04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

テイルズ オブ エクシリア2 プレイ日記10

2013.06.11 (Tue)

今回の範囲は、Chapter13のはじめから終わりまでと、エリーゼとガイアスのキャラエピ3、ジュードのキャラエピ4、あとChapter14のはじめからエージェント訓練所に行く前まで。


前置きなんて…なかったんだ!!

以下よりネタバレありのプレイ日記でっす!

More・・・


*マクスバード

Chapter13 出現、そして…


道標を五芒星に並べる。と、カナンの地への道が開かれる、とか?

「五芒星は星の形のことだ」

道が開かれたというか、カナンの地そのものが出現したねえ…
まあ、ある意味道標か。揃えればカナンの地へ行けるわけだし。
願いを叶えてくれそうな所には見えない…見た目はとても不気味な感じがする。


「変身せずに戦う」
だって、変身するとエルの時歪の因子化が早まるじゃないか…


連戦のようなクロノス戦、なんとか勝てたけど、やっぱり回復に専念できるキャラがいないのは結構つらいものがあった…。
HPの回復っていうか状態異常の回復がね、してほしかったよねっていう。
まあでも苦戦というほどではなかった。なんとなかった。うん。



うええええ!?社長きた!!びっくりした!!
カナンの最後の道標は「最強の骸殻能力者」。ヴィクトルさんというか分史世界のルドガーというか。
この正史世界における最強の骸殻能力者って誰なの…社長?
称号リストのヴィクトルの説明分に最強の骸殻能力者に与えられる称号とか書いてあるんだけど…ということは最強ってヴィクトルさんを倒したルドガー?


「……どうでもいい?」
うちのルドガーさんはエルに怒鳴ったりなんかしません…あんまり。

「エルを追いかけないと!」
おっさんより幼女がいい!!!←
…のに追いかけさせてくれないんだね…。


エルを置いていくなんて!なんて…!!
でもだってそうしないと話が進まないんだよ!!



*トリグラフ

「悪い、気を遣わせて」


*ル・ロンド

エリーゼ エピソード3 届かない心

「どうしてル・ロンドに?」

アルクノアが首相を誘拐したのか…バイカール廃坑に助けに行けばいいんですね!
よしわかった!


*バイカール廃坑

「俺の仲間です」
エリーゼは子どもだけど頼れる仲間だあああああああああ!!!

へへへーい!着信だよー!ってティポの声がするなと思ったらマルシア首相なの!?
ルナはマルシア首相だったと…一体どうやって知り合ったんだ…
ああ、だからさっきエリーゼの名前に反応してたんだ…。
こんなところでローエンとエリーゼのキャラエピがつながるとは!


「いいのか、ローエン?」

まあ、やっぱりそうなりますよねっていう…

「エリーゼの気持ち、わかるよ」
気持ちはわかるけど、エリーゼの望み通りにいかないこともわかってた。
当事者たちの話し合いだけで済む問題ではないからね…。



*カン・バルク

ジュード エピソード4 セルシウスの願い

「もちろん協力するよ」


*ククル凍窟

「しょうがない、力ずくでおとなしくさせよう」
ここ時限選択肢だけど別に親密度関係ないみたい?

セルシウスはミラ様の火属性魔技とジュードとの共鳴術技で楽勝でした。
ジュミラ最強コンビですよねやっぱ!
まあ、セルシウスそんな強くないからあれなんですけどね…。

「マナが尽きるって?」

「でも、変わらないものもあるだろ」



*トリグラフ

ガイアス エピソード3 リーゼ・マクシア観光

イル・ファンはなあ、かつての敵国だしなあ、行きにくいよなあ、ガイアス王。
でもサマンガン樹界も一般人が簡単に行くようなとこでないような気が…


*サマンガン樹界

チャット:慕われるガイアス

「社会状況が知りたい」

一日30分の睡眠とかしんじゃうよ…
強靭な精神力でなんとか耐えてるってことなんですか王様…ひいい…


「ガイアス、なんだか印象が違うな」

アーさんwwアーさんwwとても違和感のある呼び名ですね…!
でもガイアスはうれしそうなのでいいのです。
カメラプレゼントしてもらったり一緒に写真とったり、仲間だって言ってもらえたり。
後ろ向いてたのは照れ隠しのためですかそうなんですかー!!


