04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テイルズ オブ エクシリア2 プレイ日記9

2013.06.11 (Tue)

今回の範囲は、Chapter12のウプサーラ湖から終わりまでと、アルヴィンとミラのキャラエピ4です。


本日すでに三つ目のプレイ日記ですよ。まだ二つくらい更新できそうですよ。
そのくらいメモがたまってるんですよー!!

以下よりネタバレありのプレイ日記です。

More・・・


*ウプサーラ湖

「正史世界には、あんな家なかったよな?」
でも、その家はエルの家だという…ことはつまり、エルは正史世界の人間じゃない?
ここにいるエルパパと話も通じてるみたいだしなあ…

「分史世界の、な」

ルドガーの名前を知っているエルパパ、もといヴィクトルさん。

「俺の負けだな」

あと十年もすればルドガーもこれくらいの料理を作れるようになる…?
うん?あれ?なんか…これは、もしかして…ヴィクトルさんて未来のルドガーだったりする?
そう思ってしまうと、ヴィクトルさんの声も近藤さんっぽいような気がしてきたんだけど。

「あなたは何を知っている?」

ここが分史世界だってことを知ってるのは、正史世界から来た誰かに聞いたのか?
エルがクルスニクの鍵だってことは随分前から知ってたから驚きはなし。



ビズリーを殺す邪魔をしたから、この世界のジュードたちを殺した。
エルを奪おうとしたからビズリーを殺そうとした。
で、確か、この世界の今のクランスピア社の社長ってビズリーさんじゃないっぽかったけど、ヴィクトルさんが殺したからいないってこと?
あと、じゃあ今の社長誰よっていう。

やっぱりこのヴィクトルさんの声は近藤さんだったか。
ほんとに未来のルドガーなんだ。ということは、エルはルドガーの未来の娘ということに。


兄と父を殺して手に入れた力…兄はユリウスさんですよね。
父ってまさか…ビズリー社長?それは考えすぎというものか?



ヴィクトル戦…まじしかばねになるかとおもた…
はじめの変身はこっちも即行ルドガーを変身させて耐えたけど、2度目の変身がタイミングが合わなくてというかもう一回変身するとか思ってなかったからルドガーの2度目の変身をヴィクトルさんの変身前に使ってしまったもんだから危うく全滅しかけたって…
おお、あぶねえあぶねえ…


クルスニク一族の力には代償があり、力を使いすぎると時歪の因子(タイムファクター)化する、らしい。
だからヴィクトルさんも時歪の因子化した。

そうなると、そもそも時歪の因子って何?って話になるんだけども。
これまでの認識としては、分史世界において正史世界とは最も異なるもので、それを破壊すると分史世界も崩壊するってこと。
一族の力の代償として時歪の因子が存在するなら、同じ世界には複数ある可能性が高いってことになるよな。


わからないことが一気に増えたぞー。
ビズリー社長がエルを奪おうとしたのはクルスニクの鍵だからという予想はつく。
ゲーム開始あたりのムービーってクランスピア社のエージェントがエルを奪おうとやってきてヴィクトルさんがそれを阻止しようとしてエルを逃がしたとかそういうことなんだきっと。

あとは、エルがどうやって正史世界にきたのか。
時歪の因子とは厳密にはどういうものなのか。
エルが時歪の因子化の兆候が現れているのはなぜなのか。
ルドガーの父は誰か。
エルの母も気になるけど話には関係ないかもだから出てこないかもしれない。



*ディール

エルが時歪の因子化しかけているのは、ルドガーがエルを媒介にして骸殻の力を使っていたためルドガーが受けるべき代償をエルが引き受けていたから、ということらしい。
クルスニクの鍵にはまだ謎な部分が多くてよくわからぬ。


ルドガーさんが宿屋の厨房を借りて何かを作っている。

ボーナスシーン ミラ

「俺は平気だ」

自分が消えるところを目の前で見た二人、か。
ルドガーとミラ様の共通点。


ついさっき目の前で父親を失ったばかりなのに、平静でいろってほうが無理な話ですよね。
仕方なかったとはいえ、大人でさえ容易ではないそんな現実を受け止めることを、幼い子どもにとってはどんな苦行か。

