹斗は一番最後で。
関連記事

テーマ : 乙女ゲー - ジャンル : ゲーム

21:29  |  乙女ゲー  |  Comment(2)

Comment

由乃様こんにちはヾ(=^▽^=)ノ
また来てしまいました!

うたプリの感想?では大いに笑わせていただきましたよ~\(^ρ^)/

私もダム様のすかーとめくーりあたりでだいぶ脳をヤられ、翔ちゃんのターンで頭パーンてなりましたw(゜▽゜)

セシ√がファンタジー枠なのは知ってましたが、思ってたよりハイレベルで若干のついてけてない感が否めなかったです(∩∇`)アババ


CLOCK ZEROは私も気になっていたのですが、同じく『おいらショタじゃないんだ』とスルーしてました(笑)

由乃様の記事読んだ感じだと、けっこうなSF臭がするんですが、話難しいですか?(゜゜;)

あぽな私にも分かる話だったら積むの検討しようかなと思います(´∀`)
キサラ |  2011.10.26(水) 19:13 | URL |  【編集】

>キサラさん
またまたいらっしゃいませ~♪

CZは…確かにSFっぽい部分はありますね。
ただ、キャラによってはそういった部分にあまり関わらなかったりもします。

話が難しいかどうかは、まだ全員終えたわけじゃないのでわかりませんが、おそらくすべてのキャラのルートをクリアすればストーリーの謎な部分は解消されるのではないかと思ってます。
一人二人クリアしたくらいじゃ理解できないけど、全員クリアすれば理解できるだろう、そんなゲームです。

ちなみに、主人公の撫子含め、ほとんどのキャラが小学生らしくないので、ショタでなくても楽しめると思いますよ。
後半に入れば、大人な彼らと接するようになるのでなおさら。
厳密にいえば違う世界の彼らなので同一人物というわけではありませんが。

乙女ゲーらしく甘いシーンもあり、切なくなったり、話が気になって止めどころを見失ったりする内容なので、気になったのなら検討してみるとよいですよ。
由乃(管理人) |  2011.10.31(月) 02:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。