*マクスバード

「一緒に行くべきだったんじゃないか?」

リーゼ・マクシア兵士が殺害された現場にクラックがいた可能性はかなり高い。
なんで口をつぐんでるのかはわからないけど、次のエピソードで明かされるのかなー。



*クランスピア社

Chapter14 ルドガー、任務完了

「ジュードたちも来てくれるのか?」

ええええええええええええ!?ルドガーが副社長!?
いつそんな自体になったのかと思ったら本日付で辞令ですか…いつの間にか見逃してたのかと思ったら本人が知らない間にそんな辞令が…
でも、ルドガーって副社長って柄じゃないよね。


分史世界とカナンの地を巡る一連の事件は、クロノス、マクスウェル、オリジンが仕組んだゲーム。
二千年前、人が黒匣を制御できるかどうかをめぐって対立した三霊たちは、人間にその本質を問う試練を課した。
人間が欲望を制せるか否か。
まだ、マクスウェルが断界殻(シェル)作る前の話。

骸殻とは欲望制御のバロメーターとしてクロノスがクルスニク一族に与えた力だった。
時歪の因子が百万に達する前に大精霊オリジンの元にたどり着ければよし、失敗すれば精霊は人間を見限るという契約。

オリジンの元に最初にたどり着いた人間は願いを一つ叶えることができる。
これが人の欲望を増大させ、一族の争いが増し、時歪の因子と分史世界はネズミ算式に増えていった。

とかとか。なんとか。


え、みんないなくなってルドガーとルルだけになってしまったよ?
社内を散策しようって?それどころではないのだ…でもそうするのが正しいのか…

うえw副社長室なるものがあるじゃないですかww
しかも中にある宝箱にはルドガーの重役衣装と髪型がwww

エマージェンシーコード:34954628



リドウさんうさんくさいww
話し方から表情からいろいろうさんくさいww

「ビズリーは、エルをどうする気なんだ?」

クルスニクの鍵とは、審判を超えるために大精霊オリジンの力を与えられた切り札。
数代に一人しか生れず、一族間で争奪の対象となってきた。

「ビズリーの奥さんが、クルスニクの鍵だった!?」

正史世界のクルスニクの鍵はビズリーの奥さんだった。
昔、社長がクロノス戦に利用したせいで、死んだらしい…
それが原因で長男が実家を飛び出して別の家族ごっこをはじめた…とか…兄さんのこと?

時空を操るクロノスに対抗できるのはクルスニクの鍵の無の力だけ。
しかし、クロノスを倒すほど力を使えば鍵は間違いなく時歪の因子化する…。


「人間だけの世界を作る……?」
精霊を完全に道具として扱う世界なんて、ミラやジュードたちが許すはずがないよなあ。



「ああ、行こう!」

ミラと一対一での戦闘だけど、ミラが秘奥義発動したら勝手に骸殻化してその後の戦闘も勝手に秘奥義らしきもの使うしでプレイヤーが操作する意味とは…
ここただのイベントだけでよかったんじゃ…

ボーナスシーン ミラ
「それでもいい。もっと大事なものがあるんだ」


「地下から外に出られるはずだ」

「頼む、ジュード」
だってミラ様使いたいじゃない…ジュードくんがんばって!!



このままエージェント訓練所に行くけれど、プレイ日記の長さ的にここまでで。
続きはまた次回ー!すぐに更新しますけどねー!
関連記事

テーマ : テイルズ - ジャンル : ゲーム

22:51  |  TOX2プレイ日記  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。