「つくりたいんだ。エルのために」


ボーナスシーン ジュード

「俺こそ悪かった。源霊匣が普及した世界を消してしまった」


エルは、弱いだけの子どもじゃなかった。
あの複雑な状況下から、たった数時間でルドガーと話せるまでに回復。
たぶん誰とも話さずに一人でいろいろ考えて心の整理を付けてたんだろうな。
ていうか今回一緒に行ったのはジュードとミラ様とローエンだけだから、話しかけそうな人はいないか。
いるとしたらジュードあたりだけど、一目見てそっとしておいたほうがよさそうだってわかって一人にしてあげてたかも。

父親と仲間が戦っている場面を見せられ、父親の本当の目的を知って、それはエルを巻き込むとんでもないもので、そんなエルを守ろうとしたためにルドガーが父親をこの世から消してしまった。
そんなことが一度に起こって、たった数時間で少しでも整理がつくなんて、エルは強い。
わめくだけなら誰でも簡単にできるんだよ。
でも苦しんで、答え出して、自分なりに片付けるなんてことは、時間がかかるし易々とできることじゃないんだよ。

このあたりのエルのことを考えれば考えるほど泣きそうになる…


「ごめん」




「……ああ、わかってるよ」

「お前が心配だからだよ」

エルはあの場面でヴィクトルさんがルドガーの未来だってことは理解してたのね。
娘であるエルにとってはとてもとても複雑な場面だったけども。


チャット:ルドガーとエル
ルドガーが兄さんのスープひっくり返して兄さんが火傷してそれを隠すために手袋をしているだって!?
まさか兄さんの手袋にそんな設定があったとは…


チャット:ミュゼの真実!?
ミュゼは基本的に全裸ってwwww
ミラも全裸なのか!ってそんなまさかジュードくんがぶっ倒れちゃうじゃないかww
ルドガーが骸殻の変身部分も裸なんだって言ったらお前の裸はどうでもいいって言われたー!!
ところで王として危険な領域ってなんですかガイアスさん…。笑


借金返したら、早く目的地に来いと言われた。

「わかった。すぐに行くよ」
とか言いつつやりたいことがあるからまたあとでね!



*イル・ファン

アルヴィン エピソード4 決別と決断

「ちょっと顔を見に来ただけ」


▽分史世界NO.F4235
(座標=深度154:偏差0.13 進入点:ニ・アケリア)

「時歪の因子だった」

ここは過去の分史世界?ニ・アケリア霊山でジュードたちと戦う?
アルヴィンとプレザとアグリアが?
……。
あー!ジュード編か!!私やってないからわからんかったよ!!


*ミラの社

ふわああ!分史世界のアルヴィンと正史世界のアルヴィンが!!会っちゃった!!
うわあ…つらい、つらいつらいつらい…アルヴィンがつらそう…
過去の自分を見て苦しそうな表情してるよつらい…私が泣きそう…


「アルヴィンに渡す」

「……うまくいくといいな」


はあ…やっぱりX2のアルヴィン好きだなあ…
今Xやり直したらXのアルヴィンも好きになるのかな?どうなんだろ…
Xプレイ当時はちょっと気になったこともあったけどさほど好きになることもなく。
シナリオ微妙だったからかな…X2はシナリオいいんだよね。
過去にいろいろあったけど今はなんとか真っ当に生きていこうとしてるとこが好きなのかなんなのか…



ミラ エピソード4 ミラ―裏切りの名

「……ぶっそうな話してるな」


▽分史世界NO.F422F
(座標=深度079:偏差0.73 進入点:イル・ファン)

なんか、この世界のアスカって、おネエ系…ですか?笑
ジュードくんがお気に入りのようで。

「とめなくていいのか?」

「うっとうしい奴だな!」
ほんとになww
こんなんでバトルになるとかこえええwww


マクスウェルは昔、ミラ・クルスニクという女に裏切られた?
ミラ?え、ミラ?

「ミラと同じ名前!?」

創世の賢者、クルスニク。って女の人だったのか。
勝手に男だと思い込んでた。たぶんWA4の影響が大きいんだよ兄さん…

「突拍子もない女って?」

賢者クルスニクの裏切りってなんだろう。
あと、ミラと名前が同じなのは、マクスウェルがミラを作る際にクルスニクに似せて作ったからなのかもしれない…アスカが「忘れられなかったんだろうねえ」みたいなこと言ってたし。


「意外と嫌いじゃないよ」



今回はここまでー!
はいはい続きに行きますよー!
関連記事

テーマ : テイルズ - ジャンル : ゲーム

20:42  |  TOX2プレイ日記